『図書準備室』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/04/30 『図書準備室』(田中慎弥), 作家別(た行), 書評(た行), 田中慎弥

『図書準備室』 田中 慎弥 新潮社 2007年1月30日発行


図書準備室 (新潮文庫)

 

田中慎弥は変な人ではない。

芥川賞の受賞会見で世間を”お騒がせ”したのは有名すぎる話です。

マスコミで再三その場面が映し出される度に、「あのオジサンは何物?」と首を傾げた人も多かったはずです。

でも、田中慎弥という人は思うほど変人ではないと私は思っています。

思い出してみれば、中学や高校時代にあんな感じで話す同級生が必ず一人や二人はいましたよね。

意見を求められると自信たっぷりに持論を展開するものの、大抵それはネガティブな内容で却下されてしまいます。

でも、本人はたいして落胆している風でもないし、そもそも自分の意見に対する反応などはなから期待していないのです。

聞かれたから言ったまでよ、というなかなかに潔い態度でもって決して議論を長引かすようなこともしません。

彼にとっては元々どうでもいい、関心のないことなのですから。

田中慎弥という人の実像は、実は言葉の威勢ほど棘があるわけでもなく、自分を見失わないよう防御の手段として皮肉の仮面を被っているだけではないか。

私にはそう思えてなりません。

 

『図書準備室』では”田中慎弥節”が炸裂します。俺の思うように書いてやる、という気迫がびしばし伝わって来ます。

「30歳になっても働かない理由」を延々と語り続ける、おそらく作者の分身である作中人物の執拗さというか、エネルギーには感服します。

話はどんどん脇道へ逸れていくのですが、それも計画的に練られた策略で、詳細を極め容赦がない一人語りが延々と続きます。

特に学校生活のディテールの描写は、よくぞそんなことまで憶えているなと感心させられますが、作者の相当屈折した当時の心情が剥き出しで少し胸が痛みます。

この小説は、正直感想を書くのが大変難儀です。

間違えば全く的外れの恥ずかしい代物になってしまいそうで、敢えて書くには相当の覚悟が必要です。

感想云々と言う前に、読むのを途中でギブアップした人もたくさんいるだろうし、逆にあれは面白い、傑作だという人もまた多いのだろうと思います。

芥川賞の候補にもなった作品だから何か突出したものがあるはずだ、それが分からないのは読み手の頭が悪いのだと自分を責めた人もいたはずです。

とにかく最後まで読みはしましたが、悲しいかな私にはよく分かりませんでした。正しく話の筋が追えたかと問われれば、残念ながらNOと言わざるを得ません。

長い長い一人語りを、義務のように読んだだけです。とても直球の感想は書けません、降参です。

 

田中慎弥の本は何冊か読んでいましたし、(会見の姿からは想像できない)綺麗な文章を書く人で、作品には昭和の匂いが残っていて好きでした。

『図書準備室』はきっと学生の頃実際に体験した「甘酸っぱくてほろ苦い青春物語」なんだろうと勝手に思い込んで、よく見もせずに買った本です。

タイトルと表紙のイラストに惑わされました。今更ですが、表紙の少年もよく見るとかなり不気味な絵です。

 

尚、『図書準備室』にはもう一編新潮新人賞を受賞した「冷たい水の羊」が収められています。

 

この本を読んでみてください係数 55/100


図書準備室 (新潮文庫)
◆田中 慎弥

1972年山口県下関市生まれ。

山口県立下関中央工業高等学校卒業。大学受験に失敗、以後一切の職業を経験せずに過ごす。

作品 「切れた鎖」「神様のいない日本シリーズ」「犬と鴉」「共喰い」「夜蜘蛛」「燃える家」など

関連記事

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『アレグリアとは仕事はできない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『アレグリアとは仕事はできない』津村 記久子 ちくま文庫 2013年6月10日第一刷 アレグリ

記事を読む

『ただいまが、聞きたくて』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ただいまが、聞きたくて』坂井 希久子 角川文庫 2017年3月25日発行 ただいまが、聞きたくて

記事を読む

『問いのない答え』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『問いのない答え』長嶋 有 文春文庫 2016年7月10日第一刷 問いのない答え (文春文庫)

記事を読む

『サキの忘れ物』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『サキの忘れ物』津村 記久子 新潮社 2020年6月25日発行 サキの忘れ物 見守って

記事を読む

『ピンザの島』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『ピンザの島』ドリアン 助川 ポプラ文庫 2016年6月5日第一刷 ピンザの島 &nbs

記事を読む

『レディ・ジョーカー』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『レディ・ジョーカー』(上・下)高村 薫 毎日新聞社 1997年12月5日発行 レディ・ジョー

記事を読む

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『あの日のあなた』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『あの日のあなた』遠田 潤子 角川事務所 2017年5月18日第一刷 あの日のあなた (ハルキ

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『兄の終い』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『兄の終い』村井 理子 CCCメディアハウス 2020年6月11日初

『ドクター・デスの遺産』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ドクター・デスの遺産』中山 七里 角川文庫 2020年5月15日4

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』草凪 優 実業之日本社文庫 20

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 肉弾

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑