『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭 角川ホラー文庫 2020年9月25日初版

小説 ドラマ恐怖新聞 (角川ホラー文庫)

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 「オトナの土ドラ」 初のホラー ドラマ恐怖新聞を完全ノベライズ!

恐怖新聞とは、未来に起こるありとあらゆる災厄を予言するもの。1日読むごとに、100日ずつ寿命が縮んでしまう。

京都市内の大学に通う小野田詩弦(しづる) の下に届いたのは、様々な事件や事故を予言する恐怖新聞。詩弦は未来を変えようと奮闘するが、新聞を1度受け取るごとに100日ずつ寿命が縮まることを知り困惑する。自分を守るため、恐怖新聞の次なる契約者を探すも死へのカウントダウンは止まらない。悪夢のような毎日が続き彼女の日常が崩れ始めた時、さらなる壁が立ちはだかる。つのだじろうの名作を実写化したドラマを完全ノベライズ! (角川ホラー文庫)

世界が再び歪む。
翻弄される意識の中で、詩弦はその声を聞いた。
「シズが跡形なく消え去った後、時折、不吉な凶事を記した紙が道端で見つかるようになった・・・・・・・」
聞き覚えがある。
これはあの吊り目の青年、鬼形礼の声だ。
「告げられた凶事は必ず起こる。そして、紙を拾った者は、寿命が百日減る。そんな噂を人々は耳にした・・・・・・・」
ゆらゆらと虚空を漂う詩弦の意識に、直接語りかけてくる。
「件が寿命を集めているのだ。いつか、この世に生まれてくるために・・・・・・・」
そうして、青年の言葉が進むにつれて、歪んだ世界がまたも形を取り戻していった。

「ここは・・・・・・・? 」
「・・・・・・・」
「何だか奇妙な夢を見てたわ・・・・・・・」

「君が見たのは夢じゃない」
「夢じゃ、ない? 」
「あれは君の前世だ。今、君が苦しんでいるのは、その時に背負った罪のせいなんだよ」
「前世・・・・・罪・・・・・」
くらりと詩弦は眩暈を感じた。
また、意識が乱れたようだった。
現れたのは、あの件の子を宿していたシズだった。それも死ぬ間際の青ざめた顔だ。さらに別の顔がそれに重なった。今度は僧侶だった。父の蔵之介に似ている僧侶。こちらも刺されて倒れる直前の顔をしている。
どちらの目も、ひたと詩弦に向けられていた。四つの瞳の中に詩弦が映っている。だが、それはどう見ても、あの鬼のような母親、ヤエの顔なのだ。(本文 P235 ~ 238 抜粋して掲載)

※最初彼女は何もわかりません。それが誰の仕業で、なぜ自分なのかも。ただの都市伝説のはずの 「恐怖新聞」 が、あろうことか自分の下に届くとは。記事にあわせて人が死に、気付くと髪が白髪混りになっている。急激に歳を取っています。

彼女の恐怖は募る一方で、回避するには 「恐怖新聞」 の次なる契約者を見つける必要があります。

それが詩弦にはできません。自分が死にたくないために、死に逝く恐怖を、罪のない他人に転化するわけにはいきません。実は詩弦は、「恐怖新聞」 を受け取るに足る、十分な理由を抱えています。果たして、

詩弦の運命や、如何に!! 

この本を読んでみてください係数 80/100

小説 ドラマ恐怖新聞 (角川ホラー文庫)

◆つのだじろう 漫画家、心霊研究家。1936年、東京都生まれ。「新桃太郎」 でデビュー、「恐怖新聞」「うしろの百太郎」 の大ヒットでオカルト漫画の第一人者となる。
◆乙一 1996年 「夏と花火と私の死体」 で第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。著書多数。
◆高山直也 東京都出身。「特命係長 只野仁」「着信アリ」 など数々のテレビドラマの脚本を手がける。
◆八坂圭 ノベライズ作品に 「ブラッドラッド」「東京ESP」 がある。

関連記事

『あとかた』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『あとかた』千早 茜 新潮文庫 2016年2月1日発行 あとかた (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『シンドローム』(佐藤哲也)_書評という名の読書感想文

『シンドローム』佐藤 哲也 キノブックス文庫 2019年4月9日初版 シンドローム(キノブッ

記事を読む

『十九歳の地図』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳の地図』中上 健次 河出文庫 2020年1月30日新装新版2刷 十九才の地図 (河出

記事を読む

『推定脅威』(未須本有生)_書評という名の読書感想文

『推定脅威』未須本 有生 文春文庫 2016年6月10日第一刷 推定脅威  

記事を読む

『犬婿入り』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『犬婿入り』多和田 葉子 講談社文庫 1998年10月15日第一刷 犬婿入り (講談社文庫) 多摩

記事を読む

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 アンチェルの蝶 (光文社文

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 サンブンノニ (角川文庫)

記事を読む

『昭和の犬』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『昭和の犬』姫野 カオルコ 幻冬舎文庫 2015年12月5日初版 昭和の犬 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑