『45°ここだけの話』(長野まゆみ)_書評という名の読書感想文

『45° ここだけの話』長野 まゆみ 講談社文庫 2019年8月9日第1刷

45° ここだけの話 (講談社文庫)

カフェで、ファストフードで、教室で、ケアホームで、一見普通の人物が語りはじめる不可思議な物語。一卵性双生児、夢の暗示、記憶の改竄、自殺志願者など、ちりばめられた不穏なモチーフが導く衝撃の結末。読んでいるうちに物語に取り込まれ、世界は曖昧で確かなことなど何もないと気づかされる戦慄の九篇。(講談社文庫)

書いてあるのは、以下のような話のオンパレードで、それぞれが思いもしない “オチ” で終わります。いまある世界が反転するような、信じたものが跡形もなく消え去るような話ばかりが九篇、みごとに揃っています。

まずは、本書の冒頭に置かれた 「11:55」 を見てみましょう。主人公の 「私」 は、11:55の待ち合わせのため、しかし一時間も早く、ある駅中のカフェに入ります。そこで、二十数年前、中学三年だったときの同級生を目撃します。向こうは気づきませんが、「私」 はその男、川上一彦を忘れるはずがありません。かつて川上は、複雑きわまる手口を弄して、「私」 を恥ずべき盗撮の犯人に仕立て上げた張本人だからです。

その川上がなんと 「私」 の待ち合わせ相手である女性上司、通称クレハチと会って話を始めます。「私」 は、川上とクレハチに気づかれないのをいいことに二人の様子を覗き見ながら、まもなく炸裂することになる川上への復讐について思いをはせます。「私」 は、中学時代の盗撮事件の真犯人が川上であることを明かす証拠のフィルムを、中学校のタイムカプセルのなかに埋めこんでおいたのでした。そのタイムカプセルが予定より早く掘りだされたというニュースが昨日、報道されたのです・・・・・・・。

ところが、これがオチではないのです。約束の11:55 になり、「私」 のケータイに “ほんもの” のクレハチから電話がかかってきます。クレハチとはじつは編集者で、用件は11:55 が締め切りの原稿の催促なのでした。「私」 は、たった今書き上げたばかりの妄想の産物をメールでクレハチに送信します。「私」 の川上への復讐譚は、〇〇〇である 「私」 が、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇を見て妄想し、その場で〇〇〇〇〇〇〇だった、というのがオチなのです。(解説より/以下略)

次の短篇 「45°」 に登場する雨宮は聴覚過敏で、聞こえないはずの音まで聞える、いわば知覚の異常者です。知覚異常といえば、「+-」 の語り手 「ぼく」 の場合もそう。「2°」 に登場するリサの五感は混線状態で、脳のあちこちでショートや断線が起こっています。

- 「45°」 のカタロギは完全な記憶喪失に陥っていましたし、「×」 のハルユキも同じく記憶喪失者です。そればかりか、「/Y」 の志津先生が認知症であるのを始めとして、「45°」 のカタロギの父も、「+-」 のカコの母も認知症なのです。認知症とは単なる病理ではなく、「/Y」 で説明されるようにいわば記憶のエッシャー化であり、描かれているイメージと背景のどちらもが真実にも虚偽にも反転しうるような、精神の迷宮状態の表現なのです。そしてそれは本書 『45° ここだけの話』 の諸作品に共通する特色ともいえます。(同解説より/中条省平:学習院大学フランス語圏文化学科教授)

何が真実で、何が虚偽か? どこまでが本当のことで、どこからが妄想なのか? 時に宙に浮いたまま、心はどこにも着地しません。確かな事とは何なのでしょう? ぜひにも、その正体を探り当てたいものです。

この本を読んでみてください係数  80/100

45° ここだけの話 (講談社文庫)

◆長野 まゆみ
1959年東京都生まれ。
女子美術大学芸術学部産業デザイン科デザイン専攻卒業。

作品 「少年アリス」「天体議会」「新世界(全5巻)」「若葉のころ」「カルトローレ」「野川」「デカルコマニア」「八月六日上々天氣」他多数

関連記事

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 線の波紋 (小学館文庫)

記事を読む

『ダンデライオン』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『ダンデライオン』中田 永一 小学館 2018年10月30日初版 ダンデライオン 「くちびる

記事を読む

『よるのばけもの』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『よるのばけもの』住野 よる 双葉文庫 2019年4月14日第1刷 よるのばけもの (双葉文

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 佐渡の三人 (講談社文庫)

記事を読む

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫)

記事を読む

『炎上する君』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『炎上する君』西 加奈子 角川文庫 2012年11月25日初版 炎上する君 (角川文庫)

記事を読む

『夜明けの縁をさ迷う人々』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの縁をさ迷う人々』小川 洋子 角川文庫 2010年6月25日初版 夜明けの縁をさ迷う人

記事を読む

『さくら』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『さくら』西 加奈子 小学館 2005年3月20日初版 さくら (小学館文庫) 「この体で、また年を

記事を読む

『惑いの森』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『惑いの森』中村 文則 文春文庫 2018年1月10日第一刷 惑いの森 (文春文庫) 毎夜、

記事を読む

『阿弥陀堂だより』(南木佳士)_書評という名の読書感想文

『阿弥陀堂だより』南木 佳士 文春文庫 2002年8月10日第一刷 阿弥陀堂だより (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サ

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑