『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 『溺レる』(川上弘美), 作家別(か行), 川上弘美, 書評(あ行)

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷


溺レる (文春文庫)

 

読んだ感想がうまく言葉にできないので、ちょっとズルをしてプロの仕業を借りてしまいます。10年も前に買った単行本の帯に掲載されたコメントです。

「週刊宝石」亀和田武氏
「カフカが性をテーマに小説を書いたら、こんなふうになるのだろうか。しかも透明な気配が満ち満ちている。セックスと清らかな透明さ。なんという不思議な共存だろう。」
「ダ・ヴィンチ」清水良典氏
距離を決して埋められないのに、いわば心根を尽くして寄り添い抜く恋の姿、その切なさの諸相がここには描かれている。決して甘くない。むしろ噛みしだくほどに苦みの増す恋の滋味だ。」

どうです? タイトルもそうなら、コメントからも官能的な匂いがプンプンしますよね。でも、どうやらそれが単なるエロスを昇華させて、さらりと書かれているらしい。そして、淡々とした描写のなかにも、しっかりと男女を繋ぐ機微が表現されているというわけです。

繰り返しますが、私はうまく感想が言えません。ただ、川上弘美という作家が、これぞ作家だと言える作家であることだけは分かります。あんな文章は、誰もが書ける文章ではありません。あんな感覚は、たとえ感じていたとしても凡人には表現する術がないのです。

女性の皮膚感覚、ですか。私は男ですから確かなことは言えませんが、多分世の女性が読むとおそろしく共感を呼ぶのでしょう。体温をもった躰の感覚が、言葉を駆使して表現されています。その駆使されている言葉が平易で滑らかな分、より感覚が際立ちます。

この本には8つの掌編が収められていますが、私は冒頭の「さやさや」がとても好きです。
メザキさんとサクラちゃんの微妙な距離が切なく、堪らないのです。

メザキさんは、きっとサクラちゃんとはかなり歳の離れた大人の男性です。結構インテリですが、それを鼻にかけるようなことはありません。むしろ、現在の自分を否定的にみているようでもあります。
メザキさんにとって、サクラちゃんは何をおいても守りたい今一番大切な人です。しかし、その気持ちをストレートに表現するには二人の立場は違い過ぎて、シャイなメザキさんは自分の気持ちを押し留めて、なるべくさり気ない風を装っています。

お酒を飲んだ勢いで何とかサクラちゃんとキスをするメザキさんですが、サクラちゃんの方は案外冷静です。もちろん好きでなければ夜遅くまでメザキさんと付き合うことなどないのですが、だからと言ってすべてを許しているかというとそこは微妙なところです。

夜明け近く雨になると、サクラちゃんはオシッコがしたくて我慢できなくなります。
夜の闇と草の茂みに隠れているとはいえ、男性のすぐ傍でオシッコをするのはとても勇気がいることです。お尻を出してしゃがんでいる自分がここにいるのが、妙な気分でした。
サクラちゃんは、雨と一緒に葉を濡らすオシッコのさやさやという音を聞いています。

昂ぶる恋情を互いに抱きながらも、二人の関係は一線を越える手前で立ち往生しています。しかしその際どい関係こそ、性愛を越えた極の切なさを生む関係でもあるのです。

これ、私の妄想と一部願望です。小説の内容とは必ずしも一致しませんので、あしからず。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


溺レる (文春文庫)

◆川上 弘美

1958年東京都生まれ。本名は山田弘美。

お茶の水女子大学理学部卒業。高校の生物科教員などを経て作家デビュー。俳人でもある。

作品 「蛇を踏む」「」「センセイの鞄」「真鶴」「風花」「これでよろしくて?」「パスタマシーンの幽霊」「どこから行っても遠い町」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『永遠の1/2 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『永遠の1/2 』佐藤 正午 小学館文庫 2016年10月11日初版 永遠の1/2 (小学館文

記事を読む

『魂萌え! 』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『魂萌え! 』桐野 夏生 毎日新聞社 2005年4月25日発行 魂萌え ! 夫婦ふたりで平穏

記事を読む

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行 女たちの避難所 (新潮文庫)

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 哀原 (1977年) 原っぱ

記事を読む

『砂に埋もれる犬』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『砂に埋もれる犬』桐野 夏生 朝日新聞出版 2021年10月30日第1刷 砂に埋もれる犬

記事を読む

『ウエストウイング』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ウエストウイング』津村 記久子 朝日文庫 2017年8月30日第一刷 ウエストウイング (朝

記事を読む

『すみなれたからだで』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『すみなれたからだで』窪 美澄 河出文庫 2020年7月20日初版 すみなれたからだで (河

記事を読む

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(江國香織)_書評という名の読書感想文

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國 香織 集英社 2002年3月10日第一刷 泳ぐの

記事を読む

『1ミリの後悔もない、はずがない』(一木けい)_書評という名の読書感想文

『1ミリの後悔もない、はずがない』一木 けい 新潮文庫 2020年6月1日発行 1ミリの後悔

記事を読む

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 煙霞 (文春文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑