『大人になれない』(まさきとしか)_歌子は滅多に語らない。

『大人になれない』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年12月5日初版

大人になれない (幻冬舎文庫)

学校から帰宅し、母親に捨てられたと知った小学生の純矢。母の親戚・歌子の家に預けられたがそこはデブ女、無職の中年、67歳の引きこもりや毒親の老婆など、純矢が 「生きてる価値ない」 と思う大人の吹き溜まりだった。捨て子の自分も同類だと不貞腐れていたある日、「歌子が双子の姉を殺した」 と聞き探り始めるが。大人になれない大人たちの感動ミステリ。(幻冬舎文庫)

まずはこの物語に登場する主な人物を紹介しましょう。

森見カレン] 本名は勝子。勝子という名前が嫌で、自分をカレンと呼んでいます。シングルマザーの彼女は、一人息子に向けて 「これからは親戚の家で暮らしてくれる? 」 という置き手紙一枚を残したきりで、ある日突然行方知れずになります。どうやらカレンには、我が子より大事な夢があるらしい。
森見純矢] 勝子の息子。小学五年生。彼が行けと言われて行ったのは、万知田歌子の家でした。そこは防風林を挟んで北側に建つぽつんと一軒だけの 「ぼろ着をまとってじっと耐えている貧乏人といった印象」 の家でした。

万知田歌子] 38歳、独身。純矢が万知田家を初めて訪ねて行った時の歌子に対する彼の印象はというと、

ひとことで言うなら・・・・・・・いや、ひとことじゃとても言いきれないけど、まずデブ。デブとしてのバランスが完璧な、見本のようなデブ。でも、それよりも僕が圧倒されたのはその恰好だ。デブのくせにびたびたの黒いTシャツを着て、しかも胸にはSEXなんとかと書いてあるし、つぶれた大福みたいな腹がはみだしている。下は銀色のファスナーがたくさんついた黒いミニスカートで、大根どころじゃない迫力の足が剥きだしだ。(P14)

といったものでした。歌子という人物は、中々に正体を現しません。ただ、彼女が (純矢をはじめ数名の居候を含む) 万知田家の家計を一手に支えているのは確かなことで、それを苦にする素振りも見せません。歌子は、概ね、飄々としています。その上、思いのほか男にモテます。

万知田政江] 歌子の母。純矢は最初 “魔女” と見間違えたのでした。
万知田花子] 歌子の双子の姉。(防風林で首を吊って死んだはずの人)

亀山太助] 41歳。居候。万知田家の暮らしの中心を担いながら就活中。
江口修] 67歳。居候。万知田家で引きこもり中。
宇佐木毬男] 32歳のプー。歌子をこよなく愛し、できれば一緒になりたいと考えています。
早乙女美留久] 30歳。ほんのつかの間万知田家で居候。同じデブでも、歌子とは大違い。彼女は名字が嫌いで、名前も嫌い。思い通りにいかないことは、こうなったのは、全部親のせいだと思っています。

※舞台は、札幌のとある古びた一軒家。どういうわけでか、そこには 「大人になれない」 大人ばかりが集まっています。というか - 、では己の今までを振り返り、そもそも 「大人になる」 とは、人の、何がどうなることなのでしょう? 

それを知るために、「大人になれない」 大人の “手本” として示される、たとえば亀山太助や江口修や毬男や美留久のような、究極森見カレンのような人物は、ある意味とてもわかり易いキャラクターとして描かれています。

問題なのはやはり 「万知田歌子」 その人です。こまっしゃくれた小学生の純矢だけが、素の彼女、彼女が抱えて生きる心の闇に気付くのは、純矢もきっとそれに似た気持ちを抱えたままでどうすることもできずにいたからでしょう。

彼が今在る不確かな思いを晴らすには、”とりあえず大人な” 面々とは違い、大人になるために必要な、相応の時間を待たなければなりません。

この本を読んでみてください係数 85/100

大人になれない (幻冬舎文庫)

◆まさき としか
1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。

作品 「夜の空の星の」「完璧な母親」「いちばん悲しい」「途上なやつら」「熊金家のひとり娘」「ゆりかごに聞く」「屑の結晶」「ある女の証明」他

関連記事

『炎上する君』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『炎上する君』西 加奈子 角川文庫 2012年11月25日初版 炎上する君 (角川文庫)

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 王とサーカス (創元推理文

記事を読む

『Iの悲劇』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『Iの悲劇』米澤 穂信 文藝春秋 2019年9月25日第1刷 Iの悲劇 序章 Iの悲劇

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 泳いで帰れ (光文社文庫)

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 溺レる (文春文庫) &nb

記事を読む

『幾千の夜、昨日の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『幾千の夜、昨日の月』角田 光代 角川文庫 2015年1月25日初版 幾千の夜、昨日の月 (角

記事を読む

『折れた竜骨(下)』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『折れた竜骨(下)』米澤 穂信 東京創元社 2013年7月12日初版 折れた竜骨 下 (創元推

記事を読む

『いちばん悲しい』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『いちばん悲しい』まさき としか 光文社文庫 2019年10月20日初版 いちばん悲しい (

記事を読む

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初版 向こう側の、ヨーコ

記事を読む

『インストール』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『インストール』綿矢 りさ 河出書房新社 2001年11月20日初版 インストール &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

『犯罪調書』(井上ひさし)_書評という名の読書感想文

『犯罪調書』井上 ひさし 中公文庫 2020年9月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑