『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷


拳に聞け! (双葉文庫)

舞台は大阪。三十半ばで便利屋のアルバイトをしている池上省吾は、高島優香という女性と知り合い、弱小ボクシングジム「新田ジム」を借家から立ち退かせることになる。優香はそこに、定食屋を開きたいというのだ。しかし「新田ジム」では、ジム会長・新田貞次郎の息子の勇気が、プロボクサーになろうとしていた。新田家とかかわるうちに、ジムに協力するようになる省吾。相撲取りのような迫原勉や、ヤンキーの立山輝義もジムに加わった。さらに、なぜか優香までが新田家で暮らし始め、ジムは賑やかになっていく。(小説推理2015年10月号掲載のブックレビューより抜粋)

さびれた商店街にあるのが、この物語の舞台となる「新田ジム」。会長の新田貞次郎は46歳。彼には美枝子という妻がおり、勇気という一人息子がいます。今年18歳になる勇気はジム唯一の練習生。父・貞次郎の希望の星でもありました。彼は世界チャンピオンを目指しています。

「新田ジム」は借家で、そこを立ち退かせるために乗り込んだのが元お笑い芸人の省吾。彼は現在、同じ高校出身の後輩・額田満が社長の「便利屋」でアルバイトをしています。コンビを解消し、半ば夢を諦めた状態の省吾は、その頃、拠り所なく日々を送っています。

高島優香は、省吾に「新田ジム」の立ち退きを依頼したにも関わらず、あろうことかジムに住み着いて、やがて貞次郎の妻・美枝子が勤める惣菜屋で一緒に働くようになります。時に謎めいた行動をするものの、次第次第に、優香は新田家にとり家族のような存在になっていきます。

他に、行きかがり上ジムの練習生になった「ベン」こと迫原勉や立山輝義がいます。迫原は重度の肥満、立山は見かけ倒しの典型的なヤンキーで、とてもプロにはなれません。

※ちなみに、彼らにも立派な(!?)リングネームがあります。迫原は「ピコレット勉」、輝義が「リバーサイド立山」。優香と省吾と共に、二人がわざわざ京都の由緒ある神社に出向き、宮司が二人に付けた名前がこれ)

「新田ジム」の向かいにある練りもの屋の親父、通称「ネリケン」と呼ばれる人物や、勇気が着るガウンの刺繍職人、山崎のおじいちゃんも面白い。ただ単に端役として登場するのではなく、物語にきっちりと花を添えます。

さて、肝心要の人物はというと、省吾とは別に、やはり貞次郎の息子・勇気ということになります。勇気はつぶれかけたボクシングジムの会長の息子にして、貞次郎にとり唯一の希望の星です。訳あってボクシングをはじめたのは遅かったものの、彼には父譲りの素質があり、センスがあります。

※父・貞次郎は、元日本バンタム級一位のプロボクサー。「イーグル新田」のリングネームでデビューし、東洋太平洋のベルトを賭けた一戦をドローでタイトル奪取に失敗し引退。プロ通算三十戦二十三勝五敗二分けの戦績を残しています。

勇気は真面目で素直な好青年ではありますが、(いざボクシングとなると)それが仇となります。如何にも優し過ぎるのでした。猛々しいほどの迫力がありません。堅実な試合運びではあるものの、如何にも地味で、(見る者を魅了する) 華がありません。

案の定、プロテストを経てデビュー後何戦かは勝利を収めるのですが、事は匆々うまくはいきません。やがて、勇気は大きな壁にぶつかります。

※笑いあり、ペーソスあり、人生ありの人情劇 - まとめると、そういう話なのだろうと。とにかく一度読んでみてください。(もちろんそうではない方もですが)特に、関西の方にとっては、為になります。交わされる会話の随所に学ぶべき「ボケとつっこみ」が書いてあります。

たとえば  大手ボクシングジムの会長(かなり強面のエラそうなオッサン)との「ボーリング対決」のあとに、ちょっとマズい空気になる場面。そこへ、当事者ではない便利屋の社長、額田満がいきなり割り込んできてする会話がこれです。

「一つ提案があるんですけどね」
この場で最もボクシングから遠い人間が、渦中にしゃしゃり出てきた。額田満だ。
「あんた誰やねん? 」
「ビル・ゲイツの遠縁のもんです」
「えらい距離ありそうやな」

どうです? 関西では普通に怒ると面白くも何ともない。会長のオッサンの、とぼけた「返し」こそが傑作なのです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


拳に聞け! (双葉文庫)

◆塩田 武士
1979年兵庫県生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。

作品 「盤上のアルファ」「女神のタクト」「ともにがんばりましょう」「崩壊」「盤上に散る」「雪の香り」「氷の仮面」「罪の声」など

関連記事

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 月の満ち欠け 生きている

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 十字架 (講談社文庫) &

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 ホテルローヤル &nb

記事を読む

『グ、ア、ム』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『グ、ア、ム』本谷 有希子 新潮文庫 2011年7月1日発行 グ、ア、ム (新潮文庫)

記事を読む

『肩ごしの恋人』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『肩ごしの恋人』唯川 恵 集英社文庫 2004年10月25日第一刷 肩ごしの恋人 (集英社文庫

記事を読む

『カラヴィンカ』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『カラヴィンカ』遠田 潤子 角川文庫 2017年10月25日初版 カラヴィンカ (角川文庫)

記事を読む

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12月1日発行 この世にたや

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑