『闘う君の唄を』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『闘う君の唄を』中山 七里 朝日文庫 2018年8月30日第一刷


闘う君の唄を (朝日文庫)

新任の教諭として、埼玉県秩父郡の神室幼稚園に赴任した喜多嶋凛。三歳児クラスを担任することになり理想に燃えていたが、彼女の前に立ちはだかったのは 〈保護者会〉 という名のモンスターペアレンツたちだった。保護者たちの理不尽な要求に呆れる凛。けれど園長は、凛が驚くほどあっさりと保護者の言いなりになる。そこにはこの幼稚園の 〈保護者会には逆らえない理由〉 があったのだ・・・・・・・。(物語の導入部/解説より)

“中島みゆきの楽曲からインスパイアされたミステリは、前半と後半で印象が大きく異なるグリコアーモンドキャラメル。最大の謎は、前半に。” - という、@sakura honno64さんの言う通り。

知らない方のために(というか、書きたいだけなのですが)、タイトルや章毎に付けられたフレーズが出て来る 『ファイト! 』 の歌詞の一部を紹介しましょう。

あたし中卒やからね 仕事を もらわれへんのやと書いた
女の子の手紙の 文字はとがりながら震えている

ガキのくせにと 頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる
悔しさを握りしめすぎた 拳の中 爪が突き刺さる

私、本当は 目撃したんです 昨日電車の駅 階段で
転がり落ちた子供と つきとばした女の うすわらい

私、驚いてしまって 助けもせず 叫びもしなかった
ただ怖くて 逃げました 私の敵は私です

ファイト!   闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!   冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
勝つか負けるか それはわからない それでもとにかく 闘いの
出場通知を抱きしめて あいつは海になりました ファイト!  ・・・・・・・

 

第一章 闘いの出場通知を抱きしめて
第二章 こぶしの中 爪が突き刺さる
第三章 勝つか負けるか それはわからない
第四章 私の敵は私です
第五章 冷たい水の中をふるえながらのぼってゆけ

第三章までのほぼ99%がフリ。田舎の幼稚園に赴任して来た若き女性の新米教諭が、並み居るモンスターペアレンツをものともせず、物議を醸すも厭わず、一心に園児と向き合い、同僚はもとより強く反発する保護者会の面々からも一目置かれるようになる -

ここだけ読むとまさに中島みゆきの楽曲 『ファイト! 』  の通り、未熟な自分でありながら、何も出来ない自分でありながら、もがいて、もがき苦しんで、ようやく (教育者としての) 一歩が踏み出せた、みたいな、かつての 「青春学園ドラマ」 の女版のような、およそ中山七里らしくない (つまりはミステリーとは思えないような) 話が続きます。

いつしか私はこれが中山七里が書いたミステリーとは思わずに読んでいました。できれば、お決まりの 〈どんでん返し〉 も起こらずに、”気持ちいいまま” 終わってほしいとすら思っていました。

ところが、第四章で、その願いは儚くも叶わなくなります。ここでは書かずにおきますが、あなたは二度、驚くことになります。そして、この唄に秘められた思いが、殊更に、大きく深いものであるのを知ることになります。

※この曲を聴いたことがない方は、ユーチューブで簡単に聴くことができます。たくさんのミュージシャンがカバーしていますが、私のおススメは竹原ピストル。圧倒的な熱量で歌う彼の 『ファイト! 』 を、ぜひ一度聴いてみてください。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


闘う君の唄を (朝日文庫)

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「贖罪の奏鳴曲」「追憶の夜想曲」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「ヒポクラテスの誓い」「連続殺人鬼カエル男」他多数

関連記事

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』大石 圭 光文社文庫 2019年2月20日初版 奴隷商人

記事を読む

『土の中の子供』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『土の中の子供』 中村 文則 新潮社 2005年7月30日発行 土の中の子供 (新潮文庫)

記事を読む

『翼がなくても』(中山七里)_ミステリーの先にある感動をあなたに

『翼がなくても』中山 七里 双葉文庫 2019年12月15日第1刷 翼がなくても (双葉文庫

記事を読む

『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎)_書評という名の読書感想文

『死ぬほど読書』丹羽 宇一郎 幻冬舎新書 2017年7月30日第一刷 死ぬほど読書 (幻冬舎新

記事を読む

『妻籠め』(佐藤洋二郎)_書評という名の読書感想文

『妻籠め』佐藤 洋二郎 小学館文庫 2018年10月10日初版 妻籠め (小学館文庫) 父を

記事を読む

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行 毒母ですが、なにか (

記事を読む

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『護られなかった者たちへ』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『護られなかった者たちへ』中山 七里 宝島社文庫 2021年8月4日第1刷 護られなかった者

記事を読む

『遮光』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『遮光』中村 文則 新潮文庫 2011年1月1日発行 遮光 (新潮文庫)  

記事を読む

『月と雷』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『月と雷』角田 光代 中央公論新社 2012年7月10日初版 月と雷 (中公文庫) &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑