『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行

死んでもいい (ハヤカワ文庫JA)

「ぼくが殺しておけばよかった」 中学三年の不良少年・樋田真俊が何者かに刺殺された事件。彼にいじめを受けていた同級生・河石要は、重要参考人として呼ばれた取り調べでそう告白する。自分の手で復讐を果たしたかったのか、それとも・・・・・・・少年たちの歪な関係を描いた表題作他、ストーカーの女と盗癖に悩む女の邂逅から起きた悲劇 「その一言を」 など書き下ろしを含む全六篇を収録。人間の暗部に戦慄する傑作ミステリ短篇集。(ハヤカワ文庫)

どれもが手堅く面白い。ハズレがない。

色々考えさせられる。特筆すべきは、「不穏である」 - ということです。

死んでもいい
問題児だった中学生が刺殺され、被害者に暴行を受けていた同級生が事情聴取を受ける。だが、彼はぼくが、この手で殺したかったと思う。刑事と容疑者の少年の視点から緊迫感を持って話が進行するなかで、少年たちのバックグラウンドが浮かび上がってくる。犯人は誰か、動機は何かという謎で牽引するミステリ短篇だが、それだけでなく、やがて明かされる真実は意外性を持ったもの。読み手の先入観を打ち砕き、人間の欲望や関係性のことは当人しか分からない、という永遠の真実を突き付けてくる。(解説から抜粋)

※少年は 「ぼくが殺しておけばよかった」 - そう証言したのだった。後日、彼は 「死んでもいい」 という事態を迎えることになる。

ママがこわい
からたねおがたま」 (漢字で書くと、唐種招霊。全国の神社によくある木らしい)
こちらもまた、危険性を持った女性が登場する。叔父の葬儀のために数十年ぶりに故郷を訪れたわたしは、元義姉と再会。なぜがつくのかというと、彼女は父親の再婚相手の連れ子だったのだが、四年後に親たちは離婚したのだった。その時期わたし はまだ小学生だったが、義姉との間に穏やかではない思い出がある。大人になった今、彼はその出来事を振り返り、そして、おそらくもう元には戻れないだろう一歩を踏み出す。自分のために。その決意の大きさが胸に迫ってくる作品だ。(同上)

※もう子供ではない 〈わたし〉 は、目を閉じてこめかみを指で押さえる。鼻孔を通して、脳まで突き抜けるような匂いだった。息苦しいほど濃厚で、濃密だ。くらり、と四たびめまいが襲う。とても淫靡で、むせかえるほどの芳香。「かくれんぼなんかより、もっと、ずっとおもしろいこと教えてあげる」- その時祥子は 〈わたし〉 に顔を寄せ、そう囁いたのだった。

その一言を
ストーカーの女性が、つきまとっていた男性の妻を白昼堂々鉈で襲うという事件が発生。刑事が取り調べを始めると、彼女は微笑みながら、自分は彼の妻で、配偶者を奪われたから奪い返しただけだ、と主張する。そして回想パートでは過酷な少女時代が描かれるのだが・・・・・・・。こちらもまた嫌な人間が続々登場。なぜ一人の女性がストーカーとなり凶行に走るに至ったか、その経緯が明かされていく構造だと思って読み進めていくと、いや、たしかにそうした構造なのだが、何重にもひねりが効いていて、待っているのは意外な展開だ。これは読み終えた時にタイトルの意味がじわじわと沁みてくる。登場人物たちが心の奥底で欲していた一言とは、それぞれ一体なんだったのか。じっくり噛みしめてみたくなるはずだ。(同上)

※女は、自分は 「麻生直海」 だと言った。”麻生” は、女がここ半年というものストーキングしていた男の姓である。男は麻生正弘といい、れっきとした配偶者がいた。にもかかわらず、女はさも当然のように 「妻はわたしです」 と言うのだった。男との関係を訊かれると、いかにも不思議そうに、きょとんとした目で、そう言うのだった。

彼女は死んだ
タイトル未定

※以上の六篇。どこから読んでも大丈夫。但し 「タイトル未定」 は最後に読むように。

この本を読んでみてください係数 85/100

死んでもいい (ハヤカワ文庫JA)

◆櫛木 理宇
1972年新潟県生まれ。
大学卒業後、アパレルメーカー、建設会社などの勤務を経て、執筆活動を開始する。

作品 「ホーンテッド・キャンパス」「赤と白」「侵蝕 壊される家族の記録」「僕とモナミと、春に会う」「209号室には知らない子供がいる」「死刑にいたる病」他多数

関連記事

『殺人出産』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『殺人出産』村田 沙耶香 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 殺人出産 (講談社文庫)

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 しろいろ

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』(竹内明)_書評という名の読書感想文

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内 明 講談社 2017年9月26日第一刷

記事を読む

『落英』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『落英』黒川 博行 幻冬舎 2013年3月20日第一刷 落英   大阪府警薬

記事を読む

『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版 ドアの向こうに (創元推

記事を読む

『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷 十一月に死んだ悪魔 (

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『二度のお別れ』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『二度のお別れ』黒川 博行 創元推理文庫 2003年9月26日初版 二度のお別れ (創元推理文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑