『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷


月の満ち欠け

生きているうちに読むことができて本当によかった。そう思える一冊です。そして、できれば、あなたにとってもそうでありますように。

第157回直木賞受賞作品。

自分が命を落とすようなことがあったら、もういちど生まれ変わる。月のように。いちど欠けた月が、もういちど満ちるように - そして、あなたの前に現われる。

あたしは、月のように死んで、生まれ変わる - 目の前にいる、この七歳の少女が、いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! 新たな代表作の誕生は、円熟の境に達した畢竟の書き下ろし。さまよえる魂の物語は戦慄と落涙、衝撃のラストヘ。(岩波書店)

東京駅21番線ホーム。初老の男性・小山内堅(おさない・つよし)が新幹線を降り立ったのは午前11時前。彼は駅前にある東京ステーションホテル2Fのカフェへ向かおうと急ぐ。

そこにいるは、30代の女性とその女性を母に持つ7歳の娘。母は女優で、娘はるりという。

この時、るりと小山内とは初対面。ところが、少女は年齢に似つかわしくない大人びた口調で、初対面であるはずの小山内のコーヒーの好みを言い当ててしまう。そして彼女は、にわかには信じがたい話を語り始めたのだった・・・・・・・

物語はこんなふうにして始まってゆきます。

小山内堅は青森県八戸市の生まれ。成人し就職の後、彼は同じ八戸高校出身の二学年後輩にあたる藤宮梢と結婚します。娘が生まれ、瑠璃と名付けられます。

瑠璃が7歳の時、高熱を出したことがあります。それを境に瑠璃の様子が一変します。妻の梢によると、回復した以後の瑠璃は時折大人びた表情を見せ、知るはずのない黛ジュンの歌を歌い、見たこともないデュポンのライターを見分けたのだといいます。

聞くと確かにおかしなことではありますが、そのとき小山内はさほど気にしません。それよりも気懸かりだったのは妻・梢の精神状態の方でした。

そののち、瑠璃は家出をします。瑠璃には会いたい人がいるらしい。しかしまだ幼い少女ゆえ目的は果たせず、父である小山内はそれを問い質そうとはしません。高校を卒業するまで我慢しろ言われ、瑠璃はその約束を守り、その後彼女は家出しなくなります。

11年後。約束の年、高校の卒業式を終えた娘は不幸な交通事故に見舞われた。車を運転していたのは妻の梢で、ふたりとも即死だった。

それから小山内は独りになって考え始めた。

彼が、妻・梢の高校時代の友人で今は女優の緑坂ゆいとその娘・るりと出会うのは、妻と娘を失ってから15年後のことです。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


月の満ち欠け

◆佐藤 正午
1955年長崎県生まれ。
北海道大学文学部中退。

作品 「永遠の1/2」「Y」「リボルバー」「個人教授」「アンダーリポート/ブルー」「彼女について知ることのすべて」「身の上話」「ジャンプ」「鳩の撃退法」他多数

関連記事

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 春の庭 (文春文庫) 東京・世田

記事を読む

『KAMINARI』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『KAMINARI』最東 対地 光文社文庫 2020年8月20日初版 KAMINARI (光

記事を読む

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(庄司薫)_書評という名の読書感想文

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司 薫 中公文庫 1995年11月18日初版 赤頭巾ちゃん気をつけ

記事を読む

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『この世の全部を敵に回して』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この世の全部を敵に回して』白石 一文 小学館文庫 2012年4月11日初版 この世の全部を敵

記事を読む

『ここは私たちのいない場所』(白石一文)_あいつが死んで5時間後の世界

『ここは私たちのいない場所』白石 一文 新潮文庫 2019年9月1日発行 ここは私たちのいな

記事を読む

『霧/ウラル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『霧/ウラル』桜木 紫乃 小学館文庫 2018年11月11日初版 霧 (小学館文庫) 北海道

記事を読む

『鳥の会議』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『鳥の会議』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 鳥の会議 (河出文庫 や) ぼく

記事を読む

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30日第1刷 タイガー理髪店

記事を読む

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1日発行 ただしくないひと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑