『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版

ほかに誰がいる (幻冬舎文庫)

あのひとのことを考えると、わたしの呼吸はため息に変わる。十六歳だった。
あのひとに出会うまで十六年もかかってしまったという気持ちは、後悔に少し似ている。
眠れない夜よりも長いわたしのため息は、いつか、あのひとに届くのだろうか。

 わたしは鳩の鳴き声を聞いていた。雨の降る日は、旧い校舎の廊下の壁から鳩の鳴き声が聞こえてくる。ひとの近づく気配を感じ、わたしは壁から耳を離した。向こうから、四、五人の集団が歩いてくる。笑っているなかに、懐かしい顔があった。なぜ、懐かしいのかわからなかった。すれちがったあとで振り返ると、二日前のできごとがまぶたの裏をすぎていく。
 わたしはプラットフォームへの階段を駆け上がっていた。空がぶれながら大きくなった。車ひだのスカートが腿にまとわりつき、埃のにおいも立ってきて、どちらもひどくわずらわしかった。乗るはずの電車の出発時間が迫っている。改札時間は終わったばかりだったので、まだ、間に合うかもしれなかった。視界の右すみに山吹色の電車が入ってきた。もう、動き始めている。わたしの足が遅くなった。轟音をひびかせ、加速する電車を横目で見ながら、最後の数段をゆっくりとのぼっていった。プラットフォームにでたら、ひとりの乗客がせりだして見えた。最後尾。乗降口。ガラスにこめかみをあてているひとがいる。目が合った、と、思ったら、電車が走り去った。風を吹き上げ、わたしの前髪をあおっていた。
 あのひとだった。あのひとも振り返っていた。目で驚き、目で笑い、かぶりを振って、首をもどした。その横顔がわたしの胸に残っている。からだが前に傾いて、床が湿った音を立てた。手の甲をひたいにあてて、うつむいた。斜めに目を上げると、向かいがわに窓がある。六月の夕方だった。空はまだ明るかったが、遠くのほうに深い青がひそんでいた。ぼやけて見えるのは、わたしの目に水の膜が張っているせいだ。まばたきをしたら、涙が落ちた。(本文より)

- そして物語がはじまってゆきます。高校一年生のえりは、同じ高校に通う同級生に恋をしたのでした。

相手の名前は、賀集玲子といいます。えりは、自分と同じ女性に恋をしたのでした。それは突然訪れた、”ひと目惚れ” だったのでしょう。えりの、玲子に向けた恋情は並大抵のものではありません。

最初思うのは、女性同士の、これは同性愛を扱った話ではないだろうかと。それが読むうち段々と、まるで違う話だというのがわかってきます。

えりは、玲子と同じ肌色になるために、わざわざ自分の白い肌を灼こうと躍起になります。えりは玲子と、”ふたごのように” なりたいのでした。強く願えば叶うと思い 「賀集玲子。賀集玲子」 と、恋しい人の名前を一心に、ひたすらノートに書き連ねるのでした。

えりの願うところは、限りなく玲子と一体化することでした。その一念で、そのための努力をえりは惜しみません。そうなるために、彼女は自分の全精力を傾注します。

そんなえりの思いを、玲子は半ば理解しており、半ば理解できずにいました。それはある意味当然で、玲子はえりのことを “普通に” 親友だと思っていただけのことでした。

何の問題もないように思えた二人の関係は、えりの一方的な思い込みで、次第次第に違うものへと変化してゆきます。その挙げ句、やがてえりの人生を根底から覆す事態を招くことになります。ただの偶然が、偶然では済まない帰結へとえりを駆り立ててゆきます。

十六歳だった。あのひとに出会うまで十六年もかかってしまったという気持ちは、後悔に少し似ている - 」 本城えりが電車の窓越しに、賀集玲子の姿を見初めたのは、高校一年のことだった。玲子に憧れ、近づき、ひとつになりたいと願うえり。その強すぎる思いは彼女自身の人生を破滅へと向かわせてゆく。読み始めたら止まらない、衝撃作。(幻冬舎文庫)

この本を読んでみてください係数 80/100

ほかに誰がいる (幻冬舎文庫)

◆朝倉 かすみ
1960年北海道小樽市生まれ。
北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業。

作品 「肝、焼ける」「田村はまだか」「夏目家順路」「玩具の言い分」「ロコモーション」「恋に焦がれて吉田の上京」「静かにしなさい、でないと」「満潮」「平場の月」他

関連記事

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 ホワイトラビット(新潮文

記事を読む

『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷 鼻に挟み撃ち (集

記事を読む

『親方と神様』(伊集院静)_声を出して読んでみてください

『親方と神様』伊集院 静 あすなろ書房 2020年2月25日初版 (1)親方と神様 (伊集院

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『variety[ヴァラエティ]』奥田 英朗 講談社 2016年9月20日第一刷 ヴァラエティ

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『遊佐家の四週間』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『遊佐家の四週間』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2017年7月20日初版 遊佐家の四週間 (祥伝社

記事を読む

『ぼくは勉強ができない』山田詠美_書評という名の読書感想文

『ぼくは勉強ができない』 山田 詠美  新潮社 1993年3月25日発行 @1,200 ぼくは勉強

記事を読む

『ママがやった』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ママがやった』井上 荒野 文春文庫 2019年1月10日第一刷 ママがやった (文春文

記事を読む

『星々たち』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『星々たち』桜木 紫乃 実業之日本社 2014年6月4日初版 星々たち  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑