『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷

背中の蜘蛛

池袋署刑事課の課長・本宮夏生は、管内で起きた殺人を担当する。しかし捜査は、遅々として進まない。そんなとき捜査一課長から、殺された男の妻の過去を、ひそかに調べるように命じられる。命令系統から外れた捜査一課長の指示を怪しみながら、本宮はふたりの部下を使い、妻の過去を調べるのだった。

事件の犯人も殺人の動機も、分かってみればありふれたものである。だが、事件を解決に導いた、捜査一課長の命令は何だったのか。疑問が解かれぬまま、第二部顔のない目が始まる。

こちらは違法薬物の売人が爆殺され、尾行をしていた警視庁本部の組織犯罪対策部に所属する植木範和が負傷。事件は、植木と組んだことのある高井戸署の佐古充之が掴んだ情報により解決する。しかし情報の出どころが不鮮明だ。疑問を感じた植木は、その情報の出どころを突き止めようとする。そんな彼に声をかけたのが、今は捜査一課の管理官になった本宮であった。(細谷正充/「小説推理」 より抜粋)

二つの事件は (表向きには) 何ら関係のない、およそ別々のものでした。そして、捜査に当った現場の警察官のほとんどが、概ね事件は解決したと、そう信じて疑いもしませんでした。

ところが、二つは “繋がっているのではないか” と考えた人物がいます。最初の事件では池袋署刑事課の課長として事件に当った、次の事件では捜査一課の管理官となって事件を指揮した警視の、本宮夏生でした。

本宮は、「あること」 に気付きます。ありふれたかに思えた二つの事件に共通する、ある 「奇妙な点」 に、常にはない違和感を抱いたのでした。

それが 「何か」 はわかりません。ただ裏で 「何か」 が繋がっており、その 「何か」 のおかげで、事件は容易く解決したのではないかと。そう考えた本宮は、「奇妙な点」 に着目し、「あること」 の “真の出どころ” を探ろうとします。

このあと、読者の多くのみなさんは、おそらく得体の知れない現実に言葉を失くすことになります。今ある日常を、もしもあなたが何程の危機感も持たずに生きているとするなら、最大級のダメージを負うはずです。

あなたは、携帯電話の基地局に成りすまし、あらゆる通話を盗聴する 『スティングレイ』 という機材のことをご存じでしょうか? 米国で開発された、『PRISM』 や 『XKeyscore』 や 『バウンドレス・インフォーマント』 といった通信傍受システムについてはどうでしょう?

もしも、それらを駆使することで、我々のプライベートなすべての情報が剥き出しのままに晒されて好き勝手に閲覧され、場合によっては利用されたりしているとするなら、この先我々は何を以てそれに対することができるのか・・・・・・・

この警察小説はフィクションです。但し、今のところは。
あなたに、今の日本の現実を正面から見つめる覚悟はありますか? 
読むと、あなたはもうこれまでの日常には戻れなくなります。

この本を読んでみてください係数  85/100

背中の蜘蛛

◆誉田 哲也
1969年東京都生まれ。
学習院大学経済学部経営学科卒業。

作品 「妖の華」「アクセス」「ストロベリーナイト」「武士道セブンティーン」「ハング」「あなたが愛した記憶」「ケモノの城」他多数

関連記事

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 世界から猫が消えた

記事を読む

『地獄行きでもかまわない』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『地獄行きでもかまわない』大石 圭 光文社文庫 2016年1月20日初版 地獄行きでもかまわな

記事を読む

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 線の波紋 (小学館文庫)

記事を読む

『珠玉の短編』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『珠玉の短編』山田 詠美 講談社文庫 2018年6月14日第一刷 珠玉の短編 (講談社文庫)

記事を読む

『さよなら、田中さん』(鈴木るりか)_書評という名の読書感想文

『さよなら、田中さん』鈴木 るりか 小学館 2017年10月17日初版 さよなら、田中さん

記事を読む

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 銃とチョコレート (講談社

記事を読む

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『しゃべれども しゃべれども』佐藤 多佳子 新潮文庫 2012年6月10日27刷  

記事を読む

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』(姫野 カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』姫野 カオルコ 徳間文庫 2016年3月

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 さよなら渓谷 (新潮文庫)

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 笑う山崎 (ノン・ポシェット)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月1

『文庫版 オジいサン』(京極夏彦)_なにも起きない老後。でも、それがいい。

『文庫版 オジいサン』京極 夏彦 角川文庫 2019年12月25日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑