『兄の終い』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『兄の終い』村井 理子 CCCメディアハウス 2020年6月11日初版第5刷

兄の終い

最近読んだ本の中では文句なくNO.1。実話ですが、小説よりむしろ 「小説らしく」 書いてあります。

事実をありのままに書いただけなら、こうはなりません。事が事だけに、只々昏い話に終始したことでしょう。

事実の奥に、このエッセイには目には見えない物語があります。望まざる現実を前にして、それでも前に進もうとする強い覚悟が感じられます。そしてそれは故人に向けた、惜しみない愛ゆえのことなんだろうと。

何もかもが嫌いで、長い間疎遠にしていた兄が死んだこと。遠方で暮らしていた兄の遺体を引き取るために、5日間と決め、たった一人の身内である著者は、はるか東北の町へと向かうのでした。

一刻もはやく、兄を持ち運べるサイズにしてしまおう。
憎かった兄が死んだ。残された元妻、息子、私いもうと)- 怒り、泣き、ちょっと笑った5日間。

疎遠だった兄が54歳で脳出血で突然死した。離婚後、親権を得て育てていた10歳の息子が発見者だ。父母はすでに他界、唯一の大人の身内である著者に、警察署から遺体を引き取るよう電話がかかってきた。

体を壊し、職を失い、貧困からはい上がることなく死んだ兄。金を無心されるなど迷惑な存在だった兄を著者は徹底的に避けて暮らしてきた。しかし、遺品を整理する中、兄が必死に生きていた痕跡を目にし、著者の気持ちは揺れ動く。兄を火葬し、住んでいた部屋を片付けた5日間の出来事をつづった実話。(CCCメディアハウス)

※これまで何人もの人の葬儀に立ち合ってきました。幸せだった人ばかりではありません。苦労しただけの人生だった人もいます。年を取り、死ぬことがずいぶん身近になったような気がします。

登場する人物の誰に肩入れするかでも、「物語」 の意味は大きく違ってくることでしょう。私は、死んでしまった兄の元妻・加奈子ちゃん (凡そ40歳くらい) のことがとても好きになりました。

美人であるのもさることながら、別れて7年も経つというのに死んだ元夫に対する悪気のなさに。汚れた部屋をおかまいなしに、実の妹である著者よりもなお精力的に動き回る、そのバイタリティーに。

親権を譲り、離れて暮らす息子・良一に向けた不断の愛に。人として、母として、手本を見るような思いで読みました。諸々の後始末の最中、彼女は一度も泣きません。良一の転校の手続きを終え、すべてが完了し、家族揃って帰る段になって初めて少し泣きます。

この本を読んでみてください係数 85/100

兄の終い

◆村井 理子
1970年静岡県生まれ。翻訳家/エッセイスト

作品 「犬ニモマケズ」「犬(きみ)がいるから」「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」「ブッシュ妄言録」など

関連記事

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『レキシントンの幽霊』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『レキシントンの幽霊』(沈黙)村上 春樹 文春文庫 1999年10月10日第1刷 レキシントンの幽

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 哀原 (1977年) 原っぱ

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版 いつか深

記事を読む

『犬婿入り』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『犬婿入り』多和田 葉子 講談社文庫 1998年10月15日第一刷 犬婿入り (講談社文庫)

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『熊金家のひとり娘』(まさきとしか)_生きるか死ぬか。嫌な男に抱かれるか。

『熊金家のひとり娘』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年4月10日初版 熊金家のひとり娘

記事を読む

『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版 異類婚姻譚  

記事を読む

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田 詠美 幻冬社 2013年2月25日第一刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑