『いやしい鳥』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『いやしい鳥』藤野 可織 河出文庫 2018年12月20日初版

いやしい鳥 (河出文庫)

ピッピは死んだ。いや殺された。いや・・・・・・・だんだんと鳥に変身していく男と、その男に復讐を誓う 「俺」 の惨劇を描く表題作、幼い頃に母親を “恐竜に” 喰われたトラウマをめぐる 「溶けない」、あまりにも凶暴なその花 「胡蝶蘭」・・・・・・・グロテスクで残酷で、おかしな愛と奇想に満ちた、芥川賞作家の原点にして珠玉の作品集。(河出文庫)

(第103回) 文學界新人賞受賞作

藤野可織のデビュー作 「いやしい鳥」 を読みました。70ページ余りの作品で、わき目もふらず一気に読みました。

ただ、何が為にこんな話を書いたのか - それはわかりません。そのころ著者に何があったのか。それが知りたいと思います。

知らずに読むと、これが二十歳半ばの女性が書いたものとはとても思えません。

それはK町のある安い居酒屋での出来事で、「俺」 はその男を、たまたま善意で助けただけだったのです。

飲み過ぎて正体を失くしたアカの他人のトリウチを、介抱し、タクシーに乗せ、自分の家に連れて帰ったまではよかったものの、トリウチは朝になってもまるで帰ろうとしません。

家に居ついたあげく、「俺」 がほんの少し家を空けた隙に、あろうことかトリウチは、妻とは離婚し、独り暮らしの 「俺」 が何より大事にしていたオカメインコのピッピを、

生きた鳥を人の家で飼われている鳥を、「うまそうだったからつい」 と、そのまま生で 「かぶりついた」 のでした。そしてそのうちトリウチは、次第次第に鳥へと変化していきます。顔から羽根が生え、見るとそれはピッピの羽根で、羽根はやがて全身へと及んでいきます。

時の状況は以下のようなものです。

・・・・・・・ トリウチの顔からは次々に羽根が湧いて出て、それどころか出てくる量はどんどん増えるし、あっという間にあいつの人間らしい皮膚の部分は、見るのも難しいくらいになってきた。というより、あいつの顔がピッピそのものになってきた。

顎が羽毛に消え、次いで喉仏が消え、鎖骨が消え、Tシャツの上に出てる部分はすべて鳥のものになった。頭髪は冠羽に変わってた。黄色い羽毛がしゅっと立った。上唇はきゅうと前にせり出し、みるみる角質化してくちばしに、頭の形そのものも人間のものではなくなってた。目が前じゃなくて横にずずずっとずれてまん丸に見開き、俺を見上げた。(中略)

トリウチはまっすぐに立って俺を見た。まっすぐに。でもそれじゃ見えなかったみたいで、あいつ、首をかくっと傾けて真横についてる目を俺に向けた。その仕草はピッピそっくりだった。

そのときぽんと頬にオレンジ色の丸が浮き出た。それでもう完璧に奴の頭部はルチノー系のオカメインコだった。(P55.56)

ほぼオカメインコと化したトリウチは、次に、「俺」 に狙いを定めます。今度は、「俺」 を喰おうと企んでいます。

※結局のところ、何が言いたいのかはわかりません。ただ、「俺」 が縷々語る半ば言い訳じみた己の心情は妙にリアルで、おかしみがあり、捨て鉢の狂気に満ち充ちて、やけに面白いのでした。

この本を読んでみてください係数 85/100

いやしい鳥 (河出文庫)

◆藤野 可織
1980年京都府京都市生まれ。
同志社大学大学院美学および芸術学専攻博士課程前期修了。

作品 「爪と目」「おはなしして子ちゃん」「ファイナルガール」「ドレス」など

関連記事

『昭和の犬』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『昭和の犬』姫野 カオルコ 幻冬舎文庫 2015年12月5日初版 昭和の犬 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『I’m sorry,mama.』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『I'm sorry,mama.』桐野 夏生 集英社 2004年11月30日第一刷 I’m s

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 アミダサマ (光文社文庫

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『爪と目』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『爪と目』藤野 可織 新潮文庫 2016年1月1日発行 爪と目 (新潮文庫)  

記事を読む

『悪と仮面のルール』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『悪と仮面のルール』中村 文則 講談社文庫 2013年10月16日第一刷 悪と仮面のルール (

記事を読む

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 呪文 (河出文庫) さびれゆく商

記事を読む

『うつくしい人』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『うつくしい人』西 加奈子 幻冬舎文庫 2011年8月5日初版 うつくしい人 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『未必のマクベス』(早瀬耕)_書評という名の読書感想文

『未必のマクベス』早瀬 耕 ハヤカワ文庫 2017年7月25日発行 未必のマクベス (ハヤカワ

記事を読む

『僕が殺した人と僕を殺した人』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山 彰良 文藝春秋 2017年5月10日第一刷 僕が殺した人と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版

『希望病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『希望病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2020年11月11日初版

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版

『裏アカ』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『裏アカ』大石 圭 徳間文庫 2020年5月15日初刷 裏アカ

『鵜頭川村事件』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『鵜頭川村事件』櫛木 理宇 文春文庫 2020年11月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑