『走れ! タカハシ』(村上龍)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/04/28 『走れ! タカハシ』(村上龍), 作家別(ま行), 書評(は行), 村上龍

『走れ! タカハシ』村上龍 講談社 1986年5月20日第一刷


走れ,タカハシ! (講談社文庫)

 

村上龍が好きである。

 

あとがきで本人も書いているのですが、村上龍には珍しく「普通の人々」が登場する短編小説です。

全てにプロ野球・広島カープの(往年の名選手)高橋慶彦選手が絡んで、誰かが必ず「走れ! タカハシ」と叫ぶか祈るかする、という話です。

あとがきの続きですが、本人は軽快な「スポーツ小説を書いたつもり」だと言うのですが、こちらは少々異論のあるところです。
そこは村上龍も承知していて、決して「書いた」とは断定していないわけです。ワタシ的には、スポーツ小説の「名を借りた」くらいが丁度良い案配だと思います。

総じて明るく元気で、何より分かりやすい。相変わらず下ネタは豊富ですが、これも淫靡と言うよりカラッと乾いて笑えます。
何度も言うようですが、村上龍が書く小説じゃないみたいな明快さです。

私が気に入った話をひとつだけ。
PART 10「あれはちょうど一年半くらい前のことだった」

中年のトラック運転手が失業してオカマになる話です。
男は所謂昔気質の仕事人間で、家庭を顧みることも妻を気遣うこともありません。
そのあげく妻には別居され、中学生の娘と二人で暮らすことになります。
妻が嘆く理由が今一ピンとこない男は娘にそのことを問うと、「おとうちゃん、ケンキョじゃないじゃん?」と言われてしまうのでした。
そんな矢先、勤めていた会社が倒産、男は失業者となります。

あれはちょうど一年半くらい前のことだった...社長と行った六本木のゲイ・バー。
そこにいたトマトちゃんに「あんたは、すごくいいオカマになると思うわ」と言われたことなど忘れていたのに、
トマトちゃんと再会したことがきっかけで、気付けば男はオカマになっていたのです。

嫌な客が店に来たのは、ある雨の夜でした。
あまり有名でない大学のラグビー部の部長だというその客は、「昔のオレみたい」に男を売りものにしているような奴でした。
トマトちゃんに嫌がらせをするのに我慢できず、奴に向かって「店を出ろ!」と叫んでしまい、挙句にボトルで頭を割られてしまいます。

入院して5日目に娘が見舞いに来ます。オカマになってゲイ・バーで働いていたことがすべてバレてしまうのですが、
娘はさほど驚いた様子もありません。呆れて母親の所へ行くかと思いきや、行く気はないと言い、今度一緒におかあちゃんを誘って野球を観に行こうと言うのでした。

野球の話はわざとらしさがなくもないですが、ちょっとホロッとする話で心地よく、まるで重松清さんみたい。

村上龍も今はもう60歳を過ぎたオジサンですが、この小説は随分と若かった頃に書かれた分、元気で溌剌とした勢いが感じられます。
読後感が良いので、多くの方にオススメです。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


走れ,タカハシ! (講談社文庫)

◆村上 龍

1952年長崎県佐世保市生まれ。本名は村上龍之助。父は美術教師、母は数学教師だった。

武蔵野美術大学造形学部中退。

作品 「限りなく透明に近いブルー」「コインロッカー・ベイビーズ」「愛と幻想のファシズム」「五分後の世界」「インザ・ミソスープ」「希望の国のエクソダス」「半島を出よ」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『不時着する流星たち』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『不時着する流星たち』小川 洋子 角川文庫 2019年6月25日初版 不時着する流星

記事を読む

『墓地を見おろす家』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『墓地を見おろす家』小池 真理子 角川ホラー文庫 2014年2月20日改訂38版 墓地を見おろ

記事を読む

『部長と池袋』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『部長と池袋』姫野 カオルコ 光文社文庫 2015年1月20日初版 部長と池袋 (光文社文庫)

記事を読む

『儚い羊たちの祝宴』(米澤穂信)_名手が放つ邪悪な五つの物語

『儚い羊たちの祝宴』米澤 穂信 新潮文庫 2019年6月5日12刷 儚い羊たちの祝宴 (新潮

記事を読む

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

『HEAVEN/萩原重化学工業連続殺人事件』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『HEAVEN/萩原重化学工業連続殺人事件』浦賀 和宏  幻冬舎文庫  2018年4月10日初版

記事を読む

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初版発行 葦の浮船 新装版

記事を読む

『母と死体を埋めに行く』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『母と死体を埋めに行く』大石 圭 角川ホラー文庫 2021年10月25日初版 母と死体を埋め

記事を読む

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版第1刷 新装版 人殺し

記事を読む

『空港にて』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『空港にて』村上 龍 文春文庫 2005年5月10日初版 空港にて (文春文庫) &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑