『また、同じ夢を見ていた』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『また、同じ夢を見ていた』住野 よる 双葉文庫 2018年7月15日第一刷

きっと誰にでも 「やり直したい」 ことがある。学校に友達がいない  “私”  が出会ったのは手首に傷がある  “南さん”  とても格好いい  “アバズレさん”  一人暮らしの  “おばあちゃん”  そして、尻尾の短い  “彼女”  だった - 。彼女たちの  “幸せ”  は、どこにあるのか。”今”  がうまくいかない全ての人たちに贈る物語。(「BOOK」 データベースより)

しっあわっせはー、 あーるいーてこーない、 だーかーらあるいーていくんだねー

彼女が黙り込んでいると、一番をきちんと歌いきったアバズレさんは突然、こんなことを言い出しました。

「幸せとは何か」
「考えたんだ。お嬢ちゃんの話を聞いてから、ずっと」
「今日、その答えが分かった」

「これは私の答えだ。だから、お嬢ちゃんの考えとは違うと思う。だけど、もしかしたら、何かのヒントになるかもしれないから、お嬢ちゃんに話しとこうと思うんだ」

「幸せとは、誰かのことを真剣に考えられるということだ」

「今日、買い物をしてた。明日の朝ご飯を買ったり、飲み物を買ったり、切れていたシャンプーを買ったり。それは、毎日続く日常で、特別でもなんでもない出来事だ。パンを買って、牛乳を買って、リンスを買って、もう買い忘れたものはないかな、そう思った時に、そういえば今日、お嬢ちゃんは来るかな、来た時のためにおやつを買っておこう、この前は何を一緒に食べたっけ、今度は何を一緒に食べよう、お嬢ちゃんが来て、喜んでくれればいいな。気がついたら、私はお嬢ちゃんのことをずっと考えてた」

「気がついて、驚いた。もう、ずっと、誰かのことを真剣に考えたことなんてなかった。諦めてたんだなぁ、私は。ずっと、なかったから分かった。人は、誰かのことを真剣に考えると、こんなにも心が満たされるんだって」

「私はね、お嬢ちゃん。嫌なことも、苦しいことも、諦めてしまう大人になっちゃったんだ。前は誤魔化してしまったけど、私は、幸せじゃなかった。幸せの形がどんななのかも、もう忘れちゃってたからだ。だけどね、私は、今日やっと思い出した。幸せの形を」

彼女が “アバズレさん” と呼び、アパートに足繁く通う正体不明の人物は、彼女のことを “お嬢ちゃん” と呼びます。そう言えば、彼女が出会う  “南さん”  や  “おばあちゃん”  も彼女のことは  “お嬢ちゃん”  と呼びます。

“お嬢ちゃん”  は、小柳奈ノ花といいます。

“アバズレさん” も “南さん” も “おばあちゃん” も、実は、そのおませな女の子が  “奈ノ花”  だというのを知っていながら知らないふりをしています。知っているのに隠したままで、 “お嬢ちゃん”  と呼んでいます。

物語の後半、ある時、初めて彼女は (三人に) 自分の名前を呼ばれ、とても驚いてしまいます。奈ノ花は出会って今まで、自分の名前を名乗ったことがありません。なのに  “奈ノ花”  と呼ばれ、なぜ自分の名前を知っているのだろうと不思議に感じます。

また、同じ夢を見ていた - のは誰なのでしょう?

まだ小学生の奈ノ花にはうかがい知れないことですが、”アバズレさん”  にも  “南さん”  にも  “おばあちゃん”  にも、それぞれの人生において 「やり直したい」 と思うことが山ほどあります。

しかし、多くは語られません。奈ノ花と同様、読み手である我々もそれは薄々想像するほかありません。なぜなら、それが伝えようとすることの一番ではないからです。それは生きている限り当然誰もが経験する、それぞれの、逃れられない 「試練」 だからです。

この物語が言わんとするのは、後悔し切れないような過去の出来事から目を背けずに、そこから逃れようとせず、今ある「幸せ」を確かに掴み取ることこそが大事なんだということ。三人に出会い、奈ノ花はそれを学び取ってゆきます。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆住野 よる
1990年生まれの28歳(らしい)。大阪府在住。男性。

作品 「青くて痛くて脆い」「よるのばけもの」「か「」く「」し「」ご「」と「」「君の膵臓をたべたい」など

関連記事

『月蝕楽園』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『月蝕楽園』朱川 湊人 双葉文庫 2017年8月9日第一刷 癌で入院している会社の後輩。上司から容

記事を読む

『翼』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『翼』白石 一文 鉄筆文庫 2014年7月31日初版 親友の恋人である、ほとんど初対面の男から結婚

記事を読む

『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷 舞台は大阪。三十半ばで便利屋のア

記事を読む

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行 何でもやってくれ。子供時代を

記事を読む

『 Y 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『 Y 』佐藤 正午 角川春樹事務所 2001年5月18日第一刷 [プロローグ] 1980年、9

記事を読む

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 あの町と、この町、あの時

記事を読む

『芽むしり仔撃ち』(大江健三郎)_書評という名の読書感想文

『芽むしり仔撃ち』大江 健三郎 新潮文庫 2022年11月15日52刷 ノーベル文

記事を読む

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷 実家の書店に

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 『火口のふたり』

記事を読む

『海よりもまだ深く』(是枝裕和/佐野晶)_書評という名の読書感想文

『海よりもまだ深く』是枝裕和/佐野晶 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 15年前に文学賞を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑