『噛みあわない会話と、ある過去について』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『噛みあわない会話と、ある過去について』辻村 深月 講談社文庫 2021年10月15日第1刷

噛みあわない会話と、ある過去について (講談社文庫)

あなたの過去は、大丈夫?

美しい 「思い出」 として記憶された日々 - 。
その “裏側” に触れたとき、見ていた世界は豹変する。
無自覚な心の内をあぶりだす “鳥肌” 必至の傑作短編集! (講談社文庫)

とても大事に思う、貴方にとってかけがえのない昔あった出来事を思い出してください。人に良くしたこと。人に感謝されたと思うこと。人のためにと、やったこと。人を差別しなかったこと。何でも構いません。

あの時よかれと思い、または、悪気なくした発言や行動が、もしもです。もしも・・・・・・・、

あなたの一方的な思い込みに過ぎずに、その発言や行動が、相手を深く傷付けていたとしたらどうでしょう? 何年も経ち、はじめてそうと知らされた時、貴方はどんな気持ちになるのでしょう。

動揺し、相手の言い分を理不尽に感じ、腹が立つかもしれません。どこで鍵をかけ間違えたのか、自分の何が相手をそこまで追い込んだのかがわからずに、途方に暮れるかもしれません。激しく後悔し、何も考えられなくなるかもしれません。そんな話が書いてあります。

第一話 「ナベちゃんのヨメ」 - 大学の部活で仲のよかった男友達のナベちゃんが結婚するという。しかし、紹介された婚約者はどこか変で、何かがズレています。

第二話 「パッとしない子」 - 国民的アイドルになったかつての教え子がやってくる。小学校教諭の美穂は、ある特別な思い出を胸に、大いに再会を喜んでいます。

第三話 「ママ・はは」 - スミちゃんの母は独りよがりで、子育てについても固い信念があります。しかし、それはスミちゃんの思うところとまるで噛み合ってはいません。

最終話 「早穂とゆかり」 - 県内情報誌のライターをしている早穂と、今や学習塾のカリスマ経営者と呼ばれているゆかり。二人は小学校の同級生で、成長し社会人となり、立場を変えて、久しぶりに出会うことになります。

*解説より (東畑開人/臨床心理士)

密室に幽霊が出る

密室に幽霊が出る - 「噛みあわない会話」 という幽霊である。

と、古い思想家の言葉をついついもじりたくなってしまうのは、この短編集が本質的には怪談であったからだ。そう、これはホラーだ。死者が蘇り、生者を呪い殺そうとする物語なのだ。
そうはいっても、本物の幽霊が登場するわけではない。お岩さんとかキョンシーとかゾンビみたいに、医学的な意味で生命を絶たれた死者が問題になっているわけではない。

違うのだ。この本に登場するのは、心理学的な意味での死者だ。かつて深く傷ついて、非業の死を遂げた心の一部分。それが密室に立ち現れ、陰惨な復讐を遂げようとする。

続けて縷々説明があり、最後はこんなふうに結ばれています。

密室に幽霊が出る - 噛みあわない会話という幽霊である。
ただし、この噛みあわない会話は、噛みあわせを調整するためになされる。
幽霊の専門家として、そう思うのだ。

この本を読んでみてください係数 85/100

噛みあわない会話と、ある過去について (講談社文庫)

◆辻村 深月
1980年山梨県笛吹市生まれ。
千葉大学教育学部卒業。

作品 「冷たい校舎の時は止まる」「凍りのくじら」「ツナグ」「太陽の坐る場所」「鍵のない夢を見る」「朝が来る」「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」「かがみの孤城」「傲慢と善良」他多数

関連記事

『首の鎖』(宮西真冬)_書評という名の読書感想文

『首の鎖』宮西 真冬 講談社文庫 2021年6月15日第1刷 首の鎖 (講談社文庫)

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

『ギッちょん』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『ギッちょん』山下 澄人 文春文庫 2017年4月10日第一刷 ギッちょん (文春文庫) 四

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷 拳に聞け! (双葉文庫)

記事を読む

『家系図カッター』(増田セバスチャン)_書評という名の読書感想文

『家系図カッター』増田 セバスチャン 角川文庫 2016年4月25日初版 家系図カッター (角

記事を読む

『海馬の尻尾』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海馬の尻尾』荻原 浩 光文社文庫 2020年8月20日初版 海馬の尻尾 (光文社文庫)

記事を読む

『顔に降りかかる雨/新装版』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『顔に降りかかる雨/新装版』桐野 夏生 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 新装版 顔に降

記事を読む

『この世の全部を敵に回して』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この世の全部を敵に回して』白石 一文 小学館文庫 2012年4月11日初版 この世の全部を敵

記事を読む

『凶宅』(三津田信三)_書評という名の読書感想文

『凶宅』三津田 信三 角川ホラー文庫 2017年11月25日初版 凶宅 (角川ホラー文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

『震える天秤』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『震える天秤』染井 為人 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑