『千の扉』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『千の扉』柴崎 友香 中公文庫 2020年10月25日初版

千の扉 (中公文庫)

五階建ての棟の先には、高層棟が見える。何階建てなのか、ぱっと見たところはわからない。以前住んでいた市営住宅にも五棟あった高層棟は十一階建てだったから、ここも十一階か十二階だろう。あの部屋ならきっと、新宿の高層ビルまで見通せる。この四階の部屋も、欅や桜のおかげで景色はいいのだが、他の棟はどんな感じなのか、覗いてみたかった。

この都営住宅には、三千戸もの部屋があった。三千の部屋に、七千人近い人間が住んでいた。(本文より)

千歳は、夫の一俊の祖父である勝男から、ある男を探すように頼まれる。千歳は、昭和の時代に建てられた巨大な団地のなかでその男を探す。あらためて振りかえってみると、千の扉 のストーリーはとても単純だ。頁数もそれほど多くない。でも、ここに描かれているのは、何千という扉のむこう側にいる、何千、何万という人びとの人生だ。戦争中から現在までに流れた七十年という時間のなかにひろがる、膨大な人生。

千の扉の向こう側の物語が、時間を自由に行き来しながら、様々な視点から語られる。

この団地で特撮ヒーローもののロケがあった。出演した若い女優と俳優は、その数年後にその道を諦め、別の仕事に就くことになる。

千歳がバイトする 「カトレア」 という喫茶店は、もともとは北川青果店という八百屋で、その二階にアキという女が間借りして短いあいだ暮らしていた。男に殴られて金を持ち逃げされ、家賃が払えずアパートから追い出され、行き場をなくしていたのだ。しかしアキはせっかく住まわせてくれた北川青果店の売り上げを盗んで、どこかへ消えてしまう。

衣料品卸しの会社で働いていた男がいて、あるトラブルに巻き込まれて執行猶予付きの有罪になる。居場所を失った男はこの団地の広場に来て、ベンチに腰掛けてただぼんやりとタバコを吸っている。彼は実は、千歳が探している男とかすかなつながりがあるのだが、そのことは誰も知らない。

三島直美は千歳の職場の同僚で、歳も近いのだが、中学生と高校生の息子がいる。次男のほうは絵を描くのが好きで、美術科のある高校を受験したがっているが、直美は反対している。

ほんの数行だけ登場して、消えていく人びとの人生が事細かに語られ、物語は複雑に分岐していく。しかし、いつもの柴崎友香の作品のように、千の扉 も、とても静かだ。人びとの人生は、淡々とした、簡潔な、しかし優しい言葉で描かれる。

以上の文章は、岸政彦による解説の一部である。おそらく私は本編の小説よりも、岸政彦が書いた解説が読みたかったのだと思う。

『千の扉』 と岸政彦は、とてもお似合いだ。そう書けば、わかる人にはわかると思う。

この本を読んでみてください係数  85/100

千の扉 (中公文庫)

◆柴崎 友香
1973年大阪府大阪市大正区生まれ。
大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。

作品 「きょうのできごと」「次の駅まで、きみはどんな歌をうたうの?」「青空感傷ツアー」「フルタイムライフ」「寝ても覚めても」「その街の今は」「春の庭」他多数

関連記事

『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子 講談社文庫 2014年10月15日第一刷 すべて真夜中

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『十九歳の地図』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳の地図』中上 健次 河出文庫 2020年1月30日新装新版2刷 十九才の地図 (河出

記事を読む

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サロメ (文春文庫) 頽廃

記事を読む

『サムのこと 猿に会う』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『サムのこと 猿に会う』西 加奈子 小学館文庫 2020年3月11日初版 サムのこと 猿に会

記事を読む

『地獄行きでもかまわない』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『地獄行きでもかまわない』大石 圭 光文社文庫 2016年1月20日初版 地獄行きでもかまわな

記事を読む

『さんかく』(千早茜)_なにが “未満” なものか!?

『さんかく』千早 茜 祥伝社 2019年11月10日初版 さんかく 「おいしいね」 を

記事を読む

『それまでの明日』(原尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 それまでの明日 11月初旬のあ

記事を読む

『その話は今日はやめておきましょう』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『その話は今日はやめておきましょう』井上 荒野 毎日新聞出版 2018年5月25日発行 その話

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑