『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷


グラニテ (集英社文庫)

“女” になるあなたが許せない。カフェの経営者・市ノ瀬万里は42歳。10年前に夫を亡くし、17歳の一人娘・唯香と暮らしている。年下の新進映画監督の凌駕とは密かに恋愛関係にあった。一方で、凌駕の新作に主演女優として起用された唯香も次第に彼に惹かれていく。女として美しくなる娘に嫉妬する万里。いつまでも女であろうとする母に苛立つ唯香。一人の男を巡る母親と娘の三角関係の終幕とは・・・・・・・? (集英社文庫)

美貌の母と、美貌の娘。母からすれば、娘が私の恋人に恋をした、という話である。

夫と死別し、万里はここ10年来「独身」で、数軒のカフェを経営している。現在、彼女には一回り以上年下の恋人がいる。五十嵐凌駕は新進気鋭の映画監督で、今は名が売れもてはやされてはいるが、万里の前では変わらない、気取りのない、陽気な男性である。

クレセント交響楽団の常任指揮者である葛城怜司は、万里の亡き夫・悠太郎の高校時代からの友人で、妻の寿々子と共に、万里と唯香の母娘とは今も変わらず家族ぐるみの付き合いがある。母娘にとり二人はかけがえのない存在で、特に怜司は、母娘にとって他にない相談相手でもある。

ところが - 。

凌駕が、自分の作る映画の主役に、唯香を起用したいと言い出した。唯香はそれを強く望んだせいで、万里の心は乱れに乱れてしまう。

怜司が京都で演奏会を開くという。その時万里も京都へ行く仕事があり、二人は空いた時間を利用し、嵐山へ行く。怜司がボートに乗ろうと言い、それに従ったまではよかったものの、知らぬ間にそれが雑誌の「記事」になる。興味本位に書かれたそれは、思わぬ事態の引き金となる。

唯香にとって万里は母であり、「女」ではない。女としては、見られない。
怜司にとって万里は女であり、友がいた頃からそうで、それは今も変わらない。
怜司の妻、寿々子はどうだろう? 彼女の本心はどこにあるのだろう。

そして、凌駕は - 彼は万里を捨て、唯香を選ぶのか。
唯香は - 母を捨て、彼女は凌駕の心を奪い取るのだろうか・・・・・・・

グラニテとは、フランス料理のコースにおいて供されるシャーベット状の氷菓のこと。本来、コースの中で肉料理とローストの間の口直しを目的として供されるが、コースの最後にデザートとして供されるものを指していうこともある。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


グラニテ (集英社文庫)

◆永井 するみ
1961年東京生まれ。
東京芸術大学音楽学部中退、北海道大学農学部卒業。2010年9月3日、死去。

作品 「マリーゴールド」「隣人」「枯れ蔵」「ミレニアム」「ダブル」「義弟」他

関連記事

『仮面病棟』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『仮面病棟』知念 実希人 実業之日本社文庫 2014年12月15日初版 仮面病棟 (実業之日本

記事を読む

『ヒポクラテスの誓い』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの誓い』中山 七里 祥伝社文庫 2016年6月20日初版第一刷 ヒポクラテスの誓

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 カエルの楽園 (新潮文庫) 平

記事を読む

『個人教授』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『個人教授』佐藤 正午 角川文庫 2014年3月25日初版 個人教授 (角川文庫) 桜の花が

記事を読む

『影裏』(沼田真佑)_書評という名の読書感想文

『影裏』沼田 真佑 文藝春秋 2017年7月30日第一刷 影裏 第157回芥川賞受賞 北緯3

記事を読む

『惑いの森』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『惑いの森』中村 文則 文春文庫 2018年1月10日第一刷 惑いの森 (文春文庫) 毎夜、

記事を読む

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 銀河鉄道の父 第158回直木賞

記事を読む

『これからお祈りにいきます』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『これからお祈りにいきます』津村 記久子 角川文庫 2017年1月25日初版 これからお祈りに

記事を読む

『百瀬、こっちを向いて。』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『百瀬、こっちを向いて。』中田 永一 祥伝社文庫 2010年9月5日初版 百瀬、こっちを向いて

記事を読む

『彼女は存在しない』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『彼女は存在しない』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2003年10月10日初版 彼女は存在しない (幻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年1

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一

『地下街の雨』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『地下街の雨』宮部 みゆき 集英社文庫 2018年6月6日第55刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑