『惑いの森』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『惑いの森』中村 文則 文春文庫 2018年1月10日第一刷


惑いの森 (文春文庫)

毎夜、午前一時にバーに現われる男。投函されなかった手紙をたったひとり受け留め続ける郵便局員。植物になって生き直したいと願う青年 - 狂おしいほどに愛を求めながら、満たされず生きてきた彼らの人生に、ふいに奇跡が訪れる。抗えないはずの運命に光が射すその一瞬を捉えた、著者史上もっともやさしい作品集。(文春文庫)

この本は、アマゾン上にあるWeb文芸誌 『マトグロッソ』 でのショートストーリー連載 (全二十八話) に、新たに書き下ろした二十二話を加えて、全五十話としたものです。(以下略)」(五十話目「Nのあとがき」より)

12 雨
チャイムが鳴ってドアを開けると、知らない男がいた。
「・・・・・・・廃品、回収です」 男は帽子を被り、顔がよく見えない。袖口が酷く汚れている。
「・・・・・・・頼んでませんけど」
「違うんです」 男は、ばつが悪そうに下を向く。

「本当は、わたしはひとのいらないものを、こうやって受け取りにくる。・・・・・・・でも、あなたの捨てたものが、限界を超えたので。・・・・・・・もうこれ以上は無理だと。どれかひとつでも、逆ということになりますが・・・・・・・、あなたが捨てたものを、引き取ってもらおうと

「たとえば、あなたの家族を」「父親でも母親でも夫でも。・・・・・・・もしくは、あなたの思い出でも」 男はしゃべり続ける。鼓動が微かに乱れる。まだ人生が、私を動揺させるものとしてあることに、私は気づく。

「知らない男に呼ばれ、泥酔した母親を雨の中迎えに行った、あなたの赤い長靴を。クラスメイト達に破られた、白いお弁当の袋を。あなたを見ようとしなかった教師達の笑みを」

「健気に男の帰りを待っていた夜を。昼も夜も働いた日々を。幸福になった友人達を。自分なら男を変えられると思っていた自信を。取り乱した夜を。窓ガラスを割った自分に、驚いて座り込んだ床の冷たさを。通院の日々、その市営バスの窓から見た、寂れた町の眺めを。人生に期待する感情を

といったふうに綴られてゆきます。(これ、比較的わかりやすい話の一つ)

折に触れ、胸に謎のバッジをつけた人物が登場します。中に、「教祖」 などという言葉が出てきます。それらは何を意味しているのでしょう? 誰を想像して書いてあるのでしょうか?

中村文則の小説を読み慣れた人には、何とはなしにイメージできます。この本が初めてだという人は、(余計なお世話ですが)無理して読むことはありません。どうせ読んでも、わからないと思いますから。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


惑いの森 (文春文庫)

◆中村 文則
1977年愛知県東海市生まれ。
福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。

作品 「銃」「遮光」「悪意の手記」「迷宮」「土の中の子供」「王国」「掏摸〈スリ〉」「何もかも憂鬱な夜に」「A」「最後の命」「悪と仮面のルール」「教団X」他多数

関連記事

『ゴースト』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『ゴースト』中島 京子 朝日文庫 2020年11月30日第1刷 ゴースト (朝日文庫)

記事を読む

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷 メガネと放蕩娘 (文春

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 村上春樹は、むず

記事を読む

『ふる』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふる』西 加奈子 河出文庫 2015年11月20日初版 ふる (河出文庫)  

記事を読む

『笑え、シャイロック』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『笑え、シャイロック』中山 七里 角川文庫 2020年10月25日初版 笑え、シャイロック

記事を読む

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 義弟 (集英社文

記事を読む

『円卓』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『円卓』西 加奈子 文春文庫 2013年10月10日第一刷 円卓 (文春文庫) &nbs

記事を読む

『あおい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『あおい』西 加奈子 小学館文庫 2007年6月11日初版 あおい (小学館文庫) &n

記事を読む

『負け逃げ』(こざわたまこ)_書評という名の読書感想文

『負け逃げ』こざわ たまこ 新潮文庫 2018年4月1日発行 負け逃げ (新潮文庫) 第

記事を読む

『身の上話』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『身の上話』佐藤 正午 光文社文庫 2011年11月10日初版 身の上話 (光文社文庫) あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑