『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『検事の本懐』(柚月裕子), 作家別(や行), 書評(か行), 柚月裕子

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷

ガレージや車が燃やされるなど17件続いた放火事件。険悪ムードが漂う捜査本部は、16件目の現場から走り去った人物に似た男を強引に別件逮捕する。取調を担当することになった新人検事の佐方貞人は 「まだ事件は解決していない」 と唯一被害者が出た13件目の放火の手口に不審を抱く (「樹を見る」) 権力と策略が交錯する司法を舞台に、追い込まれた人間たちの本性を描いた慟哭のミステリー、全5話。第15回大藪春彦賞受賞作。(角川文庫)

・第一話 樹を見る
・第二話 罪を押す
・第三話 恩を返す
・第四話 拳を握る
・第五話 本懐を知る

柚月裕子の人気作 「佐方貞人シリーズ」 第2作 『検事の本懐』 を読みました。数あるリーガル・サスペンスの中でも出色の一冊ではないかと思います。

人気の理由は一にも二にも主人公である佐方貞人のキャラクターに負うところが大きいわけですが、彼の真摯で、ときに青臭い正義心に身を灼くまでの一徹さ、その頑なさの背景に何があるのか、何があったのか - 。本作では、それが徐々に明かされていきます。

米崎東警察署署長である南場は、管内で起きている連続放火事件の犯人をいまだ検挙できていないことを警察署長会議の場で責められ、追い詰められていた。ようやく疑わしい新井を別件ながら逮捕できたため、後はガサ入れをして証拠をつかめばよかったのだが、同期で現在は県警本部刑事部長である佐野をはじめとした周りから横槍が入る可能性があった。

そこで、(米崎地方検察庁刑事部副部長の) 筒井に相談したところ、米崎地検に任官して間もない佐方貞人が事件を担当することになる。そして思いのほか新井は17件の放火をあっさり認めたのだが、唯一死者が出た13件目の放火だけは頑なに否認する。そしてそのうち13件目についても認めるだろうという大方の予想に反し、佐方は他に犯人がいると睨む。(wikipedia より)

以上は、第一話 樹を見る の概要です。佐方が検事として任官して3年目の出来事です。

第二話 罪を押す では、筒井の下に配属された日から筒井が佐方の優秀さを目の当たりにするまでの経緯が綴られています。

第三話 恩を返す では、佐方は父・陽世の七回忌以来4年ぶりに呉原市に帰郷します。佐方の高校時代の同級生・天根弥生が登場し、佐方が高校時代に受けた停学2か月の処分の理由が明らかになります。

第四話 拳を握る ※ここが、この本最大の山場です!
東京地検特捜部より応援要請があり、佐方は担当事務官の増田と共に東京地検へ出張することになります。そこで佐方は、財団法人・中小企業経営者福祉事業団、通称 「中経事業団」 を巡る贈収賄容疑に掛かる捜査の一端を担うことになります。

第五話 本懐を知る 佐方の父・陽世が起こした事件の真相が明かされます。それは同時に、息子・貞人が胸に刻んだ覚悟でもありました。

※硬質で歯切れのいい文章。正確かつ論理的な物語の展開。知らずに読むと、おそらく女性作家が書いたものとは思えないでしょう。佐方貞人という人物に魅了され、佐方貞人のことをもっと知りたくなるに違いありません。シリーズ第1作 『最後の証人』、第3作 『検事の死命』 と併せてお楽しみください。

この本を読んでみてください係数 90/100

◆柚月 裕子
1968年岩手県生まれ。

作品 「臨床真理」「最後の証人」「検事の死命」「蝶の菜園 - アントガーデン -」「パレードの誤算」「朽ちないサクラ」「ウツボカズラの甘い息」「孤狼の血」他多数

関連記事

『けむたい後輩』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『けむたい後輩』柚木 麻子 幻冬舎文庫 2014年12月5日初版 14歳で作家デビューした過去

記事を読む

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 若年

記事を読む

『無人島のふたり/120日以上生きなくちゃ日記』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『無人島のふたり/120日以上生きなくちゃ日記』山本 文緒 新潮社 2022年11月30日4刷

記事を読む

『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷 誰もが顔見知りの小さな町

記事を読む

『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版 雨の降り続く日、訪ねてき

記事を読む

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 「おとなになっても忘れ

記事を読む

『ブルーもしくはブルー』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『ブルーもしくはブルー』山本 文緒 角川文庫 2021年5月25日改版初版発行 【

記事を読む

『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷 生前の罪により輪廻のサイクルから外され

記事を読む

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版 1933年、私は「天皇」と同じ日

記事を読む

『カナリアは眠れない』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『カナリアは眠れない』近藤 史恵 祥伝社文庫 1999年7月20日初版 変わり者の整体師合田力は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑