『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発行

許されようとは思いません (新潮文庫)

あなたは絶対にこの 「結末」 を予測できない!   新時代到来を告げる、驚愕の暗黒ミステリ。

かつて祖母が暮らしていた村を訪ねた 「私」。祖母は、同居していた曾祖父を惨殺して村から追放されたのだ。彼女は何故、余命わずかだったはずの曾祖父を、あえて手にかけたのか・・・・・・・日本推理作家協会賞短編部門ノミネートの表題作ほか、悲劇を起こさざるを得なかった女たちを端整な筆致と鮮やかなレトリックで描き出す全五篇。(新潮社)

いずれも甲乙付け難い秀作が5編。これまで読んだ芦沢央の作品の中ではピカ一ではないかと。文句なく面白いと言えるものにやっと出会えた感じがします。

解説の池上冬樹氏曰く、全てが 「密度が濃く、技巧が凝らされていて、驚きの結末へともっていく。読むのが息苦しくなるほど世界が緊張にふるえている」- 正にその通りの読み応えだろうと。

(以下は、ややネタバレ気味の文章になります。読むと、驚きが半減するかもしれません。読むかどうかはお任せします)

五篇の中でいちばんの傑作は、姉のように だろう。事件を起こした姉のようにはならないために、自分の娘への虐待の衝動を抑えようとする話だ。姉は童話作家として活躍した誇るべき存在で、だからこそ事件は衝撃的で、主人公の は周囲の目を意識して生きていくのだけれど、三歳の娘はいうことをきかず、また夫も を理解してくれず、次第に精神的に追い込まれていく。

ひとつ歯車が狂いだすとどうしようもなく悪い方向へと転がっていく。我慢し、うまくたちまわろうとするものの、情況は容赦なく、幼児虐待に引き込まれていく主婦の心理を徹底的に捉えていて、読むのが辛くなる。

いったい結末はどうなるのかと思っていると、いやはや、最後に足元をすくわれるのだ。どんでん返しがあり、世界が一変する。いままで読んできたものを根底から覆す仕掛けで、あわてて冒頭にもどって確認すると、ちゃんとそこに事実が書いてある。

読者を巧みにリードしつつ、躾と暴力のあわいというテーマを強く訴えながらも、ミステリとしての仕掛けで驚かせる。見事なまでに作り込まれた傑作サスペンスだ。(解説より抜粋)

但し、それでもあなたは気付かないかもしれません。読み損じのないよう、くれぐれも注意してください。

目次
・目撃者はいなかった
・ありがとう、ばあば
・絵の中の男
・姉のように
・許されようとは思いません  

追伸 五篇とは別に、思わぬ場所に “付録” があります。「特別掌編」 を見逃さないようにしてください。

◆この本を読んでみてください係数 85/100

許されようとは思いません (新潮文庫)

◆芦沢 央
1984年東京都生まれ。
千葉大学文学部史学科卒業。

作品 「罪の余白」「今だけのあの子」「いつかの人質」「悪いものが、来ませんように」「火のないところに煙は」他

関連記事

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 泳いで帰れ (光文社文庫)

記事を読む

『そこへ行くな』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『そこへ行くな』井上 荒野 集英社文庫 2014年9月16日第2刷 そこへ行くな (集英社文

記事を読む

『ことり』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ことり』小川 洋子 朝日文庫 2016年1月30日第一刷 ことり (朝日文庫) &nb

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 空中ブランコ (文春文庫)

記事を読む

『午後二時の証言者たち』(天野節子)_書評という名の読書感想文

『午後二時の証言者たち』天野 節子 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 午後二時の証言者た

記事を読む

『安岡章太郎 戦争小説集成』(安岡章太郎)_書評という名の読書感想文

『安岡章太郎 戦争小説集成』安岡 章太郎 中公文庫 2018年6月25日初版 安岡章太郎 戦争

記事を読む

『生存者ゼロ』(安生正)_書評という名の読書感想文

『生存者ゼロ』安生 正 宝島社文庫 2014年2月20日第一刷 生存者ゼロ (宝島社文庫 『こ

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 乙女の家 (新潮文庫) 内縁関係

記事を読む

『夜明けの音が聞こえる』(大泉芽衣子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの音が聞こえる』大泉 芽衣子 集英社 2002年1月10日第一刷 夜明けの音が聞こえる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷

『ひりつく夜の音』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『ひりつく夜の音』小野寺 史宜 新潮文庫 2019年10月1日発行

『ふじこさん』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ふじこさん』大島 真寿美 講談社文庫 2019年2月15日第1刷

『純子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『純子』赤松 利市 双葉社 2019年7月21日第1刷 純子

『血縁』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『血縁』長岡 弘樹 集英社文庫 2019年9月25日第1刷 血

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑