『消滅世界』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『消滅世界』村田 沙耶香 河出文庫 2018年7月20日初版


消滅世界 (河出文庫)

世界大戦をきっかけに、人工授精が飛躍的に発達した、もう一つの日本(パラレルワールド)。人は皆、人工授精で子供を産むようになり、生殖と快楽が分離した世界では、夫婦間のセックスは 〈近親相姦〉 とタブー視され、恋や快楽の対象は、恋人やキャラになる。
そんな世界で父と母の 〈交尾〉 で生まれた主人公・雨音。彼女は朔と結婚し、母親とは違う、セックスのない清潔で無菌な家族をつくったはずだった。だがあることをきっかけに、朔とともに、千葉にある実験都市・楽園(エデン) に移住する。そこでは男性も人工子宮によって妊娠ができる、〈家族〉 によらない新たな繁殖システムが試みられていた・・・・・・・日本の未来を予言する衝撃の著者最高傑作。(アマゾン内容紹介からの抜粋)

セックスなんて昔の交尾の名残  よくできるわね、あんな汚いこと・・・・・・・

その時代にあっては、むしろ否定する側の人間が異端視される -  恋愛の観念は著しく異なったものになり、セックスは嫌悪され、かつてそれはどんな方法で為されたのか - 、もはやそれさえも忘れ去られようとしています。

「かつての時代」 の象徴が雨音の母で、幼い頃、終始雨音は母からこんな話を聞かされます。

「お父さんとお母さんはね、とっても好き合ってたの。恋に落ちて結婚して、愛し合ったから雨音が生まれたのよ」
「雨音ちゃんも、いつか好きな人と愛し合って、結婚して、子供を産むのよ。お父さんとお母さんみたいに。そして、愛する二人で、大切に子供を育てるの。わかった? 」

雨音が大人しく話を聞いていると、母はとても機嫌がよかった - その頃の雨音にとって母の言葉は絶対で、母の与える 「正しい世界」- 彼女はそれを全身で吸収しながら育ちます。

- ところが、

自分がちょっと変わった方法で受精された子供だと知ったのは、小学校四年生の性教育の授業のときだ。明日が性教育だという日、母は茶色く変色した古い本を私に見せ、挿絵を指差しながら私がどのように父との間にできたかを説明した。その話はどこか薄気味悪かったが、私は大人しく聞いていた。勉強だと母が言ったからだ。

しかし翌日の性教育の授業では、昨日とはまったく違うことを教えられた。人工授精のしくみと、それによって子供が生まれる生命の神秘についてのDVDを延々と見せられたのだ。(P16)

ここらあたりが物語の発端。雨音の心は揺さぶられ、時に母の言葉を思い出し、やがて大きな変化を遂げます。

雨音が二度目の結婚をした後のことです。母と交わした会話の果てに、彼女が行き着いた結論はというと -

映画の中のような古いドレスに身を包んだ人が、結婚して家族と交尾をしていても、それほどの嫌悪感はない。昔はそれしか方法がなかったのだし、今とは時代が違うのだから、古い人類の資料を見ているような、冷静な気持ちになれる。けれど、それを現代になって未だに私の肉体に押しつけようとする母のことはおぞましくて吐き気がする。あなたが信じている 「正しい」 世界だって、この世界へのグラデーションの 「途中」 だったんだと叫びたくなる。

私たちはいつだって途中なのだ。どの世界に自分が洗脳されていようと、その洗脳で誰かを裁く権利などない。(P154.155)

しかしながら、雨音は、母の与える 「正しい世界」 のことを忘れたわけではありません。潔癖すぎる 「性欲」 を持ちながら、時に、直にセックスを 「したい」 と思うことがあります。「自分が産んだ子供」 を、「自らが」 育てたいと思います。そんな思いを持ちながら、結果 -

もう駄目だ、と私は思った。
私も夫も、この世界を食べすぎてしまった。
そして、この世界の正常な 「ヒト」 になってしまった。
正常ほど不気味な発狂はない。だって、狂っているのに、こんなにも正しいのだから。

実験都市に移り住んだ物語の終盤、彼女はどんな変化を遂げるのか。抗いようのないその変化の在りように、もしもあなたなら、どう対処するのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


消滅世界 (河出文庫)

◆村田 沙耶香
1979年千葉県印西市生まれ。
玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。

作品 「授乳」「ギンイロノウタ」「ハコブネ」「殺人出産」「しろいろの街の、その骨の体温の」「コンビニ人間」他多数

関連記事

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』西村 賢太 文春文庫 2020年12月10日第1刷

記事を読む

『セイジ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『セイジ』 辻内 智貴  筑摩書房 2002年2月20日初版 @1,400  

記事を読む

『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎)_書評という名の読書感想文

『死ぬほど読書』丹羽 宇一郎 幻冬舎新書 2017年7月30日第一刷 死ぬほど読書 (幻冬舎新

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 さようなら、オレン

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『姑の遺品整理は、迷惑です』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『姑の遺品整理は、迷惑です』垣谷 美雨 双葉文庫 2022年4月17日第1刷 重くて

記事を読む

『坂の途中の家』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『坂の途中の家』角田 光代 朝日文庫 2018年12月30日第一刷 坂の途中の家 (朝日文庫

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 佐渡の三人 (講談社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』李 龍徳 河出書房 2022年3月

『JK』(松岡圭祐)_書評という名の読書感想文

『JK』松岡 圭祐 角川文庫 2022年5月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑