『金賢姫全告白 いま、女として』(金賢姫)_書評という名の読書感想文

『金賢姫全告白 いま、女として』金 賢姫 文芸春秋 1991年10月1日第一刷


いま、女として―金賢姫全告白〈上〉 (文春文庫)
いま、女として―金賢姫全告白〈下〉 (文春文庫)

 

この本を読んで、私は北朝鮮のことを初めて知りました。当時私は30歳の半ばに差しかかっていたのですが、日本の政治や経済、世界で今何が起こっているかなどということについては、これっぽっちも関心のない人間でした。誠にお恥ずかしい限りです。尤もらしく聞いたり話したりはしていたものの、それは単なる「ふり」で、実際はなにほどの興味も持てはしなかったのです。

そんなとき、大韓航空機爆破事件は起こったのです。

もう随分前のことになります。著者の金賢姫という女性が、日本人の”蜂谷真由美”になりすまし、大韓航空機の爆破を企てた北朝鮮の工作員だったということに気付いた人も少なくなったと思います。彼女は、祖国北朝鮮の対外情報調査部の指令のもと、ソウルで開催予定のオリンピックを阻止するために、韓国の飛行機を爆破する任務を背負った女工作員だったのです。

・・・・・・・・・・・・・

その頃私は、小さな旅行代理店の仕事をはじめてもう少しで1年という頃でした。季節は冬、2月の末頃に初めての海外添乗の機会が訪れます。行先は、ハワイ。他の系列店からもツアーも加わって、それなりに大きな団体になっていました。同行した別店舗の添乗員が経験豊富なベテランで、彼は私の教育係でもありました。

伊丹空港からの出発で、搭乗手続きを無事終え、機内で全員が座席に着いたのを確認し、最後尾の自分の座席へ座ると、既に私は疲労困憊の状態でした。ところが、隣に坐った先輩はさっさと仕事を済ませ涼しい顔で、鞄から一冊の本を取り出すではありませんか。

私はといえば、新婚旅行で海外へ行ってから10年余、人生二度目の海外にツァー客以上のテンションでまさに飛び立とうとする飛行機の窓から空港の流れる景色を食い入るように眺めていた、その隣の席でのことです。

日頃接している限り、その先輩はおよそ活字なんかに縁のある人じゃないと勝手に思っていた私も私なのですが、「何を読んでるんですか?」と尋ねた私に、彼が見せた本がこの本だったのです。- こういう仕事をしている以上、やっぱり読んどかんとね - なんでもないようにして、彼はそう言ったのでした。

ハワイから帰って、すぐに私はこの本を買いに行きました。きっかけはどうあれ、その後私は北朝鮮の現実、特に金正日という人物のことが知りたくて何冊もの本を手にすることになります。

 

◆この本を読んでみてください係数  80/100


いま、女として―金賢姫全告白〈上〉 (文春文庫)
いま、女として―金賢姫全告白〈下〉 (文春文庫)

 

◆金賢姫とは一体どういう人物か。それがこの本には書かれています。日本で生まれ育った私達には全く異質の、北朝鮮という国家の実態をまざまざと知ることになります。彼女の父親は元外交官で、本人は小さな頃から映画に出演するなどしていた上級家庭の子女です。容姿は端麗、頭脳明晰で日本語も堪能。そんな彼女が、ある日朝鮮労働党中央委員会調査部工作員として召喚され、「金玉華」という偽名まで与えられます。その後の彼女の人生は、本人の想像をはるかに越え、思いもしない運命へと突き進んでいくことになります。

関連記事

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 ざらざら (新潮文庫) &nb

記事を読む

『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷 木になった亜沙 誰か

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 八日目の蝉 (中公文庫)

記事を読む

『二人道成寺』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『二人道成寺』近藤 史恵 角川文庫 2018年1月25日初版 二人道成寺 (角川文庫)

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

『隠し事』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『隠し事』羽田 圭介 河出文庫 2016年2月20日初版 隠し事 (河出文庫) &nbs

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 火口のふたり (河出文庫)

記事を読む

『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷 キッドナッパーズ (文

記事を読む

『岸辺の旅』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『岸辺の旅』湯本 香樹実 文春文庫 2012年8月10日第一刷 岸辺の旅 (文春文庫)

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑