『放課後の音符(キイノート)』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『放課後の音符(キイノート)』山田 詠美 新潮文庫 1995年3月1日第一刷


放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

 

【大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる17歳の日々-。背伸びした恋。心の中で発酵してきた甘い感情。片思いのまま終わってしまった憧れ。好きな人のいない放課後なんてつまらない。授業が終わった放課後、17歳の感性がさまざまな音符となり、私たちだけにパステル調の旋律を奏でてくれる・・・。女子高生の心象を繊細に綴る8編の恋愛小説。】(「BOOK」データベースより)

この人が書く、「少年少女もの」が好きです。小説『僕は勉強ができない』の中で、山田詠美はこんなことを言っています。

「大人になるとは、進歩することよりも、むしろ進歩させるべきでない領域を知ることだ」

つまり〈人には決して進歩しない領域〉があるけれど、もしかするとそれは〈進歩しなくてもいい領域〉かも知れないので注意しなさいよ、ということです。

17歳とは、それほどに微妙な年齢です。とりわけ、女子の心は不可解な代物です。男の私には測り知れないことですが、彼女たちはときに背伸びをしたり、わざと素っ気ない風を装ったりして、精一杯大人の女に見えるための努力をしているのでしょう。

高校生になった途端に急に色っぽくなって、いきなり女全開状態になってる中学の頃の同級生に出会ったときの驚きといったらないですよね。男なら一度は経験していると思いますが、たかが17歳の小娘、いや失礼、高校生と言えども一筋縄ではいかないのです。

何分硬派だった私は、周りの女子が何を話していたかなんて憶えてもいませんし、彼女たちが何を考え、何を感じていたのか知るはずもありません。たとえ知りたくても、ホイホイ近づいて軽口を叩く勇気も、自信もなかったのですが。

だから、分からないのです。彼女たちのややこしい恋愛事情など、私には解きほぐす糸口さえ見つかりません。
・・・・・・・・・・
「17歳なんて、まるで子供だもの。目に見えないものに惹かれる程、余分なものに飢えてはいない」と言う一方で、ディスコで言い寄ってくる男子に対しては、

「こんな子たちと寝たって、甘い音楽の流れるようなベッドの時間なんて、訪れる筈がないのだ。シーツのしわが、そのまま五線紙になって、それを柔く蹴とばす足元が、やさしい調べを奏でるような、そんな時間など、決して持てる筈がない」と言い放ちます。

彼女たちは、したたかです。少なくとも、同じ年頃の男子には到底敵わない。自分を飾る小物であったり、男を振り向かせる甘い香水であったり、髪の長さや色の濃淡、スカート丈や胸元のボタンの開け閉めにさえ、並々ならぬ工夫と創意を払っています。

意中の男子には、自分の仕草がどんな風に映っているのか。彼を虜にして、欲情させ得るだけの女としての魅力が自分にはあるのか、ないのか。彼は、私と寝たいのか・・・。

彼女たちは、大人が思っているよりも、はるかに色々なことを考えています。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」「僕は勉強ができない」「風葬の教室」「ジェントルマン」「ベッドタイムアイズ」「A2Z」「風味絶佳」「学問」「放課後の音符」「熱血ポンちゃんシリーズ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『火花』(又吉直樹)_書評という名の読書感想文

『火花』又吉 直樹 文芸春秋 2015年3月15日第一刷 火花   又吉

記事を読む

『とかげ』(吉本ばなな)_書評という名の読書感想文

『とかげ』吉本 ばなな 新潮社 1993年4月20日発行 とかげ (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『ブラックライダー』(東山彰良)_書評という名の読書感想文_その1

『ブラックライダー』(その1)東山 彰良 新潮文庫 2015年11月1日発行 ブラックライダー

記事を読む

『安岡章太郎 戦争小説集成』(安岡章太郎)_書評という名の読書感想文

『安岡章太郎 戦争小説集成』安岡 章太郎 中公文庫 2018年6月25日初版 安岡章太郎 戦争

記事を読む

『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『ルビンの壺が割れた』宿野 かほる 新潮社 2017年8月20日発行 ルビンの壺が割れた こ

記事を読む

『ビタミンF』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ビタミンF』重松 清 新潮社 2000年8月20日発行 ビタミンF (新潮文庫) &n

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 八月の路上に捨てる

記事を読む

『夏の庭 The Friends 』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『夏の庭 The Friends 』湯本 香樹実 新潮文庫 1994年2月25日発行 夏の庭―

記事を読む

『ひと呼んでミツコ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ひと呼んでミツコ』姫野 カオルコ 集英社文庫 2001年8月25日第一刷 ひと呼んでミツコ

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一

『地下街の雨』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『地下街の雨』宮部 みゆき 集英社文庫 2018年6月6日第55刷

『らんちう』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『らんちう』赤松 利市 双葉社 2018年11月25日第一刷 ら

『作家刑事毒島』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『作家刑事毒島』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年10月10日初版

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 アカ

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑