『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行


終の住処 (新潮文庫)

妻はそれきり11年、口をきかなかった - 。

30を過ぎて結婚した男女の遠く隔たったままの歳月。ガルシア=マルケスを思わせる感覚で、日常の細部に宿る不可思議をあくまでもリアルに描きだす。過ぎ去った時間の侵しがたい盤石さ。その恵み。人生とは、流れてゆく時間そのものなのだ - 。小説にしかできない方法でこの世界をあるがままに肯定する、日本発の世界文学! 第141回芥川賞受賞作。(アマゾン内容紹介より)

随分と前に買ったまま読まずに(読めずに)いた本。8年が経っています。

皆が生きている現実の時間(または空間)と自分自身の「それ」との距離のことが書いてある - というのは、なんとなくわかる気がします。(共感や感動とは違うのですが)人というのは一筋縄ではいかないものだと。

30を過ぎて結婚することが、どこか「いけないこと」のように書いてあります。

(互いが)これと決めて結婚したわけではない結果、妻が時々不機嫌になる理由がわからない。(不機嫌ということではないのかもしれないが) 妻は突然、口をきかなくなります。

何がきっかけで妻がそうなってしまうのか。結局のところ、それは最後になってもわかりません。(夫である彼でさえそうなのですから、読者は尚のことわからない)

結婚してしばらくはまだよかったものの、ある日を境に、彼と彼の妻とは以後の11年間、ただのひと言も口をきかなくなります。

その長きに亘る間に、彼は幾人もの女性と浮気を重ねます。浮気のそもそもは彼が望んでするというよりも、むしろ彼と関わる女性の方からより積極的にもたらされます。

やがて妻は娘を産みます。彼は世間相応に娘を愛し、娘の存在にいたく癒されもします。家を建て、その後彼は単身で海外に赴任することになります。海外勤務を終え、彼が家に戻ると、娘は去年からアメリカへ行っており、「もうずっといないわよ」と妻が言います。

察するに、彼という人物は生来頭のデキがよく、何気に女にモテるくらいにカッコよくもあり、その上会社ではそれなりの立場にある、いわば理想を絵に描いたような男に思えます。

ところが、(はた目にはえらく順調で、妻とは別に何人もの女性と交際しておきながら)彼はそんな自分を幾分か卑下したように語ります。

何事もないようにして妻との結婚生活を続け、仕事は順調で、合間合間に浮気を繰り返し、って、

なに、これ?

真面目に読んではみたものの、よくよく考えれば、ただのインテリの自慢話ではないのかしら? そんな感じがしてきます。デキる男のわかったふうな話 - そんな話を読まされた気になります。

※これを書く前に慌てて芥川賞の選考委員会における各委員の選評を読んでみました。するとそこには村上龍のこんなコメントが載っています。何だかちょっとほっとしました。

感情移入できなかった。現代を知的に象徴しているかのように見えるが、作者の意図や計算が透けて見えて、わたしはいくつかの死語となった言葉を連想しただけだった。ペダンチック、ハイブロウといった、今となってはジョークとしか思えない死語である。

※ペダンチック - 衒学的な、学者ぶった、の意。むやみに難解な表現を用いたり、なまはんかな知識を振り回したりして、自分の学識をひけらかす態度をいう。
※ハイブロウ - 教養や学識のある人。知識人。また、知的で趣味がよく高級であるさま。

 

この本を読んでみてください係数  75/100


終の住処 (新潮文庫)

◆磯崎 憲一郎
1965年千葉県我孫子市生まれ。
早稲田大学商学部卒業。

作品 「肝心の子供」「眼と太陽」「世紀の発見」「電車道」など

関連記事

『伝説のエンドーくん』(まはら三桃)_書評という名の読書感想文

『伝説のエンドーくん』まはら 三桃 小学館文庫 2018年6月11日初版 伝説のエンドーくん

記事を読む

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行 妻は忘れない(新潮文庫)

記事を読む

『ことり』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ことり』小川 洋子 朝日文庫 2016年1月30日第一刷 ことり (朝日文庫) &nb

記事を読む

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な家 あなたは、この間取り

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6月25日初版 でえれえ、

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 ギブ・ミー・ア

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『プリズム』(貫井徳郎)_書評という名の読書感想文

『プリズム』貫井 徳郎 実業之日本社文庫 2022年8月9日初版第2

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑