『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行

女たちの避難所 (新潮文庫)

九死に一生を得た福子は津波から助けた少年と、乳飲み子を抱えた遠乃は舅や義兄と、息子とはぐれたシングルマザーの渚は一人、避難所へ向かった。だがそこは、”絆” を盾に段ボールの仕切りも使わせない監視社会。男尊女卑が蔓延り、美しい遠乃は好奇の目の中、授乳もままならなかった。やがて虐げられた女たちは静かに怒り、立ち上がる。憤りで読む手が止まらぬ衝撃の震災小説。『避難所』 改題。(新潮文庫)

一昨日、昨日と続けて二晩、NHKのドキュメンタリー番組を観ました。言わずもがな、あの大震災のことです。

そこでは、8年を経た今ある被災地の現状が描かれていました。亡くなった人のことではありません。命からがら生き延びた、今を生きる人のことです。

未だ復興とは程遠い状況にある中で、多くの被災者はそれぞれに、生きる上での難題を抱え、疲れ果て、それは震災直後と比べ、なお悲惨なものになってはいまいかと。

私は、そんなことであるのを初めて知りました。今更ながら思うのは、あの日以降連日報道された津波や原発事故の様子に、随所に設けられた避難所の状況に、いったい私は何を感じたのだろうと。見るべきを見て、想像すべきことを想像できたのだろうかと。

この本を読んで、改めて考えました。

確かに、当事者にしかわからないことがあります。震災直後の避難所での生活もそうなら、そこで問題となる女性に特有の事なら殊更に。

はじめ避難所には、あって当然と思われる 「間仕切り」 がなかったのだそうです。授乳や着替えの場所もない避難所というのは、女性にしてみれば、恐ろしく片手落ちな場所に違いありません。男の私ですらわかるのに、

当時、それが意図的に、使われない避難所があったといいます。

「被災者同士は家族のようなもの、間仕切りで分けるなんて水臭い、という男性リーダーがいて、間仕切りを使えなかった」 ことが現にあったという事実に唖然としました。

物語は、福子、遠乃、渚という、生きてきた状況も震災当日の状況も、年齢もまるで違う3人の女性が登場し、ある避難所で偶然に出会うところから始まってゆきます。

3人はそれぞれに、人に言えない辛い事情を抱えています。抱えつつ被災者となり、同じ避難所で暮らすようになります。互いの事情がわかるうち、震災に遭い避難所暮らしをする中で、それぞれが抱える事情の根源が、実は今いる避難所にもあることに気付きます。

それは、垣根があってないが如くの田舎に共通する悪しき共同意識、根強く残る男尊女卑の慣例 - 3人はいつしか気持ちを共有し、静かに怒りを留め、爆発するその時を待ちます。

この本を読んでみてください係数  80/100

女たちの避難所 (新潮文庫)

◆垣谷 美雨
1959年兵庫県豊岡市生まれ。
明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒業。

作品 「竜巻ガール」「ニュータウンは黄昏れて」「後悔病棟」「農ガール、農ライフ」「老後の資金がありません」「夫の墓には入りません」他多数

関連記事

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷 おまえじゃなき

記事を読む

『文庫版 オジいサン』(京極夏彦)_なにも起きない老後。でも、それがいい。

『文庫版 オジいサン』京極 夏彦 角川文庫 2019年12月25日初版 文庫版 オジいサン

記事を読む

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6刷 入らずの森 (祥伝社

記事を読む

『1ミリの後悔もない、はずがない』(一木けい)_書評という名の読書感想文

『1ミリの後悔もない、はずがない』一木 けい 新潮文庫 2020年6月1日発行 1ミリの後悔

記事を読む

『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版 異類婚姻譚  

記事を読む

『霧/ウラル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『霧/ウラル』桜木 紫乃 小学館文庫 2018年11月11日初版 霧 (小学館文庫) 北海道

記事を読む

『藍の夜明け』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藍の夜明け』あさの あつこ 角川文庫 2021年1月25日初版 藍の夜明け (角川文庫)

記事を読む

『路上のX』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『路上のX』桐野 夏生 朝日新聞出版 2018年2月28日第一刷 路上のX こんなに叫ん

記事を読む

『田舎の紳士服店のモデルの妻』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『田舎の紳士服店のモデルの妻』宮下 奈都 文春文庫 2013年6月10日第一刷 田舎の紳士服店

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 オブリヴィオン (光文社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑