『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9月12日初版

きみはだれかのどうでもいい人 (小学館文庫)

そこにあるのは、絶望か、希望か。人とわかりあうのは、こんなにも難しい。

地方の県税事務所に勤める、年齢も立場も異なる4人の女性たち。同期の休職で急遽異動させられかつての出世コースに戻ろうと細心の注意を払う若手職員の中沢環 (第1章・「キキララは二十歳まで」)、週に一度の娘との電話を心の支えに業務を適当に乗り切るベテランパートの田邊陽子 (第3章・「きみはだれかのどうでもいい人」) など、それぞれの見ている景色は同じようで、まったく違っていて・・・・・・・。職場で傷つき、傷つけたことのあるすべての人に贈る、共感度MAXの新感覚同僚小説! (小学館文庫)

目次
第一章 キキララは二十歳まで
第二章 バナナココアにうってつけの日
第三章 きみはだれかのどうでもいい人
第四章 Forget,but never forgive.
解説 島本理生

登場する4人の女性たちは、立場こそ違え、それぞれが県税にかかる “延滞案件” と深く関わっています。繰り返しする督促にもかかわらず、支払いを渋る納税者たちに、日々苦しめられています。裏切られたり、恨まれたりもしています。

中に事情により配置転換になった職員がいるにはいますが、いずれにせよ、ストレス抜きでは語れない - そんな職場で働く彼女たちの 、混じり合い交差するリアルな 「関係」 を描いた物語。

立場も年齢も能力も異なる女性が4人、さして広くもない職場で日々顔を突き合わせ、滞納する納税者たちの現状を踏まえ、且つ顔色を窺いながら、如何にして納税を促すべきか - 仕事とはいえ、そんなことばかりの毎日であったとしたらどうでしょう?

人それぞれに、それでなくてもあるはずの、口に出せないストレスがないわけがありません。

あなたが今いる職場のことを、思い出してください。似たようなことが、きっとあるはずです。過去に似た出来事があり、誰かが配置転換になり、誰かが職場を去るようなことが、一度ならずあったのではないですか?

その時、あなたはそこで (職場内で) どんな立場にいたのでしょう? 

上司だったのですか。部下だったのですか。
正社員 (正職員) でしたか。それとも、パートタイマーだったのですか。

やむなく配置転換となった当事者だったのではないですか。あるいは逆に、配置転換となった当事者の後釜に穴埋めとしてやってきた (当事者よりも優秀な) 同期入社の社員だったりして。

いずれにせよ、そんな輪の中にアルバイトの須藤深雪だけがいません。

読み終えたとき、この小説の誠実さとは、なにか、と考えた。
それは、人はかならず誰もが傷ついていることでもなければ、人はかならず誰かを傷つけている、でもない。
自分はかならず誰かを傷つけている、という自覚ではないだろうか。(島本理生)

残酷さと慈愛の両面を捉えた
この著者の視線は鋭く強く確かである -
ゾクッとするこの読み応えを
多くの読者と分かち合いたい!
(内田剛/書店員)

この本を読んでみてください係数 85/100

きみはだれかのどうでもいい人 (小学館文庫)

◆伊藤 朱里
1986年静岡県浜松市生まれ。
お茶の水女子大学文教育学部卒業。

作品 2015年、「変わらざる喜び」 で第31回太宰治賞を受賞。同作を改題した 『名前も呼べない』 でデビュー。他の作品に 「稽古とプラリネ」「緑の花と赤い芝生」 がある。

関連記事

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第一刷 彼女は頭が悪いから

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 八月の路上に捨てる

記事を読む

『愚者の毒』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『愚者の毒』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2017年9月10日第4刷 愚者の毒 (祥伝社文庫)

記事を読む

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷 『蟻の棲み家』(新潮文

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 たそが

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

『くちなし』(彩瀬まる)_愛なんて言葉がなければよかったのに。

『くちなし』彩瀬 まる 文春文庫 2020年4月10日第1刷 くちなし (文春文庫)

記事を読む

『暗い越流』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『暗い越流』若竹 七海 光文社文庫 2016年10月20日初版 暗い越流 (光文社文庫) 5

記事を読む

『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷 十一月に死んだ悪魔 (

記事を読む

『そこへ行くな』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『そこへ行くな』井上 荒野 集英社文庫 2014年9月16日第2刷 そこへ行くな (集英社文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑