『ラメルノエリキサ』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『ラメルノエリキサ』渡辺 優 集英社文庫 2018年2月25日第一刷


ラメルノエリキサ (集英社文庫)

「お前絶対ぶっ殺すからな! 」 女子高生・小峰りなは、夜道で背中を切られながらも、逃げる人影に叫んだ。退院後、りなは犯人を探すが、糸口は「ラメルノエリキサ」という犯人が残した謎の言葉のみ。そんな中、新たな通り魔事件が起こる。二つの事件を結ぶのはりなの元カレで!? 完璧な母親に苛立ち、犯人への復讐に異常なまでの執念を燃やす少女が疾走する青春小説。第28回小説すばる新人賞受賞作。(集英社文庫)

やられたら絶対やり返す。なんて不謹慎な小説! 」- 帯にあるこんな台詞に誘われて読んでみようと。

小説すばる新人賞の選考会では、(選考委員の) 宮部みゆきが 「私はこの作品と心中します」 とまで言ったそうな。それを受け、(解説では) 池上冬樹氏が 「それほど読む者を夢中にさせる面白さがある」 と述べています。

が、しかし。それはまあ置くとして。

気になるのは、ラメルノエリキサ(!?)ということば - これはいったい何のことだろうと。

何物かを表す一続きの単語? それともどこかで区切って読むのかしら? 例えば、ラメルノ・エリキサとか、ラ・メルノエ・リキサとか、ラメルノエ・リキサであるとか・・・・・・・

凶行に及んだまさにその時、りなに向かって犯人は、

ラメルノエリキサのためなんです、すみません」- という言葉を残します。

※この小説が評価されたのは、ひとえに、主人公である「小峰りな」という女子高生にあります。常識を無視した倫理観。彼女は、やられたらやり返さずにはいられません。あらゆる角度で被ったダメージの量を分析、それ相応に「復讐する」のを善しとしています。

- の割には暗くも陰湿でもなく、いやに正々堂々としています。自分の性格をそうだと言って憚らず、それでいていまどきの女子高生らしくもあります。彼女の言動が、他になくハードボイルドなのがいいということなのですが・・・・・・・

私にはピンときませんでした。みなさんは、どうなのでしょう。

 

この本を読んでみてください係数  75/100


ラメルノエリキサ (集英社文庫)

◆渡辺 優
1987年宮城県仙台市生まれ。宮城学院女子大学国際文化学科卒業。

作品 2015年 「ラメルノエリキサ」 で第28回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。他に「自由なサメと人間たちの夢」「地下にうごめく星」

関連記事

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『老後の資金がありません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『老後の資金がありません』垣谷 美雨 中公文庫 2018年3月25日初版 老後の資金がありませ

記事を読む

『路傍』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『路傍』東山 彰良 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 路傍 (集英社文庫) &nb

記事を読む

『レキシントンの幽霊』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『レキシントンの幽霊』(沈黙)村上 春樹 文春文庫 1999年10月10日第1刷 レキシントンの幽

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 冷蔵庫を抱きしめて (新潮

記事を読む

『輪 RINKAI 廻』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『輪 RINKAI 廻』明野 照葉 文春文庫 2003年11月10日第1刷 輪(RINKAI

記事を読む

『自由なサメと人間たちの夢』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『自由なサメと人間たちの夢』渡辺 優 集英社文庫 2019年1月25日第一刷 自由なサメと人

記事を読む

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」角田 光代 講談社文庫 2010年6月15日第一刷

記事を読む

『おらおらでひとりいぐも』(若竹千佐子)_書評という名の読書感想文

『おらおらでひとりいぐも』若竹 千佐子 河出書房新社 2017年11月30日初版 おらおらでひ

記事を読む

『るんびにの子供』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『るんびにの子供』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 るんびにの子供

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑