『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/10/26 『愛がなんだ』(角田光代), 作家別(か行), 書評(あ行), 角田光代

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版


愛がなんだ (角川文庫)

「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ」- OLのテルコはマモちゃんに出会って恋に落ちた。彼から電話があれば仕事中でも携帯で長話、食事に誘われればさっさと退社。すべてがマモちゃん最優先で、会社もクビになる寸前。だが、彼はテルコのことが好きじゃないのだ。テルコの片思いは更にエスカレートしていき・・・・・・・。直木賞作家が濃密な筆致で綴る、〈全力疾走〉 片思い小説!   解説・島本理生 (角川文庫)

テルコほどではないにせよ、彼女と似た経験がある、彼女はまるであの頃の自分のようだ - そんなふうに感じる人が少なからずいるのではないかと。ある時突然、人は人を好きになる - 好きになるとは、大抵の場合そんなことでしょう。やみくもに溢れ出てくる説明しがたい感情に、時に、人は前後不覚になることがあります。

ところが - 往々にしてそれは 「独りよがり」 に過ぎません。

どれほど好きであったとしても、相手はそれに気付きもしません。好きとはっきり言わないテルコも悪いのですが、相手のマモちゃんは、まさか自分が好かれているとは思ってもいません。彼からすればテルコは都合のいい女友達ぐらいの感覚で、それ以上でも以下でもありません。

帰ってくれるかな?  遠慮がちに、けれどきっぱりと、マモちゃんは言った。ぞくぞくするような色っぽい鼻声のまま。どうもありがとう、めし買ってきてくれてたすかったよ、と、私を部屋から追い立てるようにしてマモちゃんは言った。熱のせいで頬を子どものように赤くして、不機嫌そうに。(P12)

いったい何が悪かったんだろう。どこで失敗したんだろう。と、テルコは考えます。

彼を不機嫌にしたさせた理由はなんだ? コンビニの鍋焼きうどんでいいと言われたのに、スーパーで買いものをして温サラダと味噌煮込みうどんをつくったことか。カビキラーまで買っていって風呂場を掃除したことか。プラスチックとティッシュがいっしょになったゴミ箱を検分し、燃えるものと燃えないものに仕分けしたことか。(後略)

行動ではなく、私の話したことかもしれない。私は今日、熱があるというマモちゃんに何を話したんだっけ。仕事の話、あまり仲のよくない同僚の女の子たちの話、それから、夢の話もしたような気がする。夢の話なんか退屈に決まっているのに、なんで話したりしたんだろう。呼び出されて調子に乗っていたのか。空車ランプを1台見過ごし、舌打ちをする。(P13)

他人からみれば、マモちゃんは典型的な 「自分系男子」 で、見た目はかっこよくも何ともありません。そしてそれをマモちゃんは、よく自覚もしています。

随分とあとになってのことですが、マモちゃんが自分が思う自分のことをかなり悲観的にテルコに告白する場面があります。それでも、彼が思う彼とは裏腹になおテルコが、何がよくて彼のことを一方的に好きでいるのか - その心情はというと、

なんて阿呆な男なんだろう。自分がかっこいいから私に好かれているとでも思っているのだろうか。顔が好みだの性格がやさしいだの何かに秀でているだの、もしくはもっとかんたんに気が合うでもいい。プラスの部分を好ましいと思いだれかを好きになったのならば、嫌いになるのなんかかんたんだ。プラスがひとつでもマイナスに転じればいいのだから。

そうじゃなく、マイナスであることそのものを、かっこよくないことを、自分勝手で子どもじみていて、かっこよくありたいと切望しそのようにふるまって、神経こまやかなふりをしてて、でも鈍感で無神経さ丸出しである、そういう全部を好きだと思ってしまったら、嫌いになるということなんて、たぶん永遠にない。(P150  「噛ませ犬、当て馬・・・・・・・言い方は忘れちゃったけれど、つまりそんなようなものである」 からの抜粋)

結局のところ、テルコの思いはマモちゃんには届かず仕舞いに終わります。

問題はそのあと。最終的に彼女は自分の片思いとどんな折り合いをつけるのか。テルコにとって最善の策に思われたそれを、あなたなら、どう受け止めるのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


愛がなんだ (角川文庫)

◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「空中庭園」「かなたの子」「対岸の彼女」「紙の月」「八日目の蝉」「笹の舟で海をわたる」「ドラママチ」「トリップ」「それもまたちいさな光」他多数

関連記事

『霧/ウラル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『霧/ウラル』桜木 紫乃 小学館文庫 2018年11月11日初版 霧 (小学館文庫) 北海道

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文

記事を読む

『じっと手を見る』(窪美澄)_自分の弱さ。人生の苦さ。

『じっと手を見る』窪 美澄 幻冬舎文庫 2020年4月10日初版 じっと手を見る (幻冬舎文

記事を読む

『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2015年2月25日初版 ちょ

記事を読む

『映画にまつわるXについて』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『映画にまつわるXについて』西川 美和 実業之日本社文庫 2015年8月15日初版 映画にまつ

記事を読む

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30日第1刷 タイガー理髪店

記事を読む

『命売ります』(三島由紀夫)_書評という名の読書感想文

『命売ります』三島 由紀夫 ちくま文庫 1998年2月24日第一刷 命売ります (ちくま文庫)

記事を読む

『俺はまだ本気出してないだけ』(丹沢まなぶ)_書評という名の読書感想文

『俺はまだ本気出してないだけ』丹沢 まなぶ 小学館文庫 2013年4月10日第一刷 小説 俺は

記事を読む

『アズミ・ハルコは行方不明』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『アズミ・ハルコは行方不明』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2015年10月20日初版 アズミ・ハル

記事を読む

『私の命はあなたの命より軽い』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『私の命はあなたの命より軽い』近藤 史恵 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 私の命はあな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑