『お引っ越し』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『お引っ越し』(真梨幸子), 作家別(ま行), 書評(あ行), 真梨幸子

『お引っ越し』真梨 幸子 角川文庫 2017年11月25日初版

内見したマンションはおしゃれな街のおしゃれな造り、環境も間取りも条件も申し分ない。ここに決めてしまおうか? しかし白い壁に小さな穴を見つけたキヨコは、そこからじわじわと “イヤな感じ” が広がっていくのを感じるのだった・・・・・・・。片付かない荷物、届かない段ボール箱、ヤバい引っ越し業者、とんでもない隣人 - きっとアナタも身に覚えがある引っ越しにまつわる6つの恐怖。イヤミスの女王の筆が冴えるサイコミステリ! (角川文庫)

」「」「」「」「」、そして「」。以上6編。- と思いきや、この小説には6編よりも尚怖い「解説」が付いてあります。

- そうして、『お引っ越し』というタイトルのゲラを、僕は読むこととなった。全部で、六編。A嬢(K川書店の編集者)いわく、都市伝説の中でも、信憑性の高いものを集めたとのことだ。確かに、聞いたことがあるような話がいくつかあった。

たとえば、「箱」、そして「壁」。いや、待て。それだけじゃない。「扉」と「紐」に登場したマンションは、あの有名な「怨霊マンション」ではないか? 夜な夜な、歌が聞こえてくるという噂の。

そして「棚」に出てきた女は、二年前に逮捕された、連続不審死事件の犯人ではないか? 「机」に出てきたあの男もそうだ。去年、死刑が確定した、「連続人食い魔」のことに違いない。僕は、改めて、戦慄を覚えた。

解説者は「とんでもない仕事を引き受けてしまったという思いに駆られた」といい、それは「あることに気が付いてしまったからだ」といいます。そして、「この仕事は引き受けない方がいいとすら思った」と。

いいですか。よく聞いてください。

- 読者の中には、「解説」から先に読む方も多いと思われる。本来は邪道なことなのだが、この本に限っては、それは正しい行為かもしれない。

僕はここで今一度警告する。この本は「読んではいけない」。

本書を読む前に、「解説」を読んだ読者はまずは自身の幸運に感謝するべきだ。そして、今すぐに本を閉じて、この本から遠く離れることをお勧めする。

解説者自らが「読んではいけない」類いの本だといい、「今、ここで本を閉じられるのが賢明だろう」といいます。

おや?

では、いったい「誰が」解説をしているのでしょう?

この本を読んでみてください係数 80/100

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「えんじ色心中」「殺人鬼フジコの衝動」「深く深く、砂に埋めて」「女ともだち」「あの女」「みんな邪魔」「人生相談」他多数

関連記事

『インビジブル』(坂上泉)_書評という名の読書感想文

『インビジブル』坂上 泉 文春文庫 2023年7月10日第1刷 第23回大藪春彦賞

記事を読む

『いけない』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『いけない』道尾 秀介 文春文庫 2022年8月10日第1刷 ★ラスト1ページです

記事を読む

『赤目四十八瀧心中未遂』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『赤目四十八瀧心中未遂』車谷 長吉 文芸春秋 1998年1月10日第一刷 時々この人の本を読

記事を読む

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』(中山七里)_シリーズ最高傑作を見逃すな!

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山 七里 講談社文庫 2019年11月14日第1刷 報

記事を読む

『監獄に生きる君たちへ』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『監獄に生きる君たちへ』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年6月5日7刷

記事を読む

『宇喜多の捨て嫁』(木下昌輝)_書評という名の読書感想文

『宇喜多の捨て嫁』木下 昌輝 文春文庫 2017年4月10日第一刷 第一話  表題作より 「碁

記事を読む

『あの日のあなた』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『あの日のあなた』遠田 潤子 角川事務所 2017年5月18日第一刷 交通事故で唯一の肉親である父

記事を読む

『AX アックス』(伊坂幸太郎)_恐妻家の父に殺し屋は似合わない

『AX アックス』伊坂 幸太郎 角川文庫 2020年2月20日初版 最強の殺し屋は

記事を読む

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷 『蟻の棲み家』(新潮

記事を読む

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『丸の内魔法少女ミラクリーナ』村田 沙耶香 角川文庫 2023年2月25日初版発行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑