『砂に埋もれる犬』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『砂に埋もれる犬』桐野 夏生 朝日新聞出版 2021年10月30日第1刷

砂に埋もれる犬

ジャンルを超えて文学界をリードする著者の新たな傑作
予定調和を打ち砕く圧倒的リアリズム
貧困と虐待の連鎖 - 母親という牢獄から脱け出した少年は、女たちへの憎悪を加速させた。

小学校にも通わせてもらえず、日々の食事もままならない生活を送る優真。母親の亜紀は刹那的な欲望しか満たそうとせず、同棲相手の男に媚びてばかりだ。そんな最悪な環境のなか、優真が虐待を受けているのではないかと手を差し伸べるコンビニ店主が現れる。ネグレクトによって家族からの愛を受けぬまま思春期を迎えた少年の魂は、どこへ向かうのか。その乾いた心の在りようを物語に昇華させた傑作長編小説。(朝日新聞出版)

二日も三日も、母は平気で家を留守にする。僅かばかりの食糧だけ置いて、母は男とどこへ行ったのか。訊くと叱られる。男に殴られる。母はそれを平気でやり過ごす - 。

子を子とも思わず育てられた少年は、それでも母しかいませんでした。母に代わる “誰か” が必要でした。

十二歳の少年・小森優真は、いったいどうなることを望んでいたのでしょう。今いる自分の状況がどう変化すれば事足りたのか。彼も、彼に関わる周りの人間も、その手立てがわかりません。

(これは、ある事をきっかけに、優真の里親になろうと決心したコンビニ店主・目加田からみた優真の様子)

思うに、優真は何かが欠落している。その何かが、ひとことで言えないくらい巨大すぎて、自分の手には余るように思うのだ。

そして、優真の心を蝕んで、巨大な虚 (うろ) を作ったものは何なのか。そのことについて考え始めると、空怖ろしくなるのだった。これまで目加田が生きて、信じてきたものとは大きく違うような気がする。(P366)

(以下は、児童相談所の憎からず思う女性担当者・淵上から連想し、心を寄せる同級生の花梨がする冷酷な横顔を思い出した時の優真本人の気持ち。淵上も目加田の妻・洋子も、誰も優真のそんな気持ちに気付きません)

突然、飢餓にも似た鋭い痛みを心に感じて、優真は思わず小さな声を上げた。だが、自分が何に飢えて、そんな声を上げたのか、わからなかった。目加田の家に引き取られて、食べ物には不自由していない。気儘に好き嫌いが言えるほどだ。

しかし、心の飢えだけは、どうにもおさまらないのだった。
いったい自分は何を欲して、何を得られなくて、苦しんでいるのだろうか。食べるものがなくて辛かった時期とはまた違う苦しみに、優真は内心、身悶えした。
(P419)

優真に対し、周りの誰もが願うのは - あたり前な日常を手に入れて、どうか生まれ変われますようにと。ネグレクトの果てに今は所在のわからぬ母と、いつかまた一緒に暮らせますようにと・・・・・・・。

ところが、その頃優真は、彼に対する周囲の気遣いを疎ましく感じるようになっています。思い通りに生きられず、優真はすでに自分にもあるはずの (将来に向けた) 小さな可能性すら諦めかけています。母はもはや母ではなくて、忌み嫌うだけの存在になっています。

その時、優真の心の中を覗いてみれば、それよりもっと切実な、自分自身でも制御できない絶望的な “欲望” と闘っています。その思いが、激しく彼を追い詰めています。

※正視に耐えない描写の連続は、しかし、おそらくはこれが現実なんだろうと。話は何も解決しないまま、誰ひとりも救われないままに幕を閉じようとしています。

この本を読んでみてください係数 85/100

砂に埋もれる犬

◆桐野 夏生
1951年石川県金沢市生まれ。
成蹊大学法学部卒業。

作品 「OUT」「グロテスク」「錆びる心」「東京島」「夜また夜の深い夜」「奴隷小説」「バラカ」「猿の見る夢」「夜の谷を行く」「路上のX」「デンジャラス」「日没」他多数

関連記事

『サンティアゴの東 渋谷の西』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽 麻子 講談社文庫 2019年5月15日第1刷 サンティア

記事を読む

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行 気づけば、涙。TVドラマ 「

記事を読む

『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版 ドアの向こうに (創元推

記事を読む

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫) 中村文

記事を読む

『坂の途中の家』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『坂の途中の家』角田 光代 朝日文庫 2018年12月30日第一刷 坂の途中の家 (朝日文庫

記事を読む

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 呪文 (河出文庫) さびれゆく商

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『プリズム』(貫井徳郎)_書評という名の読書感想文

『プリズム』貫井 徳郎 実業之日本社文庫 2022年8月9日初版第2

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑