『晩夏 少年短篇集』(井上靖)_書評という名の読書感想文

『晩夏 少年短篇集』井上 靖 中公文庫 2020年12月25日初版

晩夏 少年短篇集 (中公文庫)

たわいない遊びや美しい少女への憧れ、そして覚えず垣間見た大人の世界・・・・・・。誰もが通り過ぎるが、二度と帰れない “あの日々” の揺らぐ心を鋭利な感性でとらえた、叙情あふれる十五篇。表題作ほか 「少年」 「帽子」 「赤い実」 など教科書名短篇を含む、文庫オリジナル・アンソロジー。〈巻末エッセイ〉 辻邦生・椎名誠 (中公文庫)

没後30年、過ぎゆく少年の日 詩情と郷愁のゆくえ - とあります。中公文庫2020年12月の新刊案内にありました。

井上靖という作家については、ほとんど何も知りません。読みたいと思うことがありませんでした。初めて読む気になったのは、教科書に載ったという作品を読んでみたいと思ったからです。何か、その頃のことを思い出しはしないかと考えました。

赤い実

十四日は “どんどん焼き” の日であった。どんどん焼きは昔から子供たちの受け持つ正月の仕事になっていたので、この朝は洪作と幸夫が下級生たちを指揮した。子供たちは手分けして旧道に沿っている家々を回り、そこのお飾りを集めた。

お飾りは、たんぼの一隅に集められ、うず高く積み上げられた。幸夫がそれに火をつけた。火勢が強くなると、
「みんな書き初めを投げこめ。」
幸夫はどなった。

この日は、男の子供も女の子供もいっしょだった。一年のうちで、男女の児童たちがいっしょになるのは、この一月十四日しかなかった。書き初めは、それを書いた子供たちが、ほかの者に自分の筆跡を見られるのをいやがって、たいてい丸くまるめられたまま火の中に投じられた。

「それ、開けてはいや! 」
という細い声があがった。洪作はそのほうは見ないでも、そうさけんだ者がだれであるかわかっていた。あき子は、三年生の為雄が今しも棒で広げようとしている一枚の書き初めを、自分の持っている棒でうばい返そうとしていた。あき子の書き初めは一部は焼けていたが、字の書かれた部分は火からまぬかれていた。

- 少年老い易く学成り難し
- 一寸の光陰軽んずべからず

少年老い易く学成り難し。この初めの一行の文章だけが、洪作には意味がわかった。洪作は身内の引き締まるような緊張を感じた。ああ、少年老い易く学成り難し。洪作はいきなり立ち上がって、土蔵へ帰り、二階へ上がって勉強をしたいような気持にさえなった。

洪作は、自分の書き初めを火の中へ突っ込んでいる少女を、尊敬の思いで眺めた。今まであき子にひかれたことはあったが、しかし、今のひかれ方は全く違っていた。自分にこのような感動を与える文章を書き初めに書いた少女への賛嘆であり、賛美であった。(続く)

題名になっている 「赤い実」 に纏わるエピソードは、”どんどん焼き” の場面を経て、物語の後半で語られることになります。

洪作は、明らかにあき子を意識しています。男同士の遊びの場面に彼女が現れて、今度は、あき子を号泣させてしまうことになります。戸惑うばかりの洪作は、その時、幸夫がとった男らしい毅然とした態度に、自分という人間がいやだと思う自己倦厭の感情に、初めて気付くことになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

晩夏 少年短篇集 (中公文庫)

◆井上 靖
1907年 (明治40年) 北海道旭川町 (現:旭川市) 生まれ。1991年死去。
京都帝国大学文学部哲学科卒業。

作品 「闘牛」「敦煌」「桜蘭」「風濤」「おろしや国粋夢譚」「本覚坊遺文」「孔子」「あすなろ物語」「しろばんば」「風林火山」「氷壁」他多数

関連記事

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月25日初版 飼い喰い 三匹

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『泡沫日記』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『泡沫日記』酒井 順子 集英社文庫 2016年6月30日第一刷 泡沫日記 (集英社文庫)

記事を読む

『風味絶佳』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『風味絶佳』山田 詠美 文芸春秋 2008年5月10日第一刷 風味絶佳  

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 星の子 林ちひろは中学3年生

記事を読む

『ハーメルンの誘拐魔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ハーメルンの誘拐魔』中山 七里 角川文庫 2022年2月25日11版 刑事犬養隼人

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月1日発行 はるか (新潮

記事を読む

『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版 出会ってはならなかった二人

記事を読む

『偏愛読書館/つかみどころのない話』(林雄司)_書評という名の読書感想文

『偏愛読書館/つかみどころのない話』林 雄司 本の話WEB 2016年5月12日配信 http:/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑