『じっと手を見る』(窪美澄)_自分の弱さ。人生の苦さ。

『じっと手を見る』窪 美澄 幻冬舎文庫 2020年4月10日初版

じっと手を見る (幻冬舎文庫)

物語の舞台は、富士山が “誇るべき世界遺産” としてではなく、外の世界へ出ようとする者を阻む壁、または外の世界に出た人を引き戻す巨大な磁石のように感じられる町だ。

その町で介護士として働く、最後の身寄りである祖父を失くした女性・日奈。日奈の幼馴染でかつて恋人でもあった、同じく介護士の男性・海斗。ふるさとから出たことのない二人に、東京から来たデザイナーの男性・宮澤はここではないどこか広い世界を匂わせる存在だ。離婚により子どもの親権を失った女性・畑中は、誰かに自分を把握されるとその町から出て行くような生活を続けながらも、海斗とは職場仲間としても人間同士としても深く関わってしまう。

日奈と海斗、日奈と宮澤、宮澤とその妻、畑中と海斗、死へ向かう人間たちに触れ続ける介護という仕事のすぐ隣で繰り返される、手を伸ばしては離れてゆく男女たちの営み。そこで描かれるのは、決して世間的に “正しい” とされる感情ばかりではない。頁を捲るたび、私たちは、こうすべきではない、と頭で捉えている論理を軽々と砕く心の突起を把握していく。容赦ない心情描写に打ちのめされる、という表現は著者の作品の書評でよく見られるが、もちろんその要素もありつつ、読みながら実は、いびつながらも心の形を整えられているような安心感にも包まれる。(朝井リョウ/解説より)

読みながら実は、いびつながらも心の形を整えられているような安心感 にも包まれる - の 「安心感」 とは、一体どんな (心の) 状況をいうのだろう? (たぶん、考えるべきはそのことだと思う)

心と身体が相反し、身体が心を凌駕する。自分の心や身体でありながら、うまくコントロールできないでいる。

矛盾だらけで不完全で、どうしようもない。それでも関わり合いたいと願うのは、傍にいたいと思うのは、人の心の、何がそうさせるのでしょう?

宮澤と出会ったばかりに、生まれ育った町以外に思いを馳せるようになる日奈。日奈への思いを断ち切れないまま、同僚の畑中とは深い関係になり、家族を支えるために町に居続けるしかない海斗。

二人だけではなく、宮澤は。畑中は。宮澤の妻は。彼らはそれぞれに、何を思うのでしょう。

※背景にある「介護士」 という仕事のリアル。身につまされる描写は、安易に 「わかる」 とは言わせないだけの説得力があります。日奈にも海斗にも、言うべき言葉がありません。私は年老いて寝たきりになった親のおむつ一枚換える勇気がありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

じっと手を見る (幻冬舎文庫)

◆窪 美澄
1965年東京都稲城市生まれ。
カリタス女子中学高等学校卒業。短大中退。

作品 「晴天の迷いクジラ」「アニバーサリー」「やめるときも、すこやかなるときも」「ふがいない僕は空を見た」「さよなら、ニルヴァーナ」「アカガミ」他多数

関連記事

『地面師たち』(新庄耕)_書評という名の読書感想文

『地面師たち』新庄 耕 集英社文庫 2022年2月14日第2刷 そこに土地が

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『錆びる心』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『錆びる心』桐野 夏生 文芸春秋 1997年11月20日初版 錆びる心 (文春文庫) &

記事を読む

『金賢姫全告白 いま、女として』(金賢姫)_書評という名の読書感想文

『金賢姫全告白 いま、女として』金 賢姫 文芸春秋 1991年10月1日第一刷 いま、女として

記事を読む

『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版

記事を読む

『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)_書評という名の読書感想文

『殺戮にいたる病』我孫子 武丸 講談社文庫 2013年10月13日第一刷 新装版 殺戮にいたる

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『さくら』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『さくら』西 加奈子 小学館 2005年3月20日初版 さくら (小学館文庫) 「この体で、また年を

記事を読む

『サブマリン』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『サブマリン』伊坂 幸太郎 講談社文庫 2019年4月16日第1刷 サブマリン (講談社文庫

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑