『業苦 忌まわ昔 (弐)』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『業苦 忌まわ昔 (弐)』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2020年6月25日初版

業苦 忌まわ昔(弐) (角川ホラー文庫)

志を立て腹に宿った釈迦如来。親子の情が通じない無情なあの世。色男を焦がれ死させた冷酷な美女。妻に追い立てられて老いた姨母を山に捨てた夫 - 。これは昔か現代か。それは夢か現か幻か。過去を語ることで浮き上がる、忘れていた忌まわしい今・・・・・・・。「今昔物語集」 の著名な説話をもとに、鋭敏な感性と観察眼で現代に起こった凄惨な事件を解釈した、比類なき怪異譚。人間の本質を巧みにあぶりだす人気シリーズ第2弾! (角川ホラー文庫)

池の尾の禅珍内供の鼻の語 (巻第二十八第二十話)
京都の池尾に、禅珍という鼻が五、六寸もある僧が住んでいた。鼻は赤紫でつぶ立ち膨れ上がっていて、しかも痒くなる。鼻は茹でて油抜きをすると、普通の人のもののようになるが、二、三日すると元に戻ってしまう。食事も、ある法師に鼻を持ち上げてもらい食べる始末。あるとき、別の童がその役を代わったが粗相をして禅珍は怒る。「もし高貴なお方の鼻を持ち上げる最中だったらどうするつもりだ! 」

- という話を、著者流に現代版にすると、「娘が語るパパの話」 に変わります。

パパは、ある日いきなり変なスイッチが入ったのではなく、何の前触れもなく急に壊れたのでもなくて、徐々に、ゆっくり、次第に、しかし確実に変わっていったのでした。

パパはけっこう自慢の、とまではいかなくても、そんな恥ずかしい人でも困ったおじさんでもありませんでした。娘が中学に入るまでは、間違いなくちゃんとしたパパで旦那さんで会社員で、職場でも家でも近所周りでも、真面目で優しくてきちんとした人として見られていました。

都内の有名私大を出て、実家がある隣県の町では知られた会社に勤め、ママにいわせると出世は遅めだっていうけど、ちゃんと役職にも就いていました。

ところが、あるときから、朝起きたらパパがまだ寝ていたり、学校から帰ってきたらリビングでぼーっとテレビを眺めていたりするようになりました。「なんで、パパがいるの」 と訊くと、ママは 「まぁ、いろいろあるのよ」 「パパはちょっと体調を崩して、会社にしばらくの間お休みをもらったの」 と言いました。

陰気なお地蔵さんみたいな顔と質感のパパがリビングにどーんといると、家全体の空気が重く澱んだようになりました。そして、それはやがてパパだけのことではなくて、我が家そのものが徐々に、ゆっくり、次第に、しかし確実におかしくなっていったのでした。

パパはいつの間にか、ママに一言の相談もなく会社を辞めていました。パパには、暴力を振うとか暴れるとか、お酒を飲んでおかしくなるとか、そういう派手な困りごとはありません。ひたすら暗く、家にも自分の殻にも閉じこもっていたのでした。

パパは更なる変化を遂げます。あるとき、「右手が腫れあがって、大きくなっている。いつもむずがゆくて、腫れぼったい。何か無数の虫が、皮膚の下に湧いているような気もする」 そんな気持ち悪いことを言い出したのでした。

「重くて右手が持ちあがらなくて、寝返りを打つのも困る。この右手がある限り、外出なんか絶対できない」 パパは自分の右手のこととなると、よく喋ります。「ほら。こんなに赤紫色になって、ミカンの皮みたいにでこぼこ、ぶつぶつしている。なんだか蠢くものが透けてるだろ」 などと言います。

私やママから見ると、パパの右手は別に何の異変もありません。腫れてもいないし、虫なんか湧いているわけがないし、変色もしていません。でこぼこやつぶつぶもありません。

しかし私とママは、パパの言うことを真っ向から否定することができません。はっきり言って、パパが怖かったからです。絶対におかしなことを言っているパパは、もはやパパにしか見えない世界に入り込んでいたのですから。(続く)

この本を読んでみてください係数 85/100

業苦 忌まわ昔(弐) (角川ホラー文庫)

◆岩井 志麻子
1964年岡山県和気郡和気町生まれ。
岡山県立和気閑谷高等学校商業科卒業。

作品 「ぼっけえ、きょうてい」「チャイ・コイ」「夜啼きの森」「岡山女」「自由戀愛」「現代百物語」シリーズ 他多数

関連記事

『きみのためのバラ』(池澤夏樹)_書評という名の読書感想文

『きみのためのバラ』池澤 夏樹 新潮文庫 2010年9月1日発行 きみのためのバラ (新潮文庫

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 緋い猫 (祥伝社文庫) 17歳

記事を読む

『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行 硝子の葦 (新潮文庫) &nb

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『孤狼の血』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『孤狼の血』柚月 裕子 角川文庫 2017年8月25日初版 孤狼の血 (角川文庫) 昭和63

記事を読む

『朽ちないサクラ』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『朽ちないサクラ』柚月 裕子 徳間文庫 2019年5月31日第7刷 朽ちないサクラ (徳間文

記事を読む

『暗い越流』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『暗い越流』若竹 七海 光文社文庫 2016年10月20日初版 暗い越流 (光文社文庫) 5

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 庭(新潮

『プリズム』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『プリズム』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2014年4月25日初版

『ナキメサマ』(阿泉来堂)_書評という名の読書感想文

『ナキメサマ』阿泉 来堂 角川ホラー文庫 2020年12月25日初版

『諦めない女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『諦めない女』桂 望実 光文社文庫 2020年10月20日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑