『サムのこと 猿に会う』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『サムのこと 猿に会う』西 加奈子 小学館文庫 2020年3月11日初版

サムのこと 猿に会う (小学館文庫)

そぼ降る雨のなか、様々なことが定まらない二十代男女5人が、突然の死を迎えた仲間の通夜に向かうところから始まる 『サムのこと』。
二十代半ばの、少し端っこを生きている仲良し女子3人組が温泉旅行で、「あるもの」 に辿り着くまでを描いた 『猿に会う』。
小説家志望の野球部の友人と、なぜか太宰治の生家を訪ねることになった高校生男子が、そのまま足を伸ばした竜飛岬で、静かに佇む女性に出会う 『泣く女』。
人生の踊り場のようなふとした隙間に訪れる、「何かが動く」 瞬間を捉えた初期3作を新たに編んだ短編集。(小学館文庫)

サムのこと
仲間は全部で6人。死んだのはサムでした。
サムの名前は伊藤剛。なぜか、知り合った頃からサムはサムでした。スミはそのまま角で、モモは桃子、キムは金で、ハスは蓮見。「僕」 は有本でアリで、スミだけひとつ年上で、あとは全員同じ年の26歳。僕らが出会ったのは、10代の終わりでした。

その日は午後から雨でした。僕らは誰も喪服を持っていません。それでも皆が何とか黒い服を準備して、桃谷駅のメモリアルパークに向かいます。

猿に会う
二十五歳になっても彼氏おらんいうのはあかんのちゃうん、と、きよちゃんに言われて、さつきちゃんは、ぐう、と、下唇を噛んだのだけど、さつきちゃんの前歯は、なんか丸いから、ラムネを二個、ふざけて唇にはさんでいるみたいに見える。

二十歳くらいまでやったら、処女の女の子とか、男の子は喜ぶかも知らんけど、数えで二十六で経験がない、て言うと、ひるんでまうで?

これはある日のきよちゃんとさつきちゃんのやり取りです。きよちゃんはあくまで数え年にこだわります。二人のほかにもう一人、まこちゃんがいます。

三人が出会ったのは、中学一年生で、蒼井きよ、明石さつき、飯田まこ、という出席番号順で仲良くなったのでした。それからおよそ十年。今も実家暮らしの三人は、驚くべきことに、現在も中学生並みの精神的かつ身体的レベルを維持しています。年に一度の楽しみに、今年は日光東照宮へ旅行に行くと決めました。

泣く女
小学校の頃から、堀田とノリオは野球少年でした。高校では県大会の決勝まで行き、そこで二人の夏は終わったのでした。
ノリオには推薦の話が来ており、そのまま進学して野球を続けるつもりでした。堀田も当然野球を続けるだろうと思っていると、県大会が終わった後、今後どうするのだ、と聞いたノリオに、堀田はこう言ったのでした。

「小説家になる。」
「決勝で負けて、決心したわ。俺、野球もめっちゃ好きやけど、やっぱり小説家になりたいねん。太宰みたいな、小説家。」

最後の夏の思い出に東京へ行こうと誘うノリオの気持ちを無下にして堀田が青森へ行こうと言ったのは、そこが太宰の故郷だったからでした。

※「何かが動く」 瞬間とは - 、気付くとそれは、その後のあなたの人生においてかなり大きな意味を持つような。好むと好まざると、あなたの何かを決定付けてしまうような。そこから先の人生になくてはならないような。そんなものの 「気配」 のことでしょうか? 

この本を読んでみてください係数 85/100

サムのこと 猿に会う (小学館文庫)

◆西 加奈子
1977年イラン、テヘラン生まれ。エジプト、大阪府堺市育ち。
関西大学法学部卒業。

作品 「あおい」「さくら」「きいろいゾウ」「漁港の肉子ちゃん」「通天閣」「円卓」「ふくわらい」「サラバ!」他

関連記事

『最後の証人』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『最後の証人』柚月 裕子 角川文庫 2018年10月30日8刷 最後の証人 (角川文庫)

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版   1

記事を読む

『貞子』(牧野修)_書評という名の読書感想文

『貞子』牧野 修 角川ホラー文庫 2019年4月29日初版 貞子 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』西村 賢太 文春文庫 2020年12月10日第1刷

記事を読む

『錆びる心』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『錆びる心』桐野 夏生 文芸春秋 1997年11月20日初版 錆びる心 (文春文庫) &

記事を読む

『少女』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『少女』湊 かなえ 双葉文庫 2012年2月19日第一刷 少女 (双葉文庫) 親友の自殺を目

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『ドクター・デスの遺産』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ドクター・デスの遺産』中山 七里 角川文庫 2020年5月15日4版発行 ドクター・デスの

記事を読む

『水声』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『水声』川上 弘美 文春文庫 2017年7月10日第一刷 水声 (文春文庫) 1996年、わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑