『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷

幸せのプチ (文春文庫)

夜中になると町を歩き回るという、銀色の仮面をつけた男。
不気味な男の正体を探る少年に、中年の警官は言った。
「あの人は悪いことはしないから安心していい。いつか君にもわかるときがくる」-

都電が走るこの下町には、どこか不思議で、ささやかな奇跡が起きる。
ほっぺが落ちる 「ほそ長いコロッケパン」 に、みかければラッキーな 「白い野良犬」、迷路のような道路の先にそびえる銭湯の高い煙突、赤い公衆電話。

キミはもしかして、大切な人を亡くした経験があるのかい?

その町に出かければ、若い自分が残してきた苦い記憶、生きている限り忘れないあの光景に出会えるのだろうか。町の名前は、琥珀 (こはく)-

1970&1980年代の懐かしいアイテム、思い出を背景に繰り広げられる、ひとりひとりの切実な人生模様。文庫化で大幅に修正加筆! 涙腺決壊、追憶切実な連作集。(文藝春秋BOOKSより)

[目次]
第1話 追憶のカスタネット通り
第2話 幸せのプチ
第3話 タマゴ小町とコロッケ・ジェーン
第4話 オリオン座の怪人
第5話 夜に旅立つ

昭和40年代から50年代くらいにかけての東京の下町の話。当時の空気が色濃く漂うノスタルジックな物語は、特別なものは何ひとつ出てはきません。すべては出会いと別れで、それはいつの時代のどんな町であってもあるような見慣れた光景でしょう。

時に、不思議なことが起こります。しかし、思い起こしてみれば、それとよく似た経験をかつて自分もしたような、わかってみれば何でもないような、そんなことに怖気づいたり感動したりであったような気がします。大抵は、大したことではありません。

町の名前は 「琥珀」 といいます。時代の、そして町の “匂い” を感じてください。たぶん、若い人にはわからない。50歳を挟んで前後の人ならきっと伝わるはずです。

この本を読んでみてください係数 80/100

幸せのプチ (文春文庫)

◆朱川 湊人
1963年大阪府生まれ。
慶応義塾大学文学部卒業。

作品 「白い部屋で月の歌を」「都市伝説セピア」「花まんま」「さよならの空」「かたみ歌」「わくらば日記」「月蝕楽園」「冥の水底」他多数

関連記事

『スリーピング・ブッダ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『スリーピング・ブッダ』早見 和真 角川文庫 2014年8月25日初版 スリーピング・ブッダ

記事を読む

『水声』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『水声』川上 弘美 文春文庫 2017年7月10日第一刷 水声 (文春文庫) 1996年、わ

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『自由なサメと人間たちの夢』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『自由なサメと人間たちの夢』渡辺 優 集英社文庫 2019年1月25日第一刷 自由なサメと人

記事を読む

『ジェントルマン』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ジェントルマン』山田 詠美 講談社文庫 2014年7月15日第一刷 ジェントルマン (講談社

記事を読む

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』(北川恵海)_仕事や人生に悩む若いあなたに

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年12月25日初版

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『消滅世界』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『消滅世界』村田 沙耶香 河出文庫 2018年7月20日初版 消滅世界 (河出文庫) 世界大

記事を読む

『センセイの鞄』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『センセイの鞄』川上 弘美 平凡社 2001年6月25日初版第一刷 センセイの鞄 (文春文庫)

記事を読む

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版 ソウ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サ

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑