『夜の側に立つ』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『夜の側に立つ』小野寺 史宜 新潮文庫 2021年6月1日発行

夜の側に立つ (新潮文庫)

恋、喪失、秘密。高校で出会った男女5人の22年を描く傑作長篇

その夜、親友が湖で命を落とした。二十二年前に高校で組んだバンドのメンバーが集まった宴での出来事だった。生徒会長の信明、副会長だった昌子、元バスケ部の壮介、吹奏楽部の君香。彼らは当時、スターのように輝いて見えた。歳月を行き来しつつ語られる、恋、別れ、喪失。そして秘密。人生を歩む道程であなたが味わう喜怒哀楽、そのすべてがここにある。作家としての成熟を表す、記念碑的長篇小説。(新潮文庫)

久しぶりにこの人の本を読みました。人気があるのは知っています。二、三冊は読んだのですが、全面的に好きかというと、それはどうかと。

何かはわかりませんが、何かが足りないような・・・・・・・。是が非でも読みたいというまでには至りません。私が鈍感なのか、作者が優し過ぎるのか。おそらくはそんなことなんだろうと。

この小説では、主に、主人公である野本了治の十八歳から四十歳までが描かれています。彼が何か特別な人物かというと、そうではありません。どちらかといえば地味で平凡な彼の - 高校三年生から四十歳に至る現在までの - そうするより他に仕方なかった人生の、二十二年に及ぶ苦渋と葛藤が真っ正直に語られています。

本作は、同年齢の四人 (二組のカップル) と了治との苦くせつない各種エピソードを主軸に、両親、できのいい兄、兄のパートナー、その息子、隣家の夫人と娘、さらには・・・・・・・といった面々が了治の周りを旋回する物語。旋回どころか、誘い、揺さぶり、問いかけ、了治を追い込むのだ。(解説より)

読者は了治の、おそらくはその 「真っ正直さ」 にやられてしまうのだと思います。その時々の年齢の了治と自分とを照らし合わせ、同調し、涙を流し、激しく後悔したり、胸をかきむしられたりもすることでしょう。

どの年代においても大小の何かの悲劇が主人公を見舞う。それが慎重で繊細、実直で諦めの早い性格の了治の行動を次々と縛ってしまう。未来の色彩が決定づけられてしまう。人生の流れには自分で変えられないものと自分の力で変えられるものがあって、つまり変えられない運命・宿命や時のいたずらと、本当は変えることができたのに踏み出せなかった技術・力量のなさとがあるわけで、了治の二十二年はそのどちらにもあまり恵まれていない歳月なのかもしれない。あるいは青春が誰にとってもそういう苦い質、属性を持ったものであるからなのかもしれない。だから共感を呼ぶ。

時空間を飛び飛びに移動しつつも、ストーリー進行のなめらかさ、読みやすさは見事だ。読みやすく奥行きがある。なんでもない描写の奥に見えないピアノ線のような人間関係が張りつめられている。小野寺作品の特長というべき簡潔なセリフは人となりを活写し、やりとりはとても映画的だ。(同解説より)

こんなことは言う必要もないのですが、どうか皆さん、投げ出さずに最後まで読んでください。最後の数行にたどり着いてください。そこに何が書いてあるか、どうかご自身で確かめてみてください。

※「高校で組んだバンドのメンバー」 などというものが登場すると、それだけで若干読む気が失せる私としては、出色の作品です。上手いという他ありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

夜の側に立つ (新潮文庫)

◆小野寺 史宜
1968年千葉県生まれ。
法政大学文学部英文学科卒業。

作品 「裏へ走り蹴り込め」「ROCKER」「ひりつく夜の音」「本日も教官なり」「みつばの郵便屋さん」、「その愛の程度」を第一作目とする「近いはずの人」「それ自体が奇跡」の夫婦三部作など。2019年 「ひと」 で本屋大賞2位。

関連記事

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 妖談 (文春文庫)  

記事を読む

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月25日初版 飼い喰い 三匹

記事を読む

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版 ボニン浄土 刺客は、思

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 つやのよる 男ぐるいの女がひと

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 2018年8月30日初版 愛

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『あひる』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『あひる』今村 夏子 書肆侃侃房 2016年11月21日第一刷   あひる

記事を読む

『よるのふくらみ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『よるのふくらみ』窪 美澄 新潮文庫 2016年10月1日発行 よるのふくらみ (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑