『愛のようだ』(長嶋有)_そうだ! それが愛なんだ。

『愛のようだ』長嶋 有 中公文庫 2020年3月25日初版

愛のようだ (中公文庫)

40歳にして免許を取得した戸倉は、友人須崎、その恋人琴美と3人で、伊勢神宮へドライブに出かけた。本当の願掛けにいくのだ。著者初の書き下ろし。最初で最後の泣ける恋愛小説。(「BOOK」データベースより)

日産のラシーン。 『キン肉マン』 の歌。 琴美は須崎のことが、好き。

「戸倉、メール教えて」 帰り際、琴美が短く発した要望は妙に切迫した響きだったが、単に言葉を発するのが疲れるだけだろう。俺は琴美の携帯を手に取り、自分のアドレス宛に空メールを入力して送信した。病院のロビーを出て車椅子でも通れるスロープを歩き、途中で須崎に問いかけた。

「琴美さんに会うの、久しぶりだったの? 」 入室しての第一声がそんな感じだった。
「本当、久しぶりに会うみたいだったなあ俺」 須崎は変な返事をした。
「先々週に入院してから、三日に一度は通ってるよ」 それなのにその都度 「久しぶり」 と感じるくらいに、みるみる相貌が変化しているのだという。

「手術に成功しても、再発のリスクは五割なんだとさ」 須崎は煙を吐きながらぼんやりと呟いた。
「そして、再発したら今度はもう百%ダメなんだと」 よく聞く話だ。「五年後生存率」 とかなんとか。

「そんなの」 俺はいった。そんなの、漫画なら 「類型的」 すぎる。
「大丈夫だよ」 俺は無理矢理煙草を吸い込んで、わざと勢いよく煙を吐いた。

「なんで」
「だって、琴美さん、そういうキャラじゃないもん」
「キャラじゃない、か」 漫画の専門家がいうのだから、そうかもな。須崎が励みに受け取ったのか、励まされた風にふるまってくれたのかは分からない。

(場面は飛んで) 伊勢神宮へ向かう途中、伊良湖岬から鳥羽行のフェリーに乗るところ。

ダッシュボードから車検証を取り出して須崎に手渡す。須崎一人、車を降りて発券場に向かった。琴美はペットボトルのお茶を一口ふくんだ。海猫かカモメが滑空している様を目で追っている。俺はスマートフォンでツイッターをチェックし始め、車内はしんとした。

「須崎ってさ・・・・・・・」
「うん」
「私のこと好きなのかな」 手に握ったスマホから、メールの受信を告げるチャイムが場違いに響いた。

「え、」 なにをいってるんだとスマホを膝に置き、背もたれから背を離した。チミたち、あれじゃないのかね、つき合ってるんじゃないのかね。
琴美は生真面目な顔で俺をみていたから、冗談めかすのはやめた。

「好きだろう」
「愛してるっていう好きかな」
「愛してるよ・・・・・・・うん、いや、絶対に好きだよ、でなければ・・・・・・・」 伊勢神宮をわざわざ選んだりしないだろう。

「そっか」 と琴美は遮った。その声がほっとしたような響きだったことに、またなんだか驚いた。外で海猫が鳴き、なにかのエンジン音も響いた。琴美はもう自分の、退院して買いかえたばかりのスマートフォンに目を落としていた。

このしばらくの後、(ある出来事を挟んで) 戸倉はいきなり “変な気持ち” になります。

その時生じた変な気持ちこそが、人を好きになった、恋に落ちたということだと気づくのに、戸倉はかなりの時間を要します。突然琴美のことが気になり出したのですが、本人はまだ、それについての自覚がまるでありません。

この本を読んでみてください係数  85/100

愛のようだ (中公文庫)

◆長嶋 有
1972年埼玉県草加市生まれ。
東洋大学第2部文学部国文学科卒業。

作品 「サイドカーに犬」「猛スピードで母は」「タンノイのエジンバラ」「ジャージの二人」「佐渡の三人」「私に付け足されるもの」「問いのない答え」「三の隣は五号室」他多数

関連記事

『私に付け足されるもの』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『私に付け足されるもの』長嶋 有 徳間書店 2018年12月31日初版 私に付け足されるもの

記事を読む

『鵜頭川村事件』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『鵜頭川村事件』櫛木 理宇 文春文庫 2020年11月10日第1刷 鵜頭川村事件 (文春文庫

記事を読む

『お引っ越し』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『お引っ越し』真梨 幸子 角川文庫 2017年11月25日初版 お引っ越し 内見したマンショ

記事を読む

『おらおらでひとりいぐも』(若竹千佐子)_書評という名の読書感想文

『おらおらでひとりいぐも』若竹 千佐子 河出書房新社 2017年11月30日初版 おらおらでひ

記事を読む

『イヤミス短篇集』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『イヤミス短篇集』真梨 幸子 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 イヤミス短篇集 (講談

記事を読む

『送り火』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『送り火』高橋 弘希 文藝春秋 2018年7月25日第一刷 送り火 春休み、東京から山間の町

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『永遠の1/2 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『永遠の1/2 』佐藤 正午 小学館文庫 2016年10月11日初版 永遠の1/2 (小学館文

記事を読む

『白衣の嘘』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『白衣の嘘』長岡 弘樹 角川文庫 2019年1月25日初版 白衣の嘘 (角川文庫) 苦

記事を読む

『あとかた』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『あとかた』千早 茜 新潮文庫 2016年2月1日発行 あとかた (新潮文庫) &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『プリズム』(貫井徳郎)_書評という名の読書感想文

『プリズム』貫井 徳郎 実業之日本社文庫 2022年8月9日初版第2

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑