『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』(姫野 カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』姫野 カオルコ 徳間文庫 2016年3月15日初刷


ジャズをかける店がどうも信用できないのだが……。 (徳間文庫)

ファンデーションは女性全員をブスにするのに、すっぴんに大騒ぎするのはおかしい。「おまえといても男といるみたいだって言われる」 とボヤく女性に 「そんなことないよ」 と励ますべからず。「小悪魔」 は若い女性では意味がない。ジャズを流す店に垣間見える誤魔化しの法則。- 毎日の暮らしの中にはびこる思い込みに 「待った」 をかける、目からウロコのエッセイ集。(徳間文庫/『すっぴんは事件か? 』改題)

今回は、ちょっと “箸休め” 。そんな感じで読んでください。以下は、本文の前にある文章の全文です。それを紹介しようと決めました。そうするに値する文章だと思うからです。

それってヘンでは? - はじめに

先日、縫い物をしながらラジオを聞いていたら、「二十代のころは外出するとき、週に三回はすっぴんでした。三十代では週に一回になり、五十代の今ではすっぴんの日はゼロです」 という投稿があった。

このあと何かオチがあるのだと思って、針をチクチクさせながら待っていたのに、何とこの投稿はこれで終わりで、司会の男性アナは大笑いしている。しばらくすると世界中のリスナーから、共感する、しない、両方の意見がメールやFAXで寄せられてきた。

また先日、新幹線の三列席にすわっていたら、会社の同僚らしい隣席の女性二人 (見たところ、二十代後半&四十代前半) が、「××さんは前はすっぴんだったのに、〇〇さんとつきあうようになってから化粧が濃くなった」 と話していた。東京から京都に着くまで、二人は 「すっぴん」 にまつわる社内の人間関係についてえんえんと考察していた。

この二例がたまたま最近の事だったのでここに挙げたが、喫茶店でも公園のベンチでも、TVや雑誌でも、「すっぴんと化粧」 を対決させた議論は頻繁におこなわれている (一見、対決していたり、議論しているようには見えず、軽い話題に見える)。「化粧くらいしろよ」 とか 「化粧しなくなったら女も終わり」 とかいう発言も、よく耳にする。

でも・・・・・・・。
ヘンなのである。
この話題が、いかに盛り上がろうが、いかに多岐にわたろうが、「あること」 は覆されないのである。

「あること」 は、大岩のようにびくともしないのである。
「あること」 が第一歩になってしまっていて、第一歩が真実なのかどうかについては、疑う人や検証してみる人がいないのである。

では、「あること」 とは? それは 「化粧していたほうがきれいだ」 という信仰。
活発な対決議論は、すべては、化粧していたほうがきれいだという 「前提」 のもとにおこなわれているのだ。

しかし、この前提は真実なのか?
「本当に化粧していたほうがきれいかなあ? 」 と、第一歩自体について考え、首をかしげる人が、きっと島根県と宮城県にはいるはずだ。

「すっぴんvs.化粧」 にかぎらない。
たとえば、おいしくてステキだとガイドブックに紹介されていた飲食店に行ってみたとする。店内にはジャズが流れている。「なぜ、ここの店はジャズをかけることにしたのだろう? 」 と考える人が、きっと神奈川県と大阪府にはいるはずだ。

「あの人、サバサバしてていいわね」 なんてよく言うけど、「サバサバしているってどういうこと? 」 と考える人だって、きっと岐阜県と北海道にいてくださる。怒っているのではなく、まちがっていると正すのでもなく、「首をかしげている人」 が、たとえ数は少なくとも、全国にきっといると思うのである。

「小悪魔」 ということばから、若い娘ではなく、カブ (魔法使いサリー) やベロ (妖怪人間) の顔を連想する人が、かつて滋賀県にはいて、こうして書いているのだから。

すっぴんや化粧や美容に首をかしげるのではない。
「そういうことになっている」 について首をかしげる、これはそんなエッセイ集です。

※それと最後の 「小学生の夢、ベニスに記す」。中身を全部すっ飛ばしても、ここだけは読んでみてください。著者が大人になって初めてベニスに行き、偶然にもオノ・ヨーコと出会ったときの事が書いてあります。どんな話かといいますと - 文庫の表紙をよーく見てください。ファンの方ならすぐに気付くはずです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ジャズをかける店がどうも信用できないのだが……。 (徳間文庫)

◆姫野 カオルコ
1958年滋賀県甲賀市生まれ。
青山学院大学文学部日本文学科卒業。

作品 「受難」「整形美女」「ツ、イ、ラ、ク」「ひと呼んでミツコ」「昭和の犬」「純喫茶」「部長と池袋」「彼女は頭が悪いから」他多数

関連記事

『シンドローム』(佐藤哲也)_書評という名の読書感想文

『シンドローム』佐藤 哲也 キノブックス文庫 2019年4月9日初版 シンドローム(キノブッ

記事を読む

『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行 白いしるし (新潮文庫) &

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『少年と犬』(馳星周)_書評という名の読書感想文

『少年と犬』馳 星周 文藝春秋 2020年7月25日第4刷 【第163回 直木賞受賞作】少年

記事を読む

『推定脅威』(未須本有生)_書評という名の読書感想文

『推定脅威』未須本 有生 文春文庫 2016年6月10日第一刷 推定脅威  

記事を読む

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版 死者のための音楽 (角

記事を読む

『カルマ真仙教事件(上)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(上)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 カルマ真仙教事件(

記事を読む

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_書評という名の読書感想文

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾形 真理子 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 死んでもいい (ハヤカワ文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑