『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)

かつてブラック企業に勤めボロボロになったものの、謎の男ヤマモトと出会ったことで本来の自分を取り戻した青山(隆)。 そして彼の前から姿を消してしまったヤマモト - 。すべての働く人が共感して泣いた感動作 『ちょっと今から仕事やめてくる』 で語られなかった、珠玉の裏エピソードが、いま明かされる。青山とヤマモトの、そして彼らと出会った人たちの新しい物語が、また始まる。仕事に悩み、日々に迷う人たちに勇気を与える人生応援ストーリー!!   この優しい物語を すべての働く人たちに (メディアワークス文庫)

第21回電撃小説大賞 〈メディアワークス文庫賞〉 に輝いた前作 『ちょっと今から仕事やめてくる』 は今から4年半ほど前、2015年2月25日に初版が発行されています。私が読んだのは第4版、4月末の頃でした。

その時の “感動” を、今も鮮明に覚えています。久々に、心の隅々までが洗われたような気分になりました。隆と違い、すでに私はサラリーマンとして長いキャリアを持つ身であったのですが、それでも (それゆえ) 強く共感したのでした。

誰しも、人は弱さを見せまいとして生きています。そしてその分、とても無理をしています。隆もまた、無理を承知で嫌な仕事をしています。

ブラック企業にこき使われて心身ともに衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを 「ヤマモト」 と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった - 。(前作 『ちょっと今から仕事やめてくる』 の文庫本裏の解説より抜粋)

- さて、ここからが 『ちょっと今から人生かえてくる』 になります。この物語は、隆と同じ (限りなくブラックに近い) 中堅の印刷会社に勤める彼の先輩 「五十嵐諒の場合」 から始まってゆきます。

営業に配属されて三日目、名刺を五十枚配ってこい、と言われた。配るだけでなく、必ず相手の名刺ももらってこい、と外に放りだされた。
終業時刻ギリギリまでねばり二十一枚の名刺を配った。さすがに一度社に戻ろうと、部署のドアを開けた瞬間、部長の怒鳴り声が響いた。先に帰っていた同期が涙を流していた。背中に冷や汗が伝った。
結局、その同期はひと月もたず退職した。(P8)

五十嵐にとり不幸中の幸いだったのは、彼の教育係だった先輩の存在でした。その先輩は五十嵐にとって唯一信頼に足る人物で、その後の彼の頑張りは、先輩から受けた指導があったからこそのことでした。

「一度契約を結んだ後が本番だ。いいか、絶対に先方から質問をさせるな。常にこちらから相手が望む以上の情報を与え、相手の要望を上回る気遣いを見せ続けるんだ。そうやって信頼を勝ち取れば、長いつき合いも望める」 力を込めて、先輩はそう言ったのでした。

ところがその先輩が、あろうことかある日突然、会社を辞めたのでした。

俺にとっての “当たり” に見えた先輩は、俺に呪縛のような言葉を残して会社を辞めた。
今、冷静になって考えてみると、もしかしたら先輩は俺の人生にとってとんだ “ハズレ” くじだったのかもしれない。当たりだと思ってしまったから、俺は辞めなかった。ギリギリのところで踏みとどまってしまった。耐えられてしまった。
今になってふと思う。最初から “ハズレ” だとわかっていれば、俺はもっと早くに楽になれていたんじゃないか。
もっと早くに、この会社に見切りをつけられていたんじゃないのか。(P12.13)

実は、五十嵐はすでに大きく限界を超えています。契約こそ取れるものの、胃が痛み、嘔吐を繰り返し、仕事以外の場面ではまるで精気がありません。何かに抗い、何かに負けたくない一心だけで仕事をしています。「それが仕事だ」 と、固く信じています。

青山隆という名の後輩が入社したのは、そんな頃のことでした。

※スカっとできて最後は泣ける - もしもあなたが未読なら、本作より先に前作を、是非とも読んでみてください。

この本を読んでみてください係数 85/100

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

◆北川 恵海
1981年大阪府吹田市生まれ。

作品「ちょっと今から仕事やめてくる」「ヒーローズ(株)!!! 」「続・ヒーローズ(株)!!! 」「星の降る家のローレン」など

関連記事

『負け逃げ』(こざわたまこ)_書評という名の読書感想文

『負け逃げ』こざわ たまこ 新潮文庫 2018年4月1日発行 負け逃げ (新潮文庫) 第

記事を読む

『沈黙博物館』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『沈黙博物館』小川 洋子 ちくま文庫 2004年6月9日第一刷 沈黙博物館 (ちくま文庫)

記事を読む

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 テミスの剣 (文春文庫)

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 どこから行っても遠い町

記事を読む

『大きな鳥にさらわれないよう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『大きな鳥にさらわれないよう』川上 弘美 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 大きな鳥

記事を読む

『坂の途中の家』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『坂の途中の家』角田 光代 朝日文庫 2018年12月30日第一刷 坂の途中の家 (朝日文庫

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その1)

『後妻業』(その1) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 &nbs

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽とタタン(新潮文庫) 今

記事を読む

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」角田 光代 講談社文庫 2010年6月15日第一刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑