『青空と逃げる』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『青空と逃げる』辻村 深月 中公文庫 2021年7月25日初版

青空と逃げる (中公文庫)

深夜、夫が交通事故に遭った。病院に駆けつけた早苗と息子の力は、そこで彼が誰の運転する車に乗っていたかを知らされる・・・・・・・。夫は何も語らぬまま、知らぬ間に退院し失踪。残された早苗と力に悪意と追求が押し寄せ、追い詰められた二人は東京を飛び出した。高知、兵庫、大分、仙台 - 。壊れてしまった家族がたどりつく場所は。〈解説〉 早見和真 (中公文庫)

物語は青が鮮やかな高知・四万十川の風景から幕を開ける。夏休み、東京からやって来た一組の親子。十歳になる本条力は小さな舟に乗り、川と同じ青一色の空の下で、地元の人たちのテナガエビ漁をドキドキしながら手伝っている。

一方の母・早苗も、ドライブインの食堂ではつらつと働いている。かつては劇団に所属していて、それを知るお客さんから 女優さんと呼ばれるのは恥ずかしいが、充実した毎日を過ごしている。

明るく、穏やかで、そこだけ切り取ればどこにでもありそうなこの国の夏の景色。しかし、影はすぐそこに迫っていた。早苗の手伝う食堂に、そぐわないジャケット姿の男が現れる。そして、男はこう言うのだ。
高知には、旦那さんは一緒に来ていないんですか?

こうして読者は母と息子の旅の理由を、父親不在のワケを少しずつ知っていくことになる。

くわしくは物語に譲るが、ここから母子のさらなる逃避行が始まる。平穏だった四万十を離れ、向かった先は瀬戸内海に浮かぶ兵庫の家島、湯煙の立ち上る大分・別府、震災の痕跡を色濃く残す宮城・仙台、そしてもう一箇所・・・・・・・。まるでその土地に広がる青い空から逃げるようにして、二人の旅は続いていく。

彼女たちは何から逃げようとしているのか?
旅の終着点はどこなのか?
そんな物語の縦軸を、早苗と力が織りなす横軸が力強く支えている
。 (解説より)

書きたかったのはおそらく家族の絆、中でも特に 「母と息子」 の間に限って生じる、微妙な 「距離感」 についてではなかったのかと。

逃避行を重ねることで、母は息子の、息子は母の、それまでとは違う一面を知ることになります。

ただ - 、

それはそれなりに興味深くもありましたが、正直な感想を言いますと、そこまで面白い話だとは思えません。すべてが “そこそこ” で、最後も “そこそこに” 感動して終わります。残念ながら、期待したものとは別ものでした。

但し、高知の四万十川や瀬戸内海に浮かぶ家島や、大分の別府温泉や仙台で、早苗と力がつかの間味わう都会 (東京) にはない景色と市井の人の営みを、如何ばかりか心和む思いで読みました。

特に別府は、私がサラリーマン時代に初めて単身赴任で2年間暮らした場所でしたので、大いに懐かしく、当時を思い出すことがたくさんありました。母子と同じ時間の中にいるような気持ちになりました。

この本を読んでみてください係数 75/100

青空と逃げる (中公文庫)

◆辻村 深月
1980年山梨県笛吹市生まれ。
千葉大学教育学部卒業。

作品 「冷たい校舎の時は止まる」「凍りのくじら」「ツナグ」「太陽の坐る場所」「鍵のない夢を見る」「きのうの影踏み」「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」「かがみの孤城」他多数

関連記事

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 2018年8月30日初版 愛

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『凍てつく太陽』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『凍てつく太陽』葉真中 顕 幻冬舎 2019年1月31日第2版 凍てつく太陽 昭和二十

記事を読む

『ポースケ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポースケ』津村 記久子 中公文庫 2018年1月25日初版 ポースケ (中公文庫) 奈良の

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 乙女の家 (新潮文庫) 内縁関係

記事を読む

『愛のようだ』(長嶋有)_そうだ! それが愛なんだ。

『愛のようだ』長嶋 有 中公文庫 2020年3月25日初版 愛のようだ (中公文庫)

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 泳いで帰れ (光文社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版

『トリニティ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『トリニティ』窪 美澄 新潮文庫 2021年9月1日発行 トリ

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』大石 圭 光文社文庫 2021年

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑