『満潮』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『満潮』朝倉 かすみ 光文社文庫 2019年7月20日初版

満潮 (光文社文庫)

わたし、ひとがわたしになにをしてもらいたがっているのか、分かるの。

人に迎合し、喜ばせることが生きがいの眉子。彼女の結婚式で配膳係のバイトをしていたコミュ障で自意識過剰な大学生・茶谷は、美しい花嫁姿の眉子に一目惚れをする。そして眉子の夫に取り入り、彼女に近付いていく。眉子は必ず僕を好きになる - 。眉子。茶谷。眉子の夫。絡み合う三人の関係は? 眉子がかつて体験した、強烈な過去とは? 真実と心の闇は、着々と明かされていく。ロングセラー 『田村はまだか』 の著者が放つ恋愛サスペンス。(光文社)

わたし、分かったの。そのままのわたしでいればだれかを喜ばせることができるって。そうして、そのままのわたし はひとつじゃなくて、目の前のだれかの数だけいるの

断片的かつ抽象的な自分語りに 〈と、言われましても〉 と困惑していた同級生は 〈ところで 『そのままのわたし』 ってなに? 〉 と訊ねます。そのあとの会話が不穏です。

だれかがこうだったらいいな、って思う眉子
それはまゆちゃんからすると そのままのわたしじゃないよね?
どうして?
ちがうじゃん
おんなじよ

おそらく多くの読者が、眉子が思うところの 「理想の自分」というものを理解できないと思います。何を言っているのだろうと。周囲は、彼女が思う “自分” についていけずに、自然、距離を置くようになります。

眉子には友達らしい友達がいません。それで構わないと思っています。そもそもが、彼女は人に対し対等な関係を望んでなどいません。これと定めた人に、一心に “尽くしたい” と考えています。尽くすことこそが、なりたいと願う理想の自分なんだと。

眉子という人には主体性がほぼありません。誰かの夢の形に自分をあてはめることによって初めて生きている実感が得られます。中小企業の社長のトロフィーワイフは、彼女にとって願ってもない役割でした。自分の価値を上げてくれる妻がほしいという夫の欲望はわかりやすかったからでしょう。

ところが、ある程度欲望を満たされると、夫は眉子がどんなに尽くしてもあまり喜ばなくなってしまいました。そんなときに眉子は茶谷という青年と出会うのです。茶谷は一目惚れした眉子に近づくため、彼女の夫の会社にアルバイトとして入社します。眉子は茶谷の歪んだ夢のヒロインに選ばれたのでした・・・・・・・(解説より by石井千湖)

異常かどうかということで言えば、明らかに常軌を逸しているのが茶谷で、眉子はただ一心に、あるがままの眉子という自分を演じているに過ぎません。

但し、基本それは夫に対してのみのことで、必ずしも彼女は “与し易い” 女性ではありません。いたずらに男性と交わることを善しとしません。たとえ夫と違う男性と知り合ったとしても、せいぜいが喫茶店でお茶を飲む程度のことでした。

※茶谷は早稲田の政経に通う学生で、自分に対し、強い自信と自負があります。元来優秀で有能な彼は、働き出すとすぐに眉子の夫の運転手を命じられます。気に入られた彼はアルバイトの身ながら、夫が主催するホームパーティーに参加するようになります。

思惑通りに事が運び、言葉を交わす機会が増え、やがて茶谷は眉子と二人だけで食事に行くようになります。ところが、話は弾まず、眉子はいっこうに茶谷に靡く気配がありません。眉子にとって茶谷は、茶谷が思うほどには魅力的ではなかったのです。

但し、茶谷はそうは考えません。彼の一途に過ぎる感情は、ある日を境に、二人の関係を大きく変えることになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

満潮 (光文社文庫)

◆朝倉 かすみ
1960年北海道小樽市生まれ。
北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業。

作品 「肝、焼ける」「田村はまだか」「夏目家順路」「玩具の言い分」「ロコモーション」「恋に焦がれて吉田の上京」「静かにしなさい、でないと」「平場の月」他

関連記事

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『バック・ステージ』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『バック・ステージ』芦沢 央 角川文庫 2019年9月25日初版 バック・ステージ (角川文

記事を読む

『森の家』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『森の家』千早 茜 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 森の家 (講談社文庫) 自由の

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

『マザコン』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『マザコン』角田 光代 集英社文庫 2010年11月25日第一刷 マザコン (集英社文庫)

記事を読む

『死体でも愛してる』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『死体でも愛してる』大石 圭 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 死体でも愛してる (

記事を読む

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初版 マタタビ潔子の猫魂

記事を読む

『幸せになる百通りの方法』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『幸せになる百通りの方法』荻原 浩 文春文庫 2014年8月10日第一刷 幸せになる百通りの方

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑