『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

ボニン浄土

刺客は、思わぬところからやって来た。

1840年、気仙沼から出航した五百石船・観音丸は荒天の果てに、ある島に漂着する。そこには、青い目をした先住民たちがいた。彼らは、その地を 「ボニン・アイランド」 と告げた。
時を隔てた現在。すべてを失った中年男は、幼少期、祖父が大切にしていた木製の置物をふとしたことで手に入れる。それを契機に記憶が蘇り、彼は、小笠原行のフェリーに足を向けた。物語は、ゆっくりと自転を始める。怒りと赦し 超弩級の人間ドラマ(小学館)

日本 (東京) のはるか南の 「小笠原諸島」 が舞台となった小説を初めて読みました。選んでこの本を読んだのは、著者の 『愚者の毒』 を読んだからです。何か禍々しいもの、そして後にやって来る 「正しく生きた人の証」 のようなものを読みたいと思いました。
*******
1593年に小笠原貞頼という人物が、太平洋の真ん中に諸島を発見し、よって小笠原諸島と名付けられたとなってはいるが、この説には不明瞭な点が多いとあった。1670年に、阿波国の蜜柑船が母島に漂着する。これが文献に残る初めての正式な発見となる。彼らは本土に生還し、伊豆の奉行所に島の存在を報告した。

それに基づき、5年後には幕府から送られた調査団が巡検を行う。その時に作成された地図には 「無人島(むにんしま)」 と記された。英名でボニン・アイランドと称されるのは、この地図が始まりだ。

その約200年後の1830年にやって来た5人の欧米人と20人余りのハワイアンが、初めて父島に定住する。ハワイアンとは、ハワイ王国のオアフ島やその他太平洋諸島出身の使用人として雇われた女性たちだった。

鎖国中の日本では、大洋を航海できる大型船を造ることは禁じられていたので、小笠原に来る日本人は、もっぱら海で遭難した船の乗組員たちだった。彼らは島に定住することはなく、船を再建して去って行った。

文献にはそのうちのいくつかの事例が記されている。1840年に陸奥国気仙沼の船、観音丸が父島に漂着した。上陸した7人のうち、1人が島で亡くなったとある。残りの6人が翌年に手造りの船で出航し、下田に無事帰着した。

その時御役所の吟味を受けた際の口述書が残っていた。船頭の源之丞以下6人は、ボニン・アイランドで異国の人々から親切な待遇を受けた。若い水主(かこ) の1人が滞在中に病気で死んだが、島民らの協力もあり、船を再建できたので、それで戻って来た。(P172.173)

ボニン・アイランドに滞在中に病気で死んだという観音丸の乗組員 - その青年は名を吉之助といったのですが、実は、吉之助は死んでなどいません。島で出会った海の天女、死んでしまったマリアを想い、島に残ると決めたのでした。

死んだマリアと島に残ると決めた吉之助の、二人の恋の話 - これが一等最初の物語。他に、現代の日本で今を生きる2人の人物の、生き辛さを語る話が並行して進んで行きます。

時空を超え、やがて3つは重なり、ある物語へと帰結して行きます。その舞台が小笠原 - 誰が付けたか 「ボニン浄土」 と呼ばれた島でした。

※ “ボニン” の響きは “浄土” という言葉のイメージにとてもよく似合っていると思います。「ボニン浄土」 とは、どこか遠くの、(人のかたちをした) 人ではない誰かが住むところ。永遠の命を与えられ、穏やかに生きるためだけに生きている、そんなものたちがいる “楽園” に似たイメージがあります。

この本を読んでみてください係数 85/100

ボニン浄土

◆宇佐美 まこと
1957年愛媛県松山市生まれ。
松山商科大学人文学部卒業。

作品 「るんびにの子供」「愚者の毒」「虹色の童話」「入らずの森」「角の生えた帽子」「死はすぐそこの影の中」「熟れた月」他

関連記事

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『きれいなほうと呼ばれたい』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『きれいなほうと呼ばれたい』大石 圭 徳間文庫 2015年6月15日初刷 きれいなほうと呼ばれ

記事を読む

『ハコブネ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『ハコブネ』村田 沙耶香 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 ハコブネ (集英社文庫)

記事を読む

『ミーツ・ガール』(朝香式)_書評という名の読書感想文

『ミーツ・ガール』朝香 式 新潮文庫 2019年8月1日発行 ミーツ・ガール (新潮文庫)

記事を読む

『不連続殺人事件』(坂口安吾)_書評という名の読書感想文

『不連続殺人事件』坂口 安吾 角川文庫 1974年6月10日初版 不連続殺人事件 (角川文庫)

記事を読む

『貴婦人Aの蘇生』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『貴婦人Aの蘇生』小川 洋子 朝日文庫 2005年12月30日第一刷 貴婦人Aの蘇生 (朝日文

記事を読む

『ファーストクラッシュ』(山田詠美)_ 私を見て。誰より “私を” 見てほしい。

『ファーストクラッシュ』山田 詠美 文藝春秋 2019年10月30日第1刷 ファースト クラ

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 八月は冷たい城 (講

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『4TEEN/フォーティーン』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『4TEEN/フォーティーン』石田 衣良 新潮文庫 2005年12月1日発行 4TEEN (新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑