『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版


リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)

全国500万の 〈佐藤〉 姓を皆殺しにせよ! - 西暦3000年、国王はある日突然、7日間にわたる大量虐殺を決行した。生き残りを誓う大学生・佐藤翼の眼前で殺されていく父や友。陸上選手の翼は、幼い頃に生き別れた妹を探し出すため “死の競走路(トラック)” を疾走する。奇抜な発想とスピーディな展開が若い世代を熱狂させた大ベストセラーの 〈改訂版〉。(幻冬舎文庫)

山田悠介、20歳のデビュー作。2001年に文芸社から自費出版本として刊行され、発行部数100万部を超える話題作とあります。(wikipedia参照。尚、現在は200万部を超えているらしい) 漫画になり、(小学館ジュニア文庫から) イラスト付きの本で発売され、映画になり、連続ドラマにもなっているような。

若い世代、特に10代には絶大な人気があるようですが、(ごく一般的な読者の感想はというと) これが思いのほか手厳しいものがあります。というか、かなり辛辣なものが目立ちます。そして、そのほとんどが (原作に関する) 文章の稚拙さを指摘しています。

例えば -

「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」 「騒々しく騒いでいる」 「最後の大きな大会では見事全国大会に優勝」 「十四年間の間」 「いざ、着地してみるとそこは森の様な草むらに二人は降り立っていた」 等々、

中で有名な一文がこれです。

宮殿では朝食の時間を迎えており、メイド達が次々と豪華な料理を運び出していた。それは朝食とは思えないほどの豪華さで、一般市民がこの料理を見たらこれが本当に朝食か? と目を仰天させるに違いない。これだけで一般市民との差は歴然と離れており、王様が毎日どのようにして暮らしているかはこの朝食だけでも想像がついてしまう。なおも料理は運び込まれていく。王様の目の前に全てが金で作られているナイフやフォーク。そして、背もたれが必要以上に天井へと伸びている豪華なイス。全てが “豪華” これ以上の単語が見当たらない程、豪華であった。

さて。では、この文章のどこが変なのか。あたなはこれを読んで、どこかおかしなところがあると感じましたか? それとも、さして違和感もなく読むことができたのでしょうか。

この文章が、〈改訂版〉 では以下のように書き直されています。どんな理由がもとでそうなったのか、よーく考えてみてください。

宮殿は朝食の時間を迎えており、メイドたちが次々と豪華な料理を運び入れていた。王様の目の前に全ての料理が出揃った。そして、無言のままステーキにナイフを入れ、口に運ぶ瞬間、コックたちは生唾を飲み込んでいた。

最初の一口を食べ終わると王様はフムフムと頷いた。特に満足そうな表情ではないが、一応は合格なのだろう。コックたちは一様に安堵の表情を浮かべた。合格と分かった途端、コックたちは部屋から立ち去った。(P232.233)

こう書き替えられたのは、何が為だったのでしょう? 文法上の不都合や理屈ではなく、読んだ “感性” として、あなたもまた先の (原作の) 文章には “著しい落ち度” があると感じ、〈改訂版〉 ではそれが正しく表現されていると感じ取ったのでしょうか。

正直なところ、私にはよくわかりません。先の文章がそれほど “やばい” ものだとは思えないし、言われてみればなるほどそうですねといった程度で、ことさら大袈裟に言うほどのことではないように思え、さらに言うなら、わざと (敢えて) そう書いたんじゃないかと。

日頃あまり本など読まないであろう若者だからこそ、この小説に飛びついた。あまりに稚拙で、読み慣れた者からすると読むに堪えない代物である。- というのなら、あなたのその “感性” をこそ疑うべきで、歳を取り、”慣らされている” ことを思い知るべきである - と、そう思わせてくれる一冊です。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)

◆山田 悠介
1981年東京都生まれ。
平塚学園高等学校卒業。

作品 「天使が怪獣になる前に」「親指さがし」「ブレーキ」「名のないシシャ」「奥の奥の森の奥に、いる。」「貴族と奴隷」他多数

関連記事

『Aではない君と』(薬丸岳)_書評という名の読書感想文

『Aではない君と』薬丸 岳 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 Aではない君と (講談社文

記事を読む

『老後の資金がありません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『老後の資金がありません』垣谷 美雨 中公文庫 2018年3月25日初版 老後の資金がありませ

記事を読む

『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷 ボラード病 (文春文庫) B

記事を読む

『悪人』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『悪人』吉田 修一 朝日文庫 2018年7月30日第一刷 悪人 新装版 (朝日文庫)

記事を読む

『影踏み』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『影踏み』横山 秀夫 祥伝社 2003年11月20日初版 影踏み (祥伝社文庫) 三月二

記事を読む

『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『ルビンの壺が割れた』宿野 かほる 新潮社 2017年8月20日発行 ルビンの壺が割れた こ

記事を読む

『レキシントンの幽霊』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『レキシントンの幽霊』(沈黙)村上 春樹 文春文庫 1999年10月10日第一刷 レキシントン

記事を読む

『ロコモーション』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ロコモーション』朝倉 かすみ 光文社文庫 2012年1月20日第一刷 ロコモーション (光文

記事を読む

『ロゴスの市』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ロゴスの市』乙川 優三郎 徳間書店 2015年11月30日初版 ロゴスの市 (文芸書) 至

記事を読む

『李歐』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『李歐』高村 薫 講談社文庫 1999年2月15日第一刷 李歐 (講談社文庫) &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第一刷

『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』中山 七里 宝島社文庫 2019年4月

『肝、焼ける』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『肝、焼ける』朝倉 かすみ 講談社文庫 2009年5月15日第一刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑