『李歐』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『李歐』高村 薫 講談社文庫 1999年2月15日第一刷


李歐 (講談社文庫)

 

その事件は、『大阪で暴力団抗争5人死亡』といった見出しをつけて、大きく新聞に報じられます。そこでは、趙文礼は、銀楼と呼ばれる貴金属商兼金融業者で台湾国籍の「陳浩(チェンハオ)」と記され、在阪の広域暴力団系列の企業と共同出資で、台北にホテルを建設する話を進めていた、となっています。

事件当夜に被害者たちと同伴していた笹倉文治や守山耕三の名前は、記事には出ていません。当夜の「陳浩」の用件がホテルの建設の話であったというのなら、そんな席に守山耕三がいたのは、いかにも不自然なことだと言わざるを得ないのです。
・・・・・・・・・・
新聞報道はごく一部の事実だけを伝えるのみで、肝心なところは隠し、その上巧妙に書き換えられています。犯人をはじめ、事件の背後関係も一切分かっていないと報じ、いたずらに社会不安を煽るだけの内容で終わっています。

現場は、新地1丁目にある会員制高級クラブの「ナイトゲート」。そこへ「陳浩」の秘書の呉惠安と名乗る人物から電話が入ります。「陳浩が来ているはずだ。急ぎの用があるので呼んで下さい」と言われ、「陳浩」に取り次いだ直後、店内は銃声に包まれます。

電話を取り次いだのは、アルバイトの吉田一彰。彼は大阪大学の学生で、中国語が解ります。それがために電話を代わってくれと頼まれたのですが、実は一彰にとってこの筋書はあらかじめ決められた、予定通りの行動です。僅かですが、彼は事件に加担しています。
・・・・・・・・・・
この『李歐』という小説は、ご存じの方も多いと思いますが、高村薫の別の作品『わが手に拳銃を』を下書きにして、新たに書き下ろされた作品です。

かなりの長編です。全編を網羅して説明することは出来ませんので、まず話の発端となる事件の概要を書いてみました。実はこの中に、『李歐』の主たる登場人物のほとんどがいます。それを、順を追って紹介したいと思います。

まずは、吉田一彰。母の昭子が大蔵省の役人だった夫と別れ、東京から夜逃げのようにしてやってきたのが大阪で、暮らし始めたのが西淀川の姫里にある小さなアパートでした。そのアパートのすぐ裏手にあった工場の庭と隣の教会が、幼い一彰の遊び場になります。

裏手の工場の経営主が、守山耕三。守山は腕のいい旋盤工で、早朝から日暮れまで旋盤を動かしています。魅入られるように守山の姿を眺めるうちに、やがて一彰は工場に入り浸りとなり、それが生活の一部となり、工員たちからは「ぼん」と呼ばれるようになります。

守山の工場にいた、多くの外国人労働者たち。キム(金)とパク(朴)は韓国人、チョン(鄭)とヤン(梁)は在日朝鮮人、後は中国人のリャオ(廖)、ワン(汪)、チャオ(趙)、オワン(黄)という面々。後に大学生になった一彰は、彼らの消息を訪ね歩きます。

この内、廖は金貸しになり、黄は神戸港で死体となって発見されます。そして、一彰の母・昭子の駆け落ちの相手が趙、「ナイトゲート」で殺害された趙文礼です。6歳の一彰には知る由もありませんが、当時の工場は反共・親共が混交したスパイのねぐらだったのです。

守山耕三は、昼間の仕事とは別に、裏では「拳銃」の密造に手を染めています。この采配をしているのが、貿易商の笹倉文治。笹倉は、死んでも死なないような、裏の世界に通じた百戦錬磨の狸オヤジです。
・・・・・・・・・・
小説は、一彰が阪大の4年になって、大学院へ進学するかどうかを決める期限に迫られながらも、現実には何も考えられず無為な毎日を過ごしているところから始まります。ゼミの助手の妻と不倫し、大学とアルバイト先を行き来するだけの自分に鬱々としています。

そんな日々の途中で、彼は「李歐」と出会います。李歐は「鈴木」と称して、「ナイトゲート」にディーラーのアルバイトとして潜り込むのですが、一彰はその前に、そうとは知らずに彼と出会います。クラブの仕事が終わり、裏口を出たときのことでした。

この時の一彰の、まだ名前も、素性も知らない若者に感じた印象の、みごとな描写を紹介させてください。明らかに、一彰が「李歐」に一目惚れするシーンです。

一彰が見ている間に、その腕は指先まで一直線になって虚空に立ったかと思うと、天を仰ぐ五本の指がゆっくりとばらけていった。その一本一本が生きもののようにしなり、揺れながら、弧を描いて絡み合うと、そこには何かの調べとリズムが流れ出して、それが手首へ肘へ肩へと伝わっていく。闇を泳ぐ白い手指と黒い腕の、それだけの動きだけでも息を呑むほど美しかった。

男の腕も足も、まるで生きている蛇だった。たおやかで鋭く、軽々として力強く、虚空を次々に切り取っては変幻する。それが天を突く槍に化け、波うつ稲穂へ、湖面のさざ波へ移ろっていく。

まるで京劇の舞踏のようだと思い、すぐに一彰はそれも忘れて、自分の眼前で艶やかにうねる身体の彼方に、ふいに広大な空間が広がっていくのを見、そこを吹き抜けていく大陸の風を見たような思いにとらわれて、密かに放心するのでした。
・・・・・・・・・・
一彰が本当の名前を訊ねても、じらすばかりで、李歐はなかなか答えてくれません。挙句に、美しい北京語で「惚れたって言えよ」という始末です。

そんなことは、もうとうの前から分かっているのに。

李歐という歓喜。暴力や欲望の歓喜。友だちという歓喜。そして、常道を逸していくという歓喜に、一彰は溢れています。2人は、同じ22歳。ともに、はるか遠くに霞む大陸を思っています。

 

この本を読んでみてください係数  90/100


李歐 (講談社文庫)

◆高村 薫
1953年大阪市東住吉区生まれ、吹田市に在住。
同志社高等学校から国際基督教大学(ICU)へ進学、専攻はフランス文学。

作品 「マークスの山」「照柿」「太陽を曳く馬」「冷血」「リヴィエラを撃て」「黄金を抱いて翔べ」「わが手に拳銃を」「新リア王」「太陽を曳く馬」「晴子情歌」「半眼訥訥」など多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 アンチェルの蝶 (光文社文

記事を読む

『流』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『流』東山 彰良 講談社 2015年5月12日第一刷 流   第153回

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『雪の鉄樹』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『雪の鉄樹』遠田 潤子 光文社文庫 2016年4月20日初版 雪の鉄樹 (光文社文庫) 母は

記事を読む

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』中山 七里 宝島社文庫 2019年4月18日第1刷 連続殺人鬼

記事を読む

『レディ・ジョーカー』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『レディ・ジョーカー』(上・下)高村 薫 毎日新聞社 1997年12月5日発行 レディ・ジョー

記事を読む

『ディス・イズ・ザ・デイ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ディス・イズ・ザ・デイ』津村 記久子 朝日新聞出版 2018年6月30日第一刷 ディス・イズ

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

『綺譚集』(津原泰水)_読むと、嫌でも忘れられなくなります。

『綺譚集』津原 泰水 創元推理文庫 2019年12月13日 4版 綺譚集 (創元推理文庫)

記事を読む

『流浪の月』(凪良ゆう)_デジタルタトゥーという消えない烙印

『流浪の月』凪良 ゆう 東京創元社 2020年4月3日6版 【2020年本屋大賞 大賞受賞作

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑