『白衣の嘘』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『白衣の嘘』長岡 弘樹 角川文庫 2019年1月25日初版

白衣の嘘 (角川文庫)

苦手な縫合の練習のため、シミュレーターに向かう内科医の副島。彼が担当した女性患者はある秘密を抱えていた (「最後の良薬」)。バレーボール日本代表の彩夏と、医者である姉の多佳子。2人は実家に向かう途中でトンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。運転席に閉じ込められた妹に対して多佳子がとった意外な行動とは (「涙の成分比」)。医療の現場を舞台に描き出す、鮮やかな謎と予想外の結末。名手による傑作ミステリ集。(角川文庫)

医療の現場を巡るミステリーが6編。何気に始まる物語の最後には、思いもしない結末が・・・・・・・。おそらくは、誰も見抜けないだろうと。あなたはきっと騙されます。

最後の良薬] 
とある地方の個人病院でのことです。内科医として勤務する副島は、末期がんを患った女性患者・杉野有葵子の担当を命じられます。早速に治療をはじめた副島だったのですが、有葵子は返事さえしません。明らかに反感を抱いています。

涙の成分比
バレーボールの選抜選手として活躍する彩は、トンネル事故に巻き込まれ、片足を失ってしまいます。姉の多佳子が勤務する病院のベッドで悲嘆に暮れ、彼女は自暴自棄になります。ところが今度は、姉の多佳子がクモ膜下出血で緊急入院することになります。

小医は病を医し
町役場に勤める角谷は、仕事中に心筋梗塞を起こし、隣町にある医療センターへと搬送されます。主治医の岸部は角谷に対し、成し遂げたいと思っている目標を強く意識することが病に打ち勝つ最大の秘訣だと諭します。やがて角谷は、喬木という無口な男と相部屋を命じられます。

ステップ・バイ・ステップ
外科医の上郷は、体調不良で一週間ほど休んでいる研修医・内山亜沙子のマンションを訪ね、鬱を患っているらしい亜沙子に治療を受けさせるための一計を案じます。彼女が住むマンションから病院までを一週間かけて少しずつ、ステップ・バイ・ステップで進むことを約束させます。

彼岸の坂道
物語の主人公・友瀬は、総合病院の救命医療センターに勤める医師。現センター長の津嘉山は、半年後に退職することが決まっています。次期センター長の椅子に座るのは友瀬か、ライバルの生原か - 周囲の注目が集まる中、津嘉山が大怪我を負い、センターに搬送されて来るという事態が発生します。何者かに背中を押され、崖から転落したというのです。

小さな約束
刑事としてハードな職務をこなす実鈴はある日腎不全を患い、人工透析が必要な体になってしまいます。完治するには腎移植手術を受けるしかありません。同じ警察官で弟の秀通は、腎臓を提供したいと主治医の貞森に伝えるのですが・・・・・・・。

事の真相は、先の、その先にあります。思う通りには終わりません。

この本を読んでみてください係数 80/100

白衣の嘘 (角川文庫)

◆長岡 弘樹
1969年山形県山形市生まれ。
筑波大学第一学群社会学類卒業。

作品 「陽だまりの偽り」「傍聞き」「教場」「教場2 」「線の波紋」「波形の声」「群青のタンデム」他

関連記事

『ふくわらい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふくわらい』西 加奈子 朝日文庫 2015年9月30日第一刷 ふくわらい (朝日文庫)

記事を読む

『映画にまつわるXについて』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『映画にまつわるXについて』西川 美和 実業之日本社文庫 2015年8月15日初版 映画にまつ

記事を読む

『花の鎖』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『花の鎖』湊 かなえ 文春文庫 2018年8月1日19刷 花の鎖 (文春文庫) 両親を亡くし

記事を読む

『はんぷくするもの』(日上秀之)_書評という名の読書感想文

『はんぷくするもの』日上 秀之 河出書房新社 2018年11月20日初版 はんぷくするもの

記事を読む

『左手首』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『左手首』黒川 博行 新潮社 2002年3月15日発行 左手首 (新潮文庫)  

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 星の子 林ちひろは中学3年生

記事を読む

『さよならドビュッシー』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『さよならドビュッシー』中山 七里 宝島社 2011年1月26日第一刷 さよならドビュッシー

記事を読む

『パリ行ったことないの』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『パリ行ったことないの』山内 マリコ 集英社文庫 2017年4月25日第一刷 パリ行ったことな

記事を読む

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』中山 七里 講談社文庫 2013年11月15日第一刷 贖罪の奏鳴曲

記事を読む

『迷宮』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『迷宮』中村 文則 新潮文庫 2015年4月1日発行 迷宮 (新潮文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『泣いたらアカンで通天閣』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『泣いたらアカンで通天閣』坂井 希久子 祥伝社文庫 2015年7月3

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼ

『昨夜のカレー、明日のパン』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『昨夜のカレー、明日のパン』木皿 泉 河出文庫 2016年2月20日

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第一

『はんぷくするもの』(日上秀之)_書評という名の読書感想文

『はんぷくするもの』日上 秀之 河出書房新社 2018年11月20日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑