『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行

リバース&リバース(新潮文庫)

大切なものは、些細なことで壊れてしまう - 。ティーン向けファッション雑誌の編集者・禄は、お悩み相談ページに投稿してきた渚との間にトラブルを抱えていた。地方に暮らす中学生の郁美は親友の明日花とともに同誌を愛読中。だが、東京からの転校生・道成の存在が二人の関係を次第に変えてゆき・・・・・・・。出会うはずのない人生が交差するとき、明かされる真実とは。心揺さぶる新時代の青春小説。(新潮文庫)

テーマは 「私たちはreverse = 次々と立場を入れ替えながら、rebirth = どんどん生まれ変わっていく」 ということです。

人はね、ずっと被害者の立場ではいられないの。日常生活の中では、誰もが被害者にも加害者にもなるの。なっちゃうの。なにかでは傷つけられる側にいても、また別のなにかでは人を傷つけてる。私たちはね、許したり許されたりしながら、何度も何度も関係をひっくり返しながら、なんとか進んでいくしかないんだよ

私はこの言葉を、人生のあらゆる場面で思い出している。
今この瞬間に被っている損害をどうにかしてくれ - そう叫びたくなる瞬間は、誰の人生にもある。郁美や道成のように、自分では選べない要素で選択肢が減らされているなら尚更だ。ただ、この言葉が教えてくれるのは、あらゆる場面で、今この瞬間という点ではなく、線で考えることを意識する大切さだ。
(解説よりby朝井リョウ)

この小説を読み、reverse (反転) という言葉を聞いて考えました。自分のことを書こうと思います。

私が通っていたのは田舎の小さな小学校で、クラスは2つ、同級生は全部で50人程でした。辛かったことや悲しかったことの記憶は、思い出す限りほとんどありません。つい最近まで、私は小学生の頃が一番楽しかったと思っていました。

この 「記憶」 や 「思い」 が - 実は大きな 「勘違い」 の上に形作られた、単なる私の 「思いあがり」 ではないかと - 私ばかりが楽しくて、まわりにいた同級生たちはまるで違う思いでいたのではないだろうか。そう考えるようになりました。

今にして思うと、私はかなり “嫌味な奴” だったのかもしれません。横柄で、仕切ってばかりいました。おそらく、平気で人を傷つけるようなことを言ったり、したりしていたのではないかと思います。

先生がするように、クラスの連中に一々 「指示」 を出していました。先生の都合で自習になったときは、勝手に段取りを決め、先生の真似事をして、一人悦に入っていました。

級長である自分にはそれが許されているのだと、勘違いしていました。誰も、何も文句は言わなかったはずだと思うのは、私が端から誰の意見も聞こうとしなかったからです。それが今ならよくわかります。リーダーとしての自分を、私はあまりに過信していました。

一年に一度くらいは集まって食事でもしましょうと、毎年小学校の同級会の案内が届きます。しかし、私は参加したことがありません。参加しようと思ったことがありません。

なぜなら、会いたいと思う人がいないからです。無理から参加したとして、誰に、今更何を話せばよいのでしょう。覚えているのは自分のことばかりで、同級生とのあれやこれやはすっかり忘れてしまっています。

会えば相手も似たようなことではないのかと。そんな気がしてなりません。幸いにも私のことをよく覚えてくれていたとしても、それが楽しい話になるとは限りません。思うほど自分は人気者ではなかったのではないかと - 今更に思い返し、遠い昔に恥じ入るばかりのこの頃です。

この本を読んでみてください係数  80/100 

リバース&リバース(新潮文庫)

◆奥田 亜希子
1983年愛知県生まれ。千葉県我孫子市在住。
愛知大学文学部哲学科卒業。

作品 「左目に映る星」「ファミリー・レス」「五つ星をつけてよ」「青春のジョーカー」「魔法がとけたあとも」「愛の色いろ」他

関連記事

『トワイライトシャッフル』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『トワイライトシャッフル』乙川 優三郎 新潮文庫 2017年1月1日発行 トワイライト・シャッ

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 八月の路上に捨てる

記事を読む

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 骨を彩る (幻冬舎文庫) 十年

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『神様からひと言』(荻原浩)_昔わたしが、わざとしたこと

『神様からひと言』荻原 浩 光文社文庫 2020年2月25日43刷 神様からひと言 (光文社

記事を読む

『ママがやった』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ママがやった』井上 荒野 文春文庫 2019年1月10日第一刷 ママがやった (文春文

記事を読む

『夏目家順路』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夏目家順路』朝倉 かすみ 文春文庫 2013年4月10日第一刷 夏目家順路  

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 ぼくとおれ (実業之

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 平場の月 五十歳の再会

記事を読む

『夢に抱かれて見る闇は』(岡部えつ)_書評という名の読書感想文

『夢に抱かれて見る闇は』岡部 えつ 角川ホラー文庫 2018年5月25日初版 夢に抱かれて見る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑