『ここは私たちのいない場所』(白石一文)_あいつが死んで5時間後の世界

『ここは私たちのいない場所』白石 一文 新潮文庫 2019年9月1日発行

ここは私たちのいない場所 (新潮文庫)

順風満帆な会社員人生を送ってきた大手食品メーカー役員の芹澤は、三歳で命を落とした妹を哀しみ、結婚もしていない。ある日、芹澤は元部下の鴫原珠美と再会し、関係を持ってしまう。しかし、その情事は彼女が仕掛けた罠だった。自らの運命を変えた珠美と会い続けようとする芹澤。彼女との時間は、諦観していた彼の人生に色をもたらし始める - 。喪失を知るすべての人に捧げるレクイエム。(新潮文庫)

中瀬ゆかり 1964年6月3日生まれ。父は南方熊楠の研究家の中瀬喜陽。和歌山県田辺市出身。奈良女子大学文学部英語・英米文学科卒業。1987年、新潮社入社。現在は出版部部長。ハードボイルド作家の白川道とは事実婚関係にあった。

そんな彼女の手になる解説の冒頭部分。

この唯一無二の物語は、いまから4年前、2015年の7月5日付のメールに添付され、私の元に届けられた。本文には 「つたないものですが、約束していた原稿ができたので送ります。 白石一文」 と記されていた。

私が18年間連れ添った人生のパートナーでハードボイルド作家の白川道を大動脈瘤破裂という病で一瞬にして喪失してから - この小説の表現を借りれば、原稿が届いたのは 「白川がいなくなって80日後の世界」 だったわけだが、白石さんはそんな短時間で 「私のために」 この小説を書きあげてくれたのだ。「いま書いている小説は中瀬さんのためだよ」- 白川を亡くし、一人で家にいることが耐えられず逃げるように出てきたばかりの会社のデスクにかかった電話。その受話器の向こうでいつもの穏やかな口調で発してくれたあのセリフは、その場かぎりの慰めではなかったのだ。作家が、ひとりの編集者、それも担当でもない一編集者の喪失に寄り添い、こんな短期間に長編を書き上げてくれたのだ。なぜここまでしてくれたのか、その謎はこの小説を読んで、私なりに少しだけ解けた気がした。

誰かをどうしようもなく愛したことがある者。大事な存在を喪失したことのある者。そして、子供を持たない者。この三つのどれかに当てはまる人間なら、この小説の顕す人生観とその哲学的メッセージに共鳴しないはずがない。(以下略)

※とりわけ若い人には上手く理解できないかも知れません。慌てて読む必要はありません。読んで思いに浸るのは、五十、六十ぐらいがちょうどいいのだと思います。

この本を読んでみてください係数  80/100

ここは私たちのいない場所 (新潮文庫)

◆白石 一文
1958年福岡県福岡市生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。

作品 「一瞬の光」「すぐそばの彼方」「僕のなかの壊れていない部分」「心に龍をちりばめて」「ほかならぬ人へ」「翼」「火口のふたり」「一億円のさようなら」他多数

関連記事

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 火口のふたり (河出文庫)

記事を読む

『こちらあみ子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『こちらあみ子』今村 夏子 ちくま文庫 2014年6月10日第一刷 こちらあみ子 (ちくま文庫

記事を読む

『愚者の毒』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『愚者の毒』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2017年9月10日第4刷 愚者の毒 (祥伝社文庫)

記事を読む

『ゴースト』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『ゴースト』中島 京子 朝日文庫 2020年11月30日第1刷 ゴースト (朝日文庫)

記事を読む

『家系図カッター』(増田セバスチャン)_書評という名の読書感想文

『家系図カッター』増田 セバスチャン 角川文庫 2016年4月25日初版 家系図カッター (角

記事を読む

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 空中ブランコ (文春文庫)

記事を読む

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(庄司薫)_書評という名の読書感想文

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司 薫 中公文庫 1995年11月18日初版 赤頭巾ちゃん気をつけ

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫)

記事を読む

『勝手にふるえてろ』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『勝手にふるえてろ』綿矢 りさ 文春文庫 2012年8月10日第一刷 勝手にふるえてろ (文春

記事を読む

『 Y 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『 Y 』佐藤 正午 角川春樹事務所 2001年5月18日第一刷 Y (ハルキ文庫) [

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑