『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版


アカガミ (河出文庫)

渋谷で出会った謎の女性に勧められ、ミツキは国が設立したお見合いシステム 「アカガミ」 に志願した。異性と話すことすらままならない彼女にとって、国の教えはすべてが異様なもの。パートナーに選ばれたサツキとの暮らしを通じて、次第に恋愛や性を知り、「新しい家族」 を得たのだが・・・・・・・。手厚いサポートに隠された 「アカガミ」 の真の姿とは?
生きることの選択と生命の躍動に触れる衝撃作! (河出文庫)

2030年代。そう遠くはない日本でのことです。

介護施設で働く25歳のミツキは、その時代をよく象徴しています。いたって仕事は真面目なのですが、過剰に人とは関らず、会話は最小限で済ませます。自分に向けた他人の評価に、彼女はさほど興味がありません。

彼女は、これという生きる上での希望や目的を見い出せないまま今に至っています。日々は家と職場の往復で、基本彼女は誰とも話をしません。人と接することに、極端なまでに臆病になっています。

その時代にあって、20代の若者はおしなべてミツキのようで、恋愛や結婚も同様に、彼らは男女の付き合い、さらにはキスやセックスなどの具体的な行為に対し、むしろ強い嫌悪感を抱いています。

結果、多くの若者は恋愛からもセックスからも遠ざかり、「性」 と同時に 「生」 そのものに向ける意欲すらも著しく減退しています。彼らは内に籠り、滅多なことで他者へ目を向けようとはしません。

かつて彼女はバーのトイレで服毒自殺を図り、たまたまその場に居合わせたログという歳上の女性に助けられた過去を持つ。自分の輪郭の手応えというものがわずかながらでも得られるログとの会話を重ねるうち、〈見知らぬ誰かに会ってみたい〉 という好奇心が芽生えるのを自覚したミツキは、ログの勧めで国が設立したお見合いシステムに登録することに。(解説より)

それが 「アカガミ」 と呼ばれる制度で、 - そこでミツキはサツキという名の青年と出会い、(彼もまた同様だったのですが) 初めて異性と接することになります。

※二人に与えられた生活は、いわば理想的な展開で深化していきます。ここだけ読めば違う話のような、極めて清々しい恋の話であるような、しばらくはそんな話が続きます。

ところが、(何とはなく想像できるのですが) そのうち二人は、不穏な空気に気付かされていきます。

単なるマッチング制度のはずなのに、参加することは 「志願」 と呼びならわされ、なぜか周囲から大々的なサポートを受けることを当初ミツキは訝しむ。そもそも制度の名前が 「アカガミ」(!)なのだ。

このあたりで多くの読者は 「赤紙」 という不穏な用語を想起するのではないだろうか。実際、教習所では厳密な身体検査が行われ、健康に問題があると診断された者はあたかも落伍者であるかのように放逐されていく。

(中略)

ところがミツキを含め、ほとんどの参加者は自分からその場を去ろうとはしない。なぜなら彼女たちは、まさにそうした言葉が指し示しているはずのものをすでに何らリアルに実感できない、気が遠くなるほど荒涼とした場所にひとりずつ放り出されているからだ。

結果、その先にある未来を具体的に想像できないまま、ただ 「不適合」 の烙印を押されることを怖れ、用意された目の前のレールに追い立てられるようにしがみついてしまう。(P273.274/解説より)

やがて二人は、ある出来事がもとで、自分たちが大きな 「誤解」 をしていたことに気付かされます。併せて 「アカガミ」 が国が仕組んだ卑劣に過ぎる陰謀だったことも。

そしてラスト。(二人にとって) そこに救いは、あるのでしょうか。ないのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


アカガミ (河出文庫)

◆窪 美澄
1965年東京都稲城市生まれ。
カリタス女子中学高等学校卒業。短大中退。

作品 「晴天の迷いクジラ」「クラウドクラスターを愛する方法」「アニバーサリー」「雨のなまえ」「ふがいない僕は空を見た」「さよなら、ニルヴァーナ」など多数

関連記事

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『緑の毒』桐野夏生_書評という名の読書感想文

『緑の毒』 桐野 夏生 角川文庫 2014年9月25日初版 緑の毒 (角川文庫) &nb

記事を読む

『異邦人(いりびと)』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『異邦人(いりびと)』原田 マハ PHP文芸文庫 2018年3月22日第一刷 異邦人(いりびと

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 村上春樹は、むず

記事を読む

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 世界から猫が消えた

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 奴隷小説  

記事を読む

『侵蝕 壊される家族の記録』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『侵蝕 壊される家族の記録』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2016年6月25日初版 侵蝕 壊され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年1

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一

『地下街の雨』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『地下街の雨』宮部 みゆき 集英社文庫 2018年6月6日第55刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑