『シンドローム』(佐藤哲也)_書評という名の読書感想文

『シンドローム』佐藤 哲也 キノブックス文庫 2019年4月9日初版

シンドローム(キノブックス文庫)

「これは宇宙戦争なんだ」 謎の生命体が地球に侵略してきた。緊迫した状況の中、〈ぼく〉 が気になるのは久保田葉子のことばかり。精神的な 〈ぼく〉 が恋などという 〈迷妄〉 に踊らされることはない、はずだった。ライバル的存在の平岩、B級映画に詳しい倉石、四人は危機的状況を無事に脱することはできるのか? そして 〈ぼく〉 の 〈迷妄〉 の行方は? 青春SF小説の金字塔的作品。【解説:森見登美彦】(キノブックス文庫)

これを純粋なSF小説だと思って読むと、存外期待外れに終わる。そうではないのだ。SF小説の名を騙った、これはまごうことなき青春小説である。しかも、解説にある言葉を借りるなら、「凄まじくハイレベルなひとり相撲」 を描いた物語だ。しかと “玩味” して読んでもらいたい。〈ぼく〉 はあの頃の私であり、貴方なのだ。

青春とは 「ひとり相撲」 である。
たとえばひとりの黒髪の乙女に恋をしたとしよう。
その恋を成就させるためには乙女との距離を縮め、しかるべき地点で自分の思いを相手に伝えなければならない。恋愛成就の可能性を見きわめるべく、我々の精神は目まぐるしく活動する。乙女からのなんということもないメールを熟読玩味し、その一挙手一投足から膨大な仮説を組み立て、希望的観測と絶望的観測によって揉みくちゃにされる。しかし実地に検証する勇気のないかぎり、意中の乙女の胸の内は推測するしかなく、自分で作りだした幻影との駆け引きが続く。そこに 「恋のライバル」 が現れようものならもうメチャメチャである。我々は幻影をめぐって幻影と争う。
これをひとり相撲と言わずしてなんと言おう。

主人公 「ぼく」 と久保田さんをめぐる物語は、その大枠だけを見るなら、びっくりするぐらい単純素朴なものである。
ちょっと気になる同級生の女の子がいて、そっけないメールの返事にヤキモキさせられたり、一緒にバスで下校してドギマギしたりしつつ、なんとか勇気を振り絞って二人きりのランチを取り、さらなる恋のステップとして映画に誘う - 恋愛の成就不成就はべつにして、多くの人に同じような嬉し恥ずかしの経験があるだろう。私にだって、あります。にもかかわらず、この初々しい青春の一コマがなんとも異様な迫力が帯びてくる原因は、ひとえに主人公が駆使する言葉にある。その言葉を通して我々が目撃するのは、凄まじくハイレベルなひとり相撲なのである。(解説より)

例えば、作中では主人公の 「ぼく」 のこんな一人語りが、くどいぐらいに繰り返される。

午前中の授業にはあまり集中できなかった。
気がつくと、気持ちがどこかで乱れていた。
気がつくと、執拗な胸の鼓動を聞いていた。
気になることがあるからだ、とぼくは思う。
少し心が乱れているようだ、とぼくは思う。
落ち着かなければならない、とぼくは思う。
それなのに心が乱れている、とぼくは思う。
教師の言葉が、意味不明の音に化けていく。
黒板の文字が、意味不明の線に化けていく。
気がつくと手がノートの上でとまっている。
気がつくと目が宙のどこかを見つめている。
ぼくに何が起きているのか、とぼくは思う。
落ち着かなければならない、とぼくは思う。
とめることができないのだ、とぼくは思う。
ぼくはどうかしているのだ、とぼくは思う。
(本文 「四日目」 にある語りの一部)

まだまだ続く。まだまだ続き、ようやく 「ぼく」 はある決意に至る。

「久保田ってさ、お昼、いつもどこで食べてるの? 」- それが最初の、やっと言えた言葉だった。

街を襲う謎の生命体の正体は依然不明のままで、その分余計に不安を煽る。誰もが非常事態と知りながら、敢えてそこから目を背けようとするのは、知るとなおさら恐怖が募り、動揺してわけがわからなくなってしまうからだろう。これは - 彼女に向けた 〈ぼく〉 の 〈迷妄〉 と、まるでそっくりではないか? 

この本を読んでみてください係数  85/100

シンドローム(キノブックス文庫)

◆佐藤 哲也
1960年静岡県浜松市生まれ。
成城大学法学部法律学科卒業。

作品 「イラハイ」「沢蟹まけると意志の力」「妻の帝国」「熱帯」「サラミス」「下りの船」他

関連記事

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 死んでいない者 &nb

記事を読む

『スペードの3』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『スペードの3』朝井 リョウ 講談社文庫 2017年4月14日第一刷 スペードの3 (講談社文

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎)_書評という名の読書感想文

『死ぬほど読書』丹羽 宇一郎 幻冬舎新書 2017年7月30日第一刷 死ぬほど読書 (幻冬舎新

記事を読む

『それもまたちいさな光』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『それもまたちいさな光』角田 光代 文春文庫 2012年5月10日第一刷 それもまたちいさな光

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 幸せのプチ (文春文庫)

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 しろいろ

記事を読む

『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版 白い部屋で月の

記事を読む

『さよなら、ニルヴァーナ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ニルヴァーナ』窪 美澄 文春文庫 2018年5月10日第一刷 さよなら、ニルヴァー

記事を読む

『殺人鬼フジコの衝動』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『殺人鬼フジコの衝動』真梨 幸子 徳間文庫 2011年5月15日初版 殺人鬼フジコの衝動 (徳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サ

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑